【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

我らの国籍は天に在り!

◇◇我らの国籍は天に在り!◇◇【2004年8月10日に作成した<第341回>に加筆】 
●我らの国籍は天に在り(ピリピ書3‐20)
●これらの人はみな、信仰を抱いて死んだ。まだ約束のものを受けていなかったが、はるかにそれを望み見て喜び、そして、地上では旅人であり寄留者であることを自ら言い表した(ヘブル書11‐13)

私たちは【この世・現世】では決められた国家・民族・社会・家族に生まれましたが、生まれつきの境遇はあくまでも一時的であり、私たちが目指すべき本来立ち帰るべき【本国・ふるさと】は【来世・天国】にあり、我らの【国籍】は天国に在る!という【来世信仰】は【キリスト精神】の根本だと思います。

さらに、私たちの肉体的な両親・兄弟・家族だけでなく、私たちには【霊的家族】があり、我らの兄弟なる【主イエス】、母なる【聖霊】、父なる【天の父・創造主】が我らの【聖家族】として<いつも一緒>で<一心同体>の存在であり、見守り、最善に導いていることを信じましょう!

●【三位一体】(内村鑑三)⇔【三方面よりの愛】
 【父】  ⇔父の厳格 ~ 上より
 【聖霊】 ⇔母の慈悲 ~ 下より
 【子】  ⇔兄の同情 ~ 側より
●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から私たちを引き離すことはできないのである(ロマ書8‐38~39)
●見よ、私は世の終わりまで、いつもあなた方と共にいる<With You Always>(マタイ伝28‐20)

先端医学で解明されつつある「遺伝子(DNA)」でも全体の98%前後は眠っているという新たな事実が判明しています。人間は無限の可能性に満ちている証明です!
全ての生命に異なるDNAを刻みスイッチを正しくオン/オフして見守っているのは偶然の自然現象などではなくて【天の父】の【神の愛:意志と計画】であり、私たちの【タレント:個性・才能・可能性】を正しく導くのは母なる【聖霊】であり、【人生理想】は【主イエス】にあることを信じるならば、人生は大転換します!

偏狭な愛国心民族意識や家族愛に縛られることなく、この広大な世界を舞台にした【コスモポリタン精神・世界人気質】でダイナミックにエキサイティングに活躍し生きる事が可能です!
自分の愛好する【真・善・美】に応じて【天然・世界】を探求し【神の愛】を発見し【光の子】として【神の愛】を讃美することで活躍しようではありませんか!

●【どこに至るも真理を吸収する力:Universal Absorbing Power(内村鑑三)】
★すべて真実なこと、すべて敬い尊ぶべきこと、すべて正しき(公義な)こ と ⇔【宗教的真理】
★すべて純真(清潔)なこと、すべて愛すべきこと、すべて誉れあること    ⇔【道徳的善行】
★すべて愛すべき(人の心を引き付ける)こと、また徳といわれるもの、
  称賛に値する(耳に善き響きある)もの                ⇔【審美的美事】
それらのものを心にとめなさい(聞き捨てにおかず思想の材料とせよ)(ピリピ書4-8)
●正しい者の道は夜明けの光のようだ。いよいよ輝きを増して真昼となる (箴言4‐18)
●あなた方は以前は闇であったが、今は主にあって光となっている。光の子らしく歩きなさい(エペソ書5-8)
●光の子らしく歩きなさい。光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである(エペソ書5‐8~9)

私たちの生来の境遇が人生を決定するのでなく、人生の様々な人間関係・社会経験が運命を決定付けるのでもなく、【この世の勢力:富・権威・名声】は決定できないと私は信じています。私たちの人生を【最善】に導き決定してくれるのは【神の愛=主イエス】だと実感できるからです!
【永遠の生命】に通じる【来世・天国】へ歓喜の華々しい【栄光の凱旋】として帰郷できる素晴らしい人生となりますように心より応援します!

●私はあなた方に悟りを与え行くべき道を教えよう。私はあなた方に目を留めて、助言を与えよう(詩篇32‐8)
●神に従う者の道は平らである。あなた(主)は神に従う者の道筋をならして平らにされる(イザヤ書26‐7)
●神を知って万事ことごとく可なり、知らずしてことごとく非なり 主を知るは知恵のはじめである (ホセア書研究:内村鑑三
●人の歩みは主によって定められる。人間はどうして自分の道を理解できようか(箴言20‐24)
●人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。その人は倒れてもまっさかさまに倒されはしない。主がその手をささえておられるからだ(詩篇37‐23~24)
●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)

最近の日本で気づく事は、私たち日本人は集団的に群れると個人的力を発揮できず、日本でよりも世界でこそ【個人】として大活躍できる【民族性】があると感じます。日本人は内気でもなく個性や個人がないのではなく【個人】として活躍する舞台は広大な世界にこそある!【コスモポリタン精神・世界人気質】にある証明です。

以前、米国人気質を学べる企業研修での興味深い説明を受けたことを思い出します。
一般の米国人に「一番怖いものは何ですか?」というアンケート質問をしたところ「人前で話すこと」が一番怖いという結果となったそうです。街頭で初めて出会う誰とでも気楽に挨拶し合う、
米国人の陽気で社交的な態度にも実は世界共通の内気な性格があるという事実と同様に、私たちの「島国根性」にも【コスモポリタン精神・世界人気質】があることもまた事実だと理解できます。

日本国内の日常の生活では都合よく≪眠らされている遺伝子≫となっているだけで、広大な世界を舞台とした時には、私たちでも、あの素晴らしい≪大航海≫を実現させたような【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と【バイタリティ:生活力=生命力+活力】が目覚めることを私は信じ期待しています。

≪愛の順序≫として、愛国心・家族愛・同郷愛など目先に注目すればするほど【最善のパワー】が眠らされるならば、もっと遠大で天を見上げるように【神への愛】を最優先すればよいのではないでしょうか。

●【愛の順序(内村鑑三)】
 第一に神を愛すべし、第二に世界と人類を愛すべし、第三に国と国人を愛すべし
 第四に自己と家族を愛すべし
●イエスは言われた、
 『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、主なるあなたの神を愛せよ』
 これが一番大切な、第一の戒めである。第二もこれと同様である。
 『自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ』
 これらの二つの戒めに、律法全体と預言者とが、かかっているこの二つの戒めに優る掟はない
 (マタイ伝22‐37~40、マルコ伝12‐29‐31、ルカ伝10‐26~28)
●心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くし、主なる汝の神を愛せよ(申命記6‐5)
【最も重要な掟】(マタイ伝22‐37~39、マルコ伝12‐30~31、ルカ伝10~27、申命記6‐5)
 ★心をつくし、精神をつくし、力をつくし、思いをつくし、主なるあなたの神を愛せよ。
 ★自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ。
●心を尽くして神を愛せよ、それからあなたの欲することをなすがよい(ヒルティ)
●人が天から心を授かったのは愛するためのみである(ボワロー)
●全ての人を愛し、わずかの人を信じ、何人にも悪をなすなかれ(シェークスピア
●天国とはどこのことでもない。人が人を愛するところである(内村鑑三

≪愛の順序≫を【神の愛=主イエス】を最優先することで、多くの日本人が【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】に目覚めて活躍することを確信できます。

●人間を全て皆愛することは、キリストへの愛がなければできないのである(ヒルティ)
●いわゆる人間愛は、すべて神に対する強い愛という根底がなければ単なる幻想である(ヒルティ)
●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越して最も多く他を利して最も多く己を利するの道を教えたり(内村鑑三
●それゆえ愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば力尽きて倒れる場合にも、多くのことを成し遂げる功を奏させる(トマス・ア・ケンピス)
●神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて万事を益となるようにして下さる、と私たちは知っている(ロマ書8‐28)
●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、許されていると考えるからである(トマス・ア・ケンピス)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、他のいかなる道でも達せられないほど、神に近づく事ができる(ヒルティ)
●すべて彼(主イエス)を信じる者は失望に終わることがない(ロマ書10―11)
●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)

私たち日本人は【神の愛】の結晶である世界中の産物を流通させ、異文化・風習を巧みに取り込み吸収できたからこそ悲惨な戦争を乗り越えて急速に復興して豊かに繁栄できました。しかし、自由と平和を享受できたのは【神の愛=主イエス】のおかげです!今こそ【神の愛】への【報恩感謝】の立場で世界に恩返しする時が到来しました。パウロが≪世界宣教≫を目指したように私たち日本人も目指しましょう!

●私はギリシャ人にも未開の人にも、知恵のある人にも無い人にも、果たすべき責任・負債がある(ロマ書1‐14)

【キリスト精神】に従って自分の心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】を直視して、日々の≪目前の義務≫を果たせば、必ず世界が私たちを捜し求めて迎えに来てくれる!ことを信じて前進しようではありませんか!

●「あなたを必要とする何か」がどこかにあり、
 「あなたを必要としている誰か」がどこかにいるはずです。
 そしてその「何か」や「誰か」は、
 あなたに発見されるのを待っているのです(フランクル
●【天職】を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。要するに【天職】はこれに従事するまでは発見することのできるものではありません。(内村鑑三

皆さんが【来世・天国】に【国籍】を持つ≪神の僕:愛と自由の戦士≫である【世界人】として世界を舞台に大活躍されることを心より応援しています!Good luck & God bless you!

●I for Christ;
 Japan for the World;
 the World for Christ;
 And All for God.(内村鑑三
●日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。
 愛国心でもない。道徳でもないだろう。日本に欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である(内村鑑三