【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】は原点回帰の先駆的精神!

◇◇【先駆者の精神】⇔≪温故知新&原点回帰≫◇◇<改訂版・再掲載>
【2002年7月9日に作成した<第260回>に加筆】 
★★2002年7月7日(日)17:30TBS「報道特集」を観て★★

●聖書はすべて真理によって作られた、その精神でもって読まれるべきである(トマス・ア・ケンピス)
●聖書は古いものでもなければ新しいものでもない、聖書は永遠のものである(ルター)
●聖書はみな神の霊感(息吹・感動)を受けて書かれたものであって
 人を戒め、正しくし、義に導くのに有益である(テモテ後書3‐16)

【主イエス】自身は常に【旧約】の預言に立ち帰ることを教えました。
東洋的に言うならば、≪温故知新≫の精神に通じるものです。
それは、【聖書】全体を貫いている【原点回帰の精神】だと思います。

この世は原初は【神の愛】が創造された【エデンの園】という理想郷であり、過去から現代に至る道は【神の愛】から遠ざかれば遠ざかる程、精神的疲弊と自然破壊を起こして、やがては堕落崩壊して【最後の審判】を受ける運命にあることを【聖書】は預言しているからです。

従って、人類が目指す事は、問題が起これば、常に【神の愛】である【イエスの生涯と教え・聖書】の精神に立ち帰って、【神の愛】より授けられる【インスピレーション・霊的な導き】から無限のパワーを得ることが重要なのではないでしょうか。

●汝ら立ち帰りて静かにせば救いを得て、平穏(オダヤカ)にして依頼(ヨリタノ)まば力を得べし(イザヤ書30-15:ルター特愛の句)

一方、進化論的価値観では常に過去よりも現在は進歩発展しているので、古臭い【聖書】などの助けを借りずとも、人類の叡智と努力だけでも、未来に【ユートピア】が実現できる!という期待と願望に基づく≪バベルの塔≫建設の挑戦だと思います。
しかし、【神の愛】を無視して突進する未来には不安と失望感が伴うことを私たちは人類の歴史を通じて理解できるはずです。

●主御自身が家を建てるのでなければ、建てる者の労苦はむなしい。
  主御自身が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
  あなた方が朝早く起きるのも、夜おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それは、むなしい。
 主は主を愛する者には眠りを与えてくださり、眠っている間に、このように備えてくださる(詩篇127-1~2)

例えば、現代医学の分野において、外科的処置と投薬治療だけでは、もはや限界があることは私たちでも理解しつつあります。

原因不明の様々な難病や精神的・肉体的ストレスから生じる症候群には現代医学では具体的治療さえ見出せない状況です。

そこで、活躍しているのが「民間療法」として低く扱われている治療です。
詐欺まがいの疑わしい治療法もあるでしょうが、先日紹介された「自律神経免疫治療」には感動と明るい希望を抱きました。

先ず医者と患者の<信頼関係>を大切にして、患者自身の<免疫力>の大いなる可能性を最善発揮させることによって、自己の自律神経バランスを正常に戻すと言う方法です。

つまり、癌であってもアトピーパーキンソン病であっても、その原因は体全体をコントロールする自律神経の交感・副交感神経のバランスを乱して、自己免疫力を悪化させてしまったのであり、それを改善すれば、外科的手術や放射線治療抗がん剤などが不要だという考え方です。

この治療法は自己の自律神経バランスを取り戻す為に簡単なハリ治療とレーザーによるツボ刺激が中心のようです。

この治療が産まれたのは、外科医である福田医師の≪ひらめき≫からでした。
彼は外科医でありながら、手術と薬剤のみに頼る医療に危険を感じていました。

 「現代医療は身体を消耗させるだけです。免疫力に立ち戻るべきなのです!」

患者を間違った医療から助けたい!と心から望む【愛の心】が【神の愛=主イエス】に聞き届けられて、彼の心に≪ひらめき≫として【神の愛=聖霊】からの【神の愛の声】が届けられたのだと私は信じます!

●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給うのであって、ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)
●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。
 クリスチャンは聖霊の人である。
 聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三

そして、時に応じて、福田医師の≪ひらめき≫に共感する《同志》が現れます。それは新潟大学医学部の安保(あぼ)教授です。
福田医師の臨床医の経験に理論的なサポートを行ない、彼らの<心を一つに思いを一つ>にした【愛の結晶】といえるでしょう。

●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
●キリストの名によって、あなた方に勧める。みな語ることを一つにし、お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい(コリント第1書1-10)
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。2人、3人が私の名によって集まっているところには私もその中にいる(マタイ伝18-19~20)

福田医師は8年前に「自律神経免疫治療法」を開始しますが、理解されずに医学界から異端者扱いされてしまいます。
勤めていた病院まで2年前に辞めさせられます。

福田医師は完全に孤立してしまい、心身ストレスの為に心筋梗塞にまで陥ります。
福田医師を絶望の【どん底】から救ったのは、近所の神社に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】に通うという熱心な【信仰精神】でした。

福田医師は毎日祈り続けたそうです。そして、彼は見事に再起するのです。
そして元気に回復した現在でも毎朝5時に起きて神社にお参りし続けています。

●【神助】(内村鑑三
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって汝を恵まん。
⇔★天来の思想
★外来の友人
★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。汝は信仰をもって神の力を汝の力となすをうべし。
●我に糧あり、聖書なり。我に力あり、祈祷に存在す。我は単独にして世界を相手に戦いを得るなり(内村鑑三
●信心の恵みは、善い希望と、つつましい忍耐で待ち望むべきである(トマス・ア・ケンピス)

福田医師独りから始めた勇気あるチャレンジは、当初は医学界からは敬遠され、【この世の勢力:富・権威・名声】には無縁な孤立無援の状態でした。

しかし、福田医師の「何とかして患者を救いたい!」という愛に満ちた【ビジョン:理想・夢・志】があることを【神の愛=主イエス】はご存知であり、喜んで助け出されるのです!ハレルヤ!

私たちが発見できた【ミッション:使命・天職】である【神の愛の事業】を【神の愛=主イエス】だけは決して見捨てる事はありません。

●人は表面のことを見るが、神は心中を見られる。人は行いを考察するが、神は意図をおもんばかられる(内村鑑三
●【健全なる思念】
 事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。
 神の全能なるを思うべし、その恩恵の無限なるを念ずべし。
 さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん(内村鑑三

彼の無謀な冒険を支えてくれる≪最強の味方≫は妻でした。彼女は耳鼻科医師であり、現在では生計を支えて彼のチャレンジの良き理解者であり応援者となっています。

福田医師は先ず初めに「気持から病気にならないように」と患者に説得するそうです。
患者自身が「直せる!」と感じ信じられたなら、もう大丈夫だそうです。
自律神経がバランスを取戻して、免疫力を正常にするには<精神的安定>が重要だからです。

福田医師が行なっている免疫力治療とは、患者の不信と絶望で不安な【どん底】の心から、余分な心配・ストレスである【重荷】を取り除いて、本来の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と【バイタリティ:生活力=生命力+活力】を心に取戻させる【福音伝道】だと私には感じられました。

●あなたの重荷を主にゆだねよ。主はあなたを心配し支えてくださる。主は従う者を支え、とこしえに動揺しないように計らってくださる(詩篇55-22)
●心配は神への強い信頼によってしか徹底的に打ち勝つことができない(ヒルティ)
●起こるかもしれない不幸に対する心配はぜひとも忍ばねばならない。現実の不幸よりも、一層ひどく人の力を消耗させる。実際の不幸は、しばしば外的な手段や努力によって打ち勝つこともできるが、心配は神への信頼によってしか徹底的に打ち勝つことはできない(ヒルティ)

福田医師の【愛する心】による信頼関係で、【信じる心】と【望む心】を取戻せた患者には、癌の進行を止めたり、完治させるような【神の愛の奇蹟】を起こせた人まで現れます。

やがて、話題となって全国から患者や医者がやって来るようになったそうです。
そして、一年前から自律神経免疫治療の医学研究会が発足するようになります。
実証可能な臨床データが集まるまでにはあと2~3年はかかる見込みだそうです。
研究会に参加している1人の医者はインタビューに誇らしげに語ってくれました。

 「医学界では異端グループであろうと、患者が治ることが目的なのです。」

●義(タダ)しき事のために責められる者は幸いなり、天国は即ち彼らの者なればなり(マタイ伝5-10、ルカ伝6-22)

元々、免疫分野のエキスパートであり、世界でも高く評価されている安保教授も立ち上がります。
日本でなく海外の学会に向けて、「白血球と自律神経支配」が生物のはたらきの基本であるという論文を発信し続けているそうです。
近い将来において、彼の論文は暴走する現代医療への警鐘となって高く評価されることを私は確信しています。

福田医師と安保教授のチャレンジは、【神の愛=主イエス】が創った人体自身が持つ素晴らしい<免疫力>を大切にして現代医療も、その原点に立ち帰るための≪導き手≫であり、≪温故知新≫の精神であり、≪原点回帰≫の【先駆者】だと思います。

私たちも≪原点回帰≫の精神を抱き【先駆者】となるチャンスがあるはずです。
そして、福田医師が【試練:神の愛の訓練】に見事に打ち勝てたように、私たちも【信仰精神】によって見事に困難を克服できることを楽しみに信じて前進し続けましょう!皆さんの活躍を心より応援しています!

●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、 これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)
●神があなたを遠ざける喜びよりもあなたを神(愛)へと駆り立てる苦難のほうを好むようになるならば、あなたは正しい道にいるのである(ヒルティ)
●お前の意図に反しても、それは全くもう駄目というわけではない。目前の感じによって物事を判断するのは間違いである(トマス・ア・ケンピス)
●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け 自由の大道を自在なる英知もて進め 
 その尊き偉業の報いを欲せず 自らが愛する思想の実をば結びゆけ(プーシキン
●君の呼びかけに、だれも答えないならば
 君よ、我が道を一人征(ゆ)け
 皆が恐れを抱いて沈黙するならば
 君よ、開いた心と恐れなき声をもって、ただ真実のみを語れ(タゴール