【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

患難辛苦で出陣準備に導く【神の愛】

◇◇<患難辛苦>で<出陣>準備に導く【神の愛=主イエス】!◇◇
【2009年7月22日に作成した<第497回>に加筆】 

●苦難はたいてい未来の幸福を意味し、それを準備してくれるものであるから、
 私はそうした経験を通じて、苦難のときには希望を抱くようになり、
 逆にあまり大きな幸福に対しては疑念を抱くようになった(ヒルティ)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

【神の愛=主イエス】は【第二の聖書=天然】を通して【神の愛の方程式・摂理】を
日々の身近な出来事の中で体感させてくれます。

●神はキリスト(愛)を目的に、キリストに在りて、キリストをして、
 宇宙万物を造り給へり (内村鑑三
●神は愛なり、宇宙は愛の機関なり(内村鑑三
●愛は神の霊としてこの世界に満ち満ちている(ヒルティ)
●神は時おり、自然の出来事や自然の事物を通して、私たちに話しかけることもある
 (ヒルティ)
●世界が造られた天地創造の時から、目に見えない神の性質、すなわち神の永遠の力と
 神性とは、被造物に現われており、これを通して神を知ることができる
 (ロマ書1-20)

たとえば、我が家には、今年(2009年)1月から二羽(二人)のセキセイ・インコが
家族として共同生活しています。

彼等は産まれてすぐ肉親から引き離されて、ペット・ショップに強制的に連行されて、
私との<出会い>で我が家にやって来ましたが、今度は我が家を追われる事になって、
約3ヶ月間、動物病院やペット・ショップに保護される耐乏生活を経験したのです。

彼らは、どこにいても、どんなに苦難の時にも楽しく自由に歌い続けてくれました。
私が借家も職場も失って<どん底人生>にある時でも、避難施設を訪問するたびに
いつどこでも自分らしく生きようとする<勇姿>に励まされ勇気を与えられました。

ようやく7月中旬に我が家を確保する事ができて、彼等を引き取る事が出来ました。
彼らが耐え忍び続けている姿があったからこそ、現在の私があると言えるでしょう。

●あなた方は耐え忍ぶ事によって自分の魂を勝ち取りなさい(ルカ伝21‐19) 

さらに驚くべき事は肉親にも誰にも教えられた事も無いのに、狭い鳥かごから出すと
彼等は見事に飛行する事が出来るのです!

そういえば、彼等は鳥かごの中で毎日毎日、丁寧に「毛づくろい」をしていました。
彼等は【神の愛=主イエス】から託された【タレント:個性・才能・可能性】である
「飛ぶ機能」を大切に守り育てて<チャンス&出番>のために準備していたのですね。
彼等もまた【ミッション:使命・天職】に生き続ける偉大なる【同労者・同志】です!

●人間の使命は、自分の霊を守ることである。自分の霊を守るということは、
 それを育て、それを拡大せしめることである(トルストイ)
●自分の今行っていることを心から楽しめる者は幸福である(ゲーテ
●私たちは、自分を環境の被害者だと信じているかぎり、環境によって打ちのめされる
 運命にあります。しかし、「自分には、環境を育てるための土地と種(心と考え)を
 自由にコントロールする力がある」ということに気づいたときから、どんな環境でも
 克服できるようになります(ジェームズ・アレン)

こんな名も無き小鳥であっても【神の愛=主イエス】の【ミッション:使命・天職】を
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱血・気迫】で見事に
完遂してみせてくれたのは、【神の愛=主イエス】に似て造られた<人間>の私なら、
どんな境遇にあろうと、孤立無援であろうとも、【ビジョン:理想・夢念・大志】に
生きる事は可能であるという<啓示・愛のメッセージ>です!ハレルヤ!

●だれが、キリストの愛から私たちを引き離すことができるというのか。
 患難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危難か。剣か。
 私たちは、これら全ての事において、私たちを愛して下さる方によって
 輝かしい圧倒的勝利者となる(ロマ書8-35~37)
●すべて神から生まれた物は、世に打ち勝つ。
 私たちの信仰こそ、世に打ち勝つ勝利の力である。
 世に打ち勝つ者は誰か。イエスが神の子であると信じる者ではないか
 (ヨハネ第1書5-4~5)
●激しく攻められて倒れそうになった私を、主は助けてくださった。
 主は我が力、我が砦、我が歌。主は私の救いとなられた。
 聞け、御救いの勝利の喜ばしい歌が主に従う者の天幕に響く。
 主の右の手は勇ましい働きをなし、
 主の右の手は高く上がり、主の右の手は御力を示す。
 私は 死ぬことなく、かえって生き長らえて、主の御業を語り伝えよう
詩篇118-13~17)
●人間に残された最後の自由はどんな状況にあってもその中で自分の態度を決める事だ
 (フランクル

【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】は
私の境遇に合わせて、私が理解できるような<神助:祝福・恩恵>を与えてくれます!
実はセキセイ・インコにインスピレーションで「エンジェル」と命名していたのですが、
まさに私にとっては、時にかなって美しい<天の使い>そのものです!

●<神助>(内村鑑三
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって汝を恵まん。
⇔ ★天来の思想
★外来の友人
★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすをうべし。
◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
 汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。

私たち各自にも【タレント:個性・才能・可能性】と【ミッション:使命・天職】が
【神の愛=主イエス】から託されていて、【青春:幼な心&青年の精神】に思い描く
【神の愛の力=隣人愛】に輝く【ビジョン:理想・夢念・大志】に体感できます。

●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。
何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
(ピリピ書2-13~14)
●気高い夢を見ることだ。あなたは、あなたが夢見たものになるだろう。
 あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である(ジェームズ・アレン)
●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三
●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に
 応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
 つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである
 (ヒルティ)
●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。
 そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である
シュバイツァー
●青春の夢に忠実であれ(シラー)
●素晴らしい人生、それは青年時代に考えた事が壮年になってから実現される事である
(A.d.ヴィニー)

名も無き小鳥も、たとえ羽根を切られても、鳥かごに閉じ込められても、あきらめずに
努力する限りは、<ビッグ・チャンス>が与えられるのですから、私たちも見習って、
どんな<逆境>に追い込まれても【ビジョン:理想・夢念・大志】を大切に守り育て、
<人生の旗印>に高く掲げて、<チャンス&出陣>を楽しみに待ち望みましょう!
そうすれば、【神の愛=主イエス】は時にかなって【ビジョン:理想・夢念・大志】を
<最高!最善!最美!>に導いてくれます!

●主に自らをゆだね、おのれの喜びとなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる
詩篇37-4)
●苦難の日に主があなたに答え、ヤコブの神の御名があなたを守り高く上げますように。
 あなたの心の願いをかなえ、あなたの計らいをことごとく遂げさせてくださるように。
 我らがあなたの勝利を喜び歌い、我らの神の御名によって旗を高く掲げらるように。
 主が、あなたの願い求めるところを、すべて実現させてくださるように
詩篇20-1~5)

皆さんの人生においても【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げ
日々直面する大小様々な<患難辛苦>を<出陣準備の時>として耐え忍ぶ事によって、
【神の愛=主イエス】が時にかなって与えてくれる<ビッグ・チャンス&出陣の時>を
見事につかみ、【ミッション:使命・天職】に活躍される事を心より応援しています!

●機会は、準備した心を持った人に味方する(パスツール
●人生の成功の秘訣はチャンスが来た時に、それに対する準備が出来ている事である。
(ディズレリー)
●大きなチャンスがあなたの前に姿を現す時はきっと来る。その時、あなたはそれを
 利用できる準備ができていなければいけない(サム・ウォルトン
●患難は我らを神の懐に駆(オ)い追(ヤ)るための彼のムチである。
 我らは患難に遭うて神の我らのために設け給いし休息(イコイ)の牧場に入るのである
 (内村鑑三
●どんなことがあっても、心を騒がせるな。神を信じ、何もかも私に任せなさい。
 私の父の家には、住む所がたくさんある。もしなければ、
 あなた方に、はっきり言っておいたでしょう。
 あなた方を迎える家を準備しに行くのです。
 私が行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、
 あなた方を私のもとに迎えます。私のいる所に、いつでも、あなた方が
 いられるようにするためにです(ヨハネ伝14-1~3)


ハレルヤ!主の恵みに感謝します!
栄光を主に帰します!アーメン!

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)