【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<驚き不思議>に導く【神の愛】!

【2010年10月16日に作成した<第540回>に加筆】
◇◇<驚き・不思議>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

●見よ、侮る者たちよ、驚け、そして滅び去れ、私はあなた方の時代に一つの事をする。
それは人がどんなに説明して聞かせてもあなた方のとうてい信じられないような事なのである
(ハバクク書1-5)
●私の思いは、あなた方の思いと異なり
私の道は、あなた方の道と異なる
-主の御告げ-
天が地よりも高いように
私の道は、あなた方の道よりも高い
私の思いは、あなた方の思いよりも高い(イザヤ書55-8~9)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

皆さんもご存知の「チリ炭鉱事故」の奇跡的救出劇は、驚きと不思議な出来事でした。
この事故の背後には【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれた
【礼拝:★讃美★祈求★感謝】の圧倒的大勝利があると実感しています。

●我らは祈りを神に捧げる、すると神は我らのために語り、かつ働き給う(ジョージ・ミラー
●自分の意志をまったく神にゆだねて、ひたすら神の道具でありたいと思う人は不思議に、
どんな祈りも聞き届けられる。そういう人はただ願い求めればよいのだ。そうすると
憂いも怖れもなく、至福の状態で、あらゆる困難を切り抜け、生涯の日々をすべての
人々とまじって生きて行くことができる(タウラー)
●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、神に願い求めたことは
既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
●求めよ、さらば与えられん。捜せよ、さらば見出さん。門を叩けよ、さらば開かれん
(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)

一方で、日本でも世界中でも毎日毎日「何でこんな事が起きるのか!?」と叫びたくなる
悲惨で不運で不条理と思われる事故や事件が多発して多くの犠牲者が生まれ続けています。

きっと、世界中の多くの人々は次のように思ったはずです。

「もし神様・【神の愛=主イエス】が存在するなら、チリの人々は助かって、
もっと不幸で不運な犠牲者が助からない不公平が起きるのは何故だ!?」

この疑問に対して、ある人は【神の愛=主イエス】への【信仰:信愛・信頼・信従】が
乏しかったからだと説明するかもしれません。

しかし、私は【神の愛=主イエス】はそんな偏狭な差別意識は全く無いと確信できます。
何故なら、忘恩で背信的な極悪人である私自身が、いつも助けられているからです!

●神は、すべての人が救われて、(福音の)真理を悟るに至ることを望んでおられる
(テモテ前書2-4)

私の立場で【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】を正確に理解するためには、
この世で「死ぬ事が不幸の敗北」で「生き残る事が幸福の勝利」でないという前提です。
つまり、この世の生死の勝負ではなく、死後の<あの世・来世>まで含めての勝負です。
世間が理解する「生き様」よりも、最も重要なのは【神の愛=主イエス】と向き合う
「死に様」であるといえるでしょう。

そのような観点でこの世の出来事を観察すれば、世間的に不運な「死に様」であろうと
どんな出来事の背景にも【神の愛=主イエス】は必ず介在され関与されていることを
実感できます。それどころか、世間的に闇や悪と嫌われる出来事や存在があるからこそ
この世は維持され存続している事は、進化論者が定義している天然世界の弱肉強食・
適者生存の理論の中にさえも発見できます。

●辛いことの背後(ウシロ)には最も歓ばしいことが隠れている。
我らは何事にかかわらず勇んで主の命に従うべきである(内村鑑三
●悪いことの中にも、なにほどかの善の魂がまじっている。
人が注意ぶかくそれをさがし出すならば(シェークスピア
●神はどんな悪も行われないようにするよりも、むしろ悪から善を生じさせるように
する方が善いと考えられたのである(アウグスティヌス

【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】【神の愛の方程式=摂理】で支配される
<第二の聖書>天然世界を観察するならば、この世の動植物のあらゆる生命体の存在が
同種族・同胞の維持存続のために<献身(自己犠牲)>が不可欠であり、人間界では、
<献身的自己犠牲>を<相愛互助・互助友愛>【神の愛の力=隣人愛】の結実として
発見する事ができます。

●愛を完(マットウ)うせんがためには、余輩はこれより完全なる世につきて
思考することはできない(内村鑑三
●忍耐を練らんとして、寛容を増さんとして、愛をその極致において味わわんとして、
この世は最も完全なる鍛錬場なり(内村鑑三
●怨に酬ゆるに徳をもってし
憎に対するに愛をもってし
悪に対するに善をもってする (内村鑑三
●悪に負けてはいけない。かえって善をもって悪に勝ちなさい(ロマ書12‐20)

私たちはチリ炭鉱事故に大勝利を体感できるように、同時に悲惨な紛争や災害による
大量犠牲者の背後にも、極悪非道な事件や不条理で不運な事故の関係者の背後にも、
さらには自己や社会に存在する<悪:不義・不正・不実>や全ての<闇>の背後にも
【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】【神の愛の方程式=摂理】が働いていて
万事万物は【神の愛=主イエス】より生まれ、【神の愛=主イエス】に帰する事を
体感できます!

● 万物は、神より出で、神によって成り、神に帰する
<別訳>すべては、神から、神によって、神のために存在する
<別訳>すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっている
栄光がとこしえに神にあるように。アーメン(ロマ書11-36)
●【聖意・聖旨】
★万事万物の本源を握る者は神の御手
★地に起こる全ての出来事は源を天に置く(内村鑑三
●全ての事は、神の御旨によりて招かれたる神を愛する者のために、
ことごとく益をなすを我等は知れり(ロマ書8-28)
●キリストは人類、特に信者の万事万物である。
キリストを有して我らは万物を有する。
我らは主を信じて単に我らの霊魂を救われるのではない。
主によりて父なる神より万物を賜わる資格を得る(内村鑑三
●キリストは万物をもって万物を満たしむる者なり(エペソ書1-23)
●主は万物の上にあり、万物の中に在る(コロサイ書3-11)
●御子は神の栄えの光輝、神の本質の真の姿であり、
その力ある言葉で万物を保っておられる(ヘブル書1-3)

私たちはチリ炭鉱事件の驚き・不思議な<圧倒的大勝利>に【神の愛=主イエス】の
【御心:聖意・聖旨】を実感して素直に<歓喜!感動!感謝!>する事は大切ですが、
チリの歴史から見れば。今日の大勝利に至るまでの道は険しく、長き間、苦難・苦節の
時代を経験し克服した結果の<神助:祝福・恩恵>であることも知るべきだと思います。

●苦しみにあったことは私にとって幸せでした。私はそれであなた(主)の掟を学びました
詩篇119-71)
●多くの人が沢山の涙と大変な労苦を重ねて、やっと得たものを、お前はすぐに得ようと欲するのか。
主を待ち望みなさい、雄々しく振る舞い、勇気をしっかり持っていなさい。
孤疑せずに、逃げ出さずに、心身をいつも変わらず神の栄光へとささげなさい(トマス・ア・ケンピス)
●命は恩寵のうちにある、夕暮れに涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある(詩篇30‐5)

私個人の人生も家族にも社会も日本国家でも、チリのように世界が驚き不思議に思う
【神の愛の奇蹟】が起きるためには、私たちの日々身近に多発している世間的不条理・
不運・悲惨な<敗北的結末>に思えても、そのような「敗北・闇・悪」に見える存在は
【神の愛=主イエス】が与える【神の愛の特訓:オーディション!リハーサル!】として
大注目しましょう!

●概して幸福な時よりも、苦しみのときの方が、ひとは神のそば近くにあるものである
(ヒルティ)
●主は待っていてあなた方に恵みを施される(イザヤ書30‐18)
●我等に臨む患難は多し、されど主は我等をみなその中より援(タス)け出し給う
(詩篇34‐19)
●見よ、私は新しいことをする。今もうそれが起ころうとしている。あなた方はそれを
知らないのか。確かに私は荒野に道を、荒地に川を設ける(イザヤ書43‐9)
●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが
魂の父は、私たちの益のために、そのきよさに預からせるために
そうされるのである (ヘブル書12‐10)
●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと
思われる。しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に平安な義の
実を結ばせるようになる(ヘブル書12‐11)
●我が子よ、
主の訓練を軽んじてはならない
主の叱責をいとうな
父がかわいがる子をしかるように
主は愛する者を戒める(箴言3‐11~12、ヘブル書12‐5~6)
●あなた方は訓練として耐え忍びなさい。神はあなた方を、子として扱って
おられるのである。いったい父に訓練されない子があろうか(ヘブル書12‐7)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、他のいかなる道でも
達せられないほど、神に近づく事ができる(ヒルティ)

この世で多発し続けている世間的不幸・敗北・不条理・不運・悲惨な出来事にこそ
【神の愛=主イエス】の驚き不思議な【神の愛の奇蹟】に通じる<不完全・未完成>の
【御心:聖意・聖旨】【神の愛の方程式=摂理】を体感する事によって、いつどこでも
【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】が
皆さんと共にいいて、皆さんが【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に
高く掲げて【神の愛の奇蹟】【神の愛の力=隣人愛】が連発する<圧倒的大勝利>の
ために活躍されることを心より応援しています!

●摂理と確かな知恵とは、私にある。私は分別であって、私には威力がある。
私によって、王たる者は世を治め、君主たちは正しい掟を定める。
君侯、自由人、正しい裁きを行う人は皆、私によって治める。
私を愛する者を、私は愛する。私を熱心に捜す者は、私を見つける(箴言8-14~17)
●富と名誉とは私と共にあり、尊い財宝と慈善なる義の力も私と共にある。
私の与える実りは黄金よりも純金よりも善く、私の生み出す収穫はえり抜きの
精銀にまさる(箴言18-18~19)
●主に感謝せよ。主は慈しみ深く、人の子らに驚くべき御業を成し遂げられる。
主は渇いた魂を満ち足らせ、飢えた魂を良いもので満たしてくださった
詩篇107-8~9)
●我が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)
●どんな良い事も、最初に一番良い顔をみせはしない(ヒルティ)
●神は、いかなる患難の中にいる時でも、私たちを慰めて下さり、また、私たち自身も、
神に慰めていいただくその慰めをもって、あらゆる苦難の中にある人々を慰めることが
できるようにして下さるのである。それは、キリストの苦難が私たちに満ちあふれて
いるように、私たちの受ける慰めもまた、キリストによって満ちあふれているからである
(コリント後書1-4~5)
●ひたすら神のみむねに従い。
いかなる時にも神に望みをかくる者、
もろもろのなやみと悲しみにとざさるるとも
神はその人を不思議にも守り給わん。
いと高きものなる神に依り頼む人は
砂の上にその家を建てしにあらず(同胞教会讃美歌第172番)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!