【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

メルマガ転載:志あるところに道あり!

皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。

ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた
約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html

もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★★皆さんの【願い事】のために祈ります!★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい。
 あなたのために【神の愛=主イエス】に向けて【礼拝:祈りと感謝】します!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
★ブログにもお立ち寄り下さい! http://blogs.yahoo.co.jp/cforum2000/

第30回【2002年2月12日に作成した<第218号>より】
◇◇ 志あるところに道あり ◇◇

●大切なのは偉大な意欲を持ち、それを貫くだけの技量と
 堅忍力とをもつことだ(エッケルマン「ゲーテの対話」)
●この動揺する時代に自分までぐらつくのは
 ただ災いを増すばかり
 おのれの志を守ってゆずらぬ者だけが
 世の中をつくりあげて行くのだ(ゲーテ

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

私たち個人の力は【ビジョン:理想・夢・志】として発揮されます。
この世の富・権威・名声に基づく力ではなくて、個人が心に描いた
【ビジョン:理想・夢・志】こそが、いつの時代でも世界の歴史を
大転換させてきたことは周知のことです。

●個人をもって始まらざる事業にして偉大なる事業あるなし
 (内村鑑三

個人の最善の偉業・功績として【イエスの生涯と教え】があります。
主イエスは人の子として生まれ12歳の時に自分の【使命・天職】を
自覚して、その後は神と通じて神との協働事業を実践してみせます。

【この世の富・権威・名声】に頼る事無く、天の父なる神の御心に
完全信頼し【旧約の預言】の完全成就を【使命・天職】にする事を
【ビジョン:理想・夢・志】の根源とされました。

●私が律法や預言者を廃するためにきた、と思ってはならない。
 廃するためではなく、成就するためにきたのである。

主イエスは自らの生き様と死に様を通して私たちに人間の理想とは
何であるかを教え示してくれました。

神の子でありながら、人間の代表者なのに、旅先の質素な馬小屋の
中で生まれ、大工のせがれとして育ち、生涯に渡り最も貧しい者や
差別迫害される人々と共に生き抜いてくれたからです。

【この世の富・権威・名声】とは全く無縁でありながら人類救済の
最善の道を教え示してくれました。       

主イエスが人間の最大理想として信じ認められるならば、私たちが
【使命・天職】を発見しチャレンジする時に希望と励ましと勇気が
最善最強の心の支えとなることは間違いありません。

それは、【富・権威・名声】に全く無縁で、経験も実績も人脈さえ
なくても心配無用です。たと自分独りでは無能力で無知であっても
【ビジョン:理想・夢・志】さえ強く堅く信じ望み愛するならば、
神が私たちの最善最強の味方(万軍の主)として励まし導いてくれる
からです。

●汝らの信じるごとく汝らに成るべし(マタイ伝9‐29)
●神の無限の力に頼りて、我等は我等の信じるがごとくにすべての
 事をなすをうるなり(ピリピ書4‐13)
 ⇔ 私を強くして下さる方によって何事もすることができる

私たちの【ビジョン:理想・夢・志】が【使命・天職】に通じる時
それは、まるで【ビジョン】に「つかまった・捕えられた」ように
感じると思います。

もはや捨て難く逃げ去る事もできず、前進あるのみの道となります。
その道が自分のためだけではなく、神自身の望む道だからです。

●あなたが私を選んだのではない、私があなたを選んだのである
 (ヨハネ伝15‐16)

世間には【使命・天職】に導かれた様々なエピソードがあります。
そして、その背景には常に【隣人愛】精神があって、それはまさに
【神の愛】であり【神の導き】であったと私は信じます。

例えば、7大陸の最高峰登頂を当時は最年少で実現した野口さんは
その後のある登山の時に、自分でなければできない目指すべき道を
発見した人です。

彼が登頂して下山する途中にドイツ登山隊と遭遇した時のことです。
ドイツ登山隊は一列に並んでタバコの吸殻やごみを拾い集めながら
日本人の野口さんに向かって次のような事を語ったそうです。

「日本人はごみを散らかしたままに下山して行くのが信じられない」

野口さんはその時に初めて日本人のためにも、自然を守るためにも
山のゴミを回収することを決意したそうです。

ご存知のように、野口さんのたった独りから始めた勇気ある実践が
日本中に反響を呼び起こします。今は全国から講演を招かれるほど
人々に勇気と希望を与えてくれる【愛のメッセンジャー】です。

野口さん個人の【隣人愛】に基づいた信念のチャレンジだからこそ
政治権力や特定組織にも関係なく【この世の富・権威・名声】とも
全く無縁であっても世界を変える感動と勇気を与えてくれるのだと
私は思います。

詳細の事は忘れてしまいましたが、ある女性の印象深いエピソードが
あります。彼女は英国に憧れて語学留学します。そこで思いがけない
感動をします。それは介助犬の活躍でした。当時、日本では介助犬
馴染み薄く認知されていませんでした。

彼女は日本でも是非とも普及させたいと【ビジョン:志】を抱きます。
彼女は英語を学ぶ為に訪問したのに、介助犬の指導教官の資格を得て
帰国したのです。そして、日本で見事に【ビジョン】を実現させます。
政治や行政や大資本が動いたのではなくて、たった独りの個人の力が
日本をそして世界を動かしのです。

●情熱は世界を動かす(ベンツCM)

私たちの多くのもまた、自分の本当に目指すべき道を発見するには、
彼等のように思いがけない形で導かれるのだと思います。しかし、
そのためには自分の信じ望み愛する道を常に自分から目指さないと
見出せないのだと思います。

●天は自ら助ける者を助く(スマイルズ
●汝の能力(チカラ)は汝が日々需(モト)むるところに従わん
 (申命記33‐25)

皆さんが追い求める【ビジョン:理想・夢・志】に向かって前進する
先に間違いなく、貴方自身の本当の【使命・天職】を発見できる事は
神の望みであり、神の導きであることを信じられるならば、私たちは
常に希望と勇気に満ちた人生となります。

●<希望>
 十字架は重いがふしぎなことに
 おまえがそれを担うやいなや、それがおまえを担ってくれる
 はじめは闇夜だが、行く手は真昼の明るさ
 この道を進むものは「勇者」と呼ばれる
 おまえの力は小さくても
 おまえが帰依した主の力は偉大だ
 おまえの星は暗い夜空に輝きわたり
 今日は死に ― 明日はいのちによみがえる(ヒルティ)

●どんな幸福な生活にも数多く起きる試練や心労を耐え難い重荷だと
 考えるか、それとも自分の生活原則を実行し修練するために神から
 授けられた機会だと見るかは、もの事の感じ方として大きな相違で
 ある。そして、この感じ方次第ですべてが決まるのである。
 後の見方は信仰があって初めてできる事であり、それこそが信仰の
 最も明らかな利益の一つでもある(ヒルティ)

●我等に必要なものは必ず与えられるべし、しかも前もって与えられず
 必要の時に与えられるべし。ゆえに我等は要なき物を要なき時に祈り
 求めて主たる我等の神を試むべからず(内村鑑三

皆さんが【ビジョン:理想・夢・志】を大切にし常に前向きに積極的に
チャレンジされることを心より応援しています。
 
それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★皆さんの【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
 
あなたと共に【神の愛=主イエス】に向け【主の御名】によって【礼拝:祈りと感謝】いたします!

●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私もその中にいる(マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!
★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
☆メルマガも御一読ください!:http://www.emaga.com/info/cforum.html