【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

天職の終了までは不滅!

◇◇天職を終了(オワ)るまでは不滅なるが如し◇◇
【2001年4月22日に作成した<第108回>より】

●A man seems to be immoratal till his work is done
 人はその天職(事業)が終了るまでは不滅なるが如し(グラッドストーン

2001年4月21日
テレビ東京22:30「美の巨人たちセザンヌ・描き続けた聖なる山』
NHK・BS0:45「朝比奈隆・世紀のベートーベン」を観て

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは,ご愛読に感謝します。

今日一日のテレビ番組の中にも夢や大志や理想にチャレンジしようとする人に
勇気と希望を与えてくれる感動的な番組がありました。

それは、自己に託された【タレント:個性・才能・可能性】を最大発揮して
自らの【使命・天職】にチャレンジして真理を追い求め続けた芸術家の生涯を
描いてくれた2つの番組です。

1つ目はあの偉大なる現代絵画の父とまで言われたセザンヌの生涯です。
私は今日まで彼の作品は知っていても、彼が後世まで伝えられる偉大な画家に
なるまでに厳しき【試練】があったことを知りませんでした。

彼の家族や特に父親は全く彼の才能を理解できず否定的なため、彼は仕方なく
反対を押し切ってまでして画家を目指して故郷を去るのです。

そんな誰からも期待もされずに哀れなセザンヌよ、さぞや彼にとっては辛い
孤独なるチャレンジへの船出であったことでしょう。そして今日の日にも、
彼と同じように最も信頼してもらいたい家族や周囲からの無理解は反対を押し
切ってでも夢や大志に向けて孤独なるチャレンジに船出する新たな「セザンヌ
がいる事を私は望みそして応援し成功を祈っています。

彼はその後、権威に格別な評価もされず認められないままに、それでも20年間も
絵を描き続けたのです。そして、ようやく友人の作家ゾラの口利きで世間に知られ
成功するのです。

ところで、彼を本当に心から支援してくれたのは友人ゾラではなく、実はあの父親
だったのです。彼の画家としての天賦の才能を理解できず、反対しながらも経済的
支援をし続けてくれたのは父親であったからです。一方で良き理解者と思っていた
友人ゾラは後にセザンヌをモデルにした作品を書きますがその内容に失望して彼は
友人ゾラとは縁を切ります。妻とも長くは続きませんでした。そして何よりも
認めて欲しかった父親が亡くなってしまった時に、彼は自ら何を描くべきかを知る
ようになります。

それは誰も描く事の無かったプロバンスの【聖なる山】を毎日描くようになります。
まるで修行者のようにその山の姿をあらゆる角度から新たな技法を駆使して、描く
のです。あきることなく、それどころか益々真理に近づかんとして、まさに彼の
【使命・天職】でありました。それは日本画家奥村画伯が晩年に日々異なる富士山を
描き続けたことにも共通するのではないでしょうか。

人生の成功や挫折など様々な経験をした後に、ようやく何か一つの生涯を賭けられる
【テーマ(青い鳥)】を発見できた時の幸福感と感動と喜びは皆さんも共感できるの
ではないでしょうか。

それが、たとえ世間では日常の風景としてあまりにも身近になり過ぎた山の姿でもも、
本来は、その偉大で荘厳で神の創造された【美の真理】であることを知った時には、
何物にも替えられない描くべき生涯を賭けるべき【美の対象】となり得るでしょう。

●世に幸福はあるが我等はそれを知らぬ、知っていてもそれを重んじない(ゲーテ

さて、もう1つは、世界でも最年長92才の現役の交響楽団指揮者の朝比奈氏による
21世紀に向けた新たなチャレンジの話です。彼にとっては【音楽の聖書】である、
ベートーベンの全曲演奏という世界初のチャレンジです。

彼自身は音楽家としての英才教育も受けず、京都大学卒業後は阪急電鉄の運転手に
なります。しかし、元々音楽家にあこがれていた夢を捨てきれずに、2年間で辞め
また京都大学の哲学科の再入学するという変わり種で、音楽の権威とはかけ離れた
【コーナー・ストーン】の経歴です。

●青年の夢を軽んするな(ヒルティ)
●汝の車を星につなげ(エマーソン)

音楽権威とは無縁な彼のキャリアだけで、快く迎えてくれる交響楽団などある訳も
無く、結局彼は、自分自身の交響楽団を39歳の時に設立してしまうのです。

何と言う堅い信念と大胆な決断と実行力でしょう。それは当初関西交響楽団と言われ
現在もなお大阪フィルハーモニー楽団として活躍しています。そして、彼は今でも
なおその楽団を今も大切に愛し続けてさらに高い理想に向かって成長させようと
しているのです。彼にとっては、まさに【使命・天職】以外の何物でもありません。

●偉大なことを成し遂げるのは、それ以外に為す事のできない人のみである(ヒルティ)
●人の最大発見物は天職なり、これを知らずして彼の生涯は無意味なり(内村鑑三
●私は自分が何を欲しないかを知っている。しかし、何を欲するかはまだ知らない
 それは必要になったときに、はじめてわかるだろう(クロムウエル)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★

皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた
約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html
もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!
★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!