【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

フリー・エージェントが大活躍!

◇◇フリーターからフリー・エージェントへ ◇◇
【2002年6月30日に作成した<第257回>に加筆】 
2002年6月30日(日)NHKBS「世界潮流2002:働く人々の未来」を観て

●【真の自由(内村鑑三)】
  ◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
  ◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
  ◆真の自由は善き意志を行う能力である 

21世紀はいよいよ世界を舞台にして自由に活躍できる【個人の時代】の到来です。
アメリカでは既成企業に属さずに自主独立を目指す≪フリー・エージェント≫が労働者の4人に1人である
3300万人もいることが判明したそうです。

夫婦でトレーラーで移住生活しながら、パソコン一台で仕事をこなす人々のことを「電脳カウボーイ」と呼ぶそうです。

≪フリー・エージェント≫の仕事への価値観は、単にお金を稼ぐ事ではありません。
自分のスケジュールを自分で決められる【自由】であることを第一にしています。
そして、余った時間は自分が望むものに活用できるためです。

●様々な立場での労働観(内村鑑三
 ◆社会学者  ⇔ 労働は賃金を得るための苦業なり
 ◆宗教学者  ⇔ 労働は心身の疲労なり、多くの休養をもってこれを
          償わざるべからず
 ◆キリスト者 ⇔ 労働は手をもって神の真理を実得することなり、
          直ちに神の宇宙に接することなり、
          神とともに働くことなり、
          ゆえに至高純美の快楽なり
●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
  何事をも為しうる状態又能力でなく,ある事を為さずしてある他のことを為す能力
  ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力  
●自由とは理想にあらず、境遇にあらず、能力である
●Ican do that which is right.(我は正しき事を為し能う)
●余暇とは何か有益なことをするための時間である(ヒルティ)

日本では≪フリーター≫と呼ばれる若者たちがいますが、否定的に扱われがちです。
一方で、アメリカでは【自由】を尊重する≪フリー・エージェント≫として扱って彼等こそが新たな仕事の領域を産み出す≪先駆者≫であると評価しているようです。

彼等の社会的存在を初めて評価してくれたのは、ホワイト・ハウスで活躍していたピンク氏でした。
彼はゴア氏のスピーチ・ライターを担当するブレーンの1人として家族との時間も持てないほど多忙なために過労で1997年に倒れたそうです。

彼は自分自身のペースを守り、家族と過ごせる【自由】の大切さを再発見します。
ピンク氏には、過労による挫折(失敗)は、本当の自分らしさを取戻すチャンスであり、まさに【試練:神の導き】であったといえるでしょう。

●失敗は方針を転ぜよとの神の命令である。我等は失敗を重ねて神の定め給いにし天職につくのである(内村鑑三

5年前にフリー・ジャーナリストとなり、自らが≪フリー・エージェント≫となります。
おかげで、家族と一緒に過ごす望みの生活を取戻し、家族と共に2年間をかけて、企業から独立した全米500人の取材を決行したそうです。

その成果は「フリー・エージェント・ネイション」として出版され話題となります。
≪フリー・エージェント≫は大きく3つのタイプに分かれるそうです。

.侫蝓璽薀鵐后  1650万人 ~ 個人の技能を発揮させる
▲潺亡覿伐函  1300万人 ~ 少数精鋭集団を率いる
N彁?勸? : 350万人 ~ パートタイム労働者

確かに、アメリカでは自由市場経済とIT革命の進展による「光と影」があります。リストラや貧困・離婚などの境遇によって多くの敗者・弱者もまた出現したからです。

そこでムーブメントとなっているのがNPOを中心とした≪社会ベンチャー≫です。
「何か人の役立つことをしてみたい!」という【ビジョン:理想・夢・志】を抱く人々が、敗者・弱者への支援をすることもまた≪フリー・エージェント≫の目指す道であるといえるでしょう。

例えば、NPO組織「ジュマ・ベンチャーズ:(★ジュマは仕事という意味))の活動は感動と勇気と希望を与えられます。

「ジュマ・ベンチャーズ」は1991年に結成され、現在30名のスタッフで活躍しています。
彼等はストリート・チルドレンや親のない子供たちのために宿泊施設と仕事場とを提供することで自立支援をしています。

先ず手始めに、アイス・クリーム屋台から出発して、店舗を持つことを目指します。
そこで、アイスクリームチェーン大手「BEN&JERRY」に交渉したそうです。
通常の開店に必要なFC加盟料4万ドルを免除してほしいという交渉でした。B&J社長は社会貢献として喜んで協力してくれたそうです。さらに地元市民にも寄付金を呼びかけて40万ドルを集めて開店運用資金としたのです。

若者の再起のために支援したいという明確な【ビジョン:理想・夢・志】以外には事業スタートに必要な《人・モノ・金》が全くのゼロからのチャレンジであっても隣人・社会の善意・良心・可能性を信頼して取り組んだから実現できたと思います。

当初は12名の若者が運営するアイスクリーム店も翌年には2店舗増やし、さらには球場内の販売も実現して150名の若者の再起支援成功にしています。

6年目にして年商180万ドルとなり、124万ドルを経費、48万ドルを給料、残りの税免除8万ドルで、今度は若者向けにパソコン技能研修を行なって、PC関連のビジネスに向け準備を始めているそうです。

「ジュマ・ベンチャーズ」の恵まれない若者たちの再起支援するという小さな試みは現在では更正プログラムとして世界中から訪れるほどに注目されているそうです。素晴らしい愛と勇気の感動は、少数から始まることに、私たちにも励ましになります。

●ためしてみること、着手することによってのみ、最も偉大な事柄も成就するものだ(ヒルティ)
●すべて偉大なことは、小規模で少人数から始まるものだ。あなたはそれを覚悟しなければならない。そして、子供たちを 教育するにも、彼等が少数派に属する事を平気なように導かねばならない(ヒルティ)
●大いなる事業が完成されるためには、ひとつの精神があれば足りる。千の手を動かすために(ゲーテ
●人数が少ないからといって世界を変える力はないと侮るなかれ。 世界を変えてきたのはまさしく少数の力なのである(マーガレット・ミード)
●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三

環境問題に詳しいイギリスの経済評論家ロバートソン氏はテレビで語っています。
「環境破壊し資源浪費するを世界経済にはもはや限界が来ている。従来の仕事は重要でなくなり、仕事の新たな領域が広がって行くであろう。
 それは ★社会的価値のあるもの
      ★働き手が魅力を感じるもの
      ★家族・隣人のためになるもの 」

言い換えれば、【この世の勢力:富・権威・名声】よりも、自分の内なる【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を満足させることや【ビジョン:理想・夢・志】を目指す道によって、【神の愛=隣人愛】の実践に通じる世界だと思います。
社会的価値となり、隣人・社会への社会貢献が生産労働としても認知される時代がやってくるということだと思います。

●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです(アインシュタイン
●完全なる職業とは他人を喜ばして我もまた喜ぶの職なり(内村鑑三
●最善の労働者とは最も多くの仕事をする者でなくして、最も貴重な動機をもって仕事をする者である
 (二宮尊徳内村鑑三の言葉より)
●人間のうちに善をのばしてやり、彼らの心に善に対する愛好心を注ぎ込むことが必要である(ヒルティ)
●ある程度は、他人のために心配したり、はたらいたりしなければ、どんな人も精神的に健康を保つ事はできない(ヒルティ)
●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越して最も多く他を利して最も多く己を利するの道を教えたり(内村鑑三

【神の愛=隣人愛】を目的として【この世の勢力:富・権威・名声】はあくまでも手段とする道は【キリスト精神】といえます。そして、【神の愛=主イエス】を優先し選択できる【自由】を勝ち取れる道が【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】です。

●あなた方が召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい(ガラテヤ書5‐13)
●自由を得させるためにキリストは私たちを解放して下さったのである(ガラリヤ書5-1)
●主は霊である。主の霊のあるところに自由がある(コリント後書3‐17)
●真理はあなた方を自由にさせる(ヨハネ伝8‐32)
●絶対の自由は、ただ神にのみ仕えて他の一切のものには仕えないことである(ヒルティ)
●神に仕えることを自由という(ヒルティ)

【神の愛=主イエス】は私たちの<神愛と自由>へのチャレンジを支援してくれることを信じましょう!

●キリストが心がけた事は民衆自身のことと一致する(ヒルティ)
●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、なおも大望を抱いて、その一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三
●【健全なる思念】
 事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。
 神の全能なるを思うべし、その恩恵の無限なるを念ずべし。
 さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん(内村鑑三
●信、信仰、信頼、人が成し得る最大の事業は自己を忘れ自己に死し、神を信じ、神に依り頼みて生きることなり(内村鑑三

誰もが≪フリー・エージェント≫として<自己実現・夢実現>&【神の愛の実現】を目指し【自主独立:自由・独立】を実現できる【個人の時代】が日本にも間違いなくやって来ると信じています。
皆さん各自の【ビジョン:理想・夢・志】を大切に守り育てて、実現に向けて思いきりチャレンジできますように心より応援しています!Good luck & God bless you!

●あなた方が、私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことはこれを実行しなさい。 
 そうすれば、平和の神があなた方と共にいますであろう(ピリピ書4―9)
●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け 自由の大道を自在なる英知もて進め。
 その尊き偉業の報いを欲せず 自らが愛する思想の実をば結びゆけ(プーシキン
★【タゴールの名言・格言】
●君の呼びかけに、だれも答えないならば
 君よ、我が道を一人征(ゆ)け
 皆が恐れを抱いて沈黙するならば
 君よ、開いた心と恐れなき声をもって、ただ真実のみを語れ
●暗い嵐の夜に
 だれも松明(たいまつ)に火をつける者がなく
 扉をたたく君に
 だれ一人として応じる者がいなくとも
 君よ、失望してはならない
 雷(いかずち)が激しくとどろくなかで
 我が心の松明に火をつけ
 一人、暗闇(くらやみ)のなかで火を燃やせ
●われわれの力がどんなに小さくとも、また、われわれが世界のどの一隅に属していようと、
 われわれ個人は全人類を理解する意識の力を増大させるよう自分自身に要求する。
●国は人間が創造したものです。国は土からできているのではなく、人々の心で出来ています。
 もし人間が輝いていれば、国は顕現(けんげん)されます。