【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

≪サリバン先生≫⇔【神の愛】!②

◇◇ <サリバン先生>を目指そう!みつけて感謝しよう!(その2) ◇◇
【2000年12月10日に作成した<第34回>に加筆】

★★【その1】のつづき★★

へレンが偉大であることは言うまでもありませんが、さらに素晴らしいことは、サリバン先生ですね。
映画『奇蹟の人』で伝えようとしたかった<奇蹟の人>とは、実はサリバン先生であるそうです。

このように成功者の裏方に光をあてて賞賛することは、世界共通の美徳といえるでしょうが、
【神の愛=主イエス】が特に喜ばれることであり、【キリスト精神】の本質でもあります。

つまり、<共に喜び、共に悲しむ>姿勢は、名誉も屈辱も共に分かち合うことになるでしょう。

●喜ぶの者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい(ロマ書12‐15)

話は変わりますが、ハリウッド映画界が、いつも元気で革新的で次か次に新人監督やスターが
生まれるエキサイティングでパワフルな風土にあるのは、【チーム・スピリット&チーム・ワーク】による<共に喜び、共に悲しむ>共感精神があるからだと思います。

映画のラスト・シーンを思い出してください。

クレジットとして映画に関わってくれた映画スタッフの役割と氏名が(基本的に)一行に一名ずつ、
紹介されているのは皆さんもご存知だと思います。

スタッフ全員を紹介し、さらには少しでも採用した挿入音楽のタイトル・演奏・作詞・作曲者名、何かしら提供してくれた企業名やロケ場所など、協力者への感謝、作品を捧げた人の氏名などが延々と5分以上も流し続けられると、それを観ているだけで私は感動してしまいます。

そこには、<心を1つ思いを1つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】で作品を創り上げたというスタッフ全員の情熱と協力者への感謝の気持が込められていて、特に「裏方さん」独り独りにも光が
あてられて全てが≪主役≫として光輝いてます!本編よりも素晴らしい<愛の結晶>です!

●キリストの名によって、あなた方勧める。みな語ることを一つにし、お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい (コリント第1書1-10)
●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって私の喜びを満たして欲しい
 (ピリピ書2-2)
神の国はあなた方の内(間)にある(ルカ伝17‐21)
 ⇔天国とはどこのことでもない、人が人を愛するところである(内村鑑三)

アカデミー賞の授賞式で、おなじみの光景は、受賞者は自分の手柄話を語るのではなく、家族や自分を引きたて導いてくれた裏方スタッフ、関係者、友人の名前を出来る限り呼び上げます。
アカデミー賞を見るたびに、授賞式とは誰の為にあるのかをよく考えさせられます。

栄光を独り占めせず、人々と共に喜び、栄誉を分かち合うことで、また一緒に仕事をしたい!と
関係した誰もが思えることが、ハリウッド映画界が、いつも活気に満ち溢れている理由だと思います。

愛に満ち溢れたこの世界は、どこを見ても、【チーム・スピリット&チーム・ワーク】で成り立っていて、「One Body with Many Parts」である証明です!

★★【One Body with Many Parts(コリント前書12‐12~31)】★★
●からだが一つであっても肢体(シタイ)は多くあり、また、からだのすべての肢体が多くあっても、からだは一つであるように、キリストの場合も同様である
●神は御旨のままに、肢体をそれぞれ、からだに備えられた
●あなた方はキリストの身体(カラダ)である。一人びとりはその肢体である
●目は手に向かって「お前はいらない」とは言えず、また頭は足に向かって「お前はいらない」とも言えない。そうではなく、むしろ体の内で他よりも弱く見える肢体が、かえって必要なのである
●もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、他の肢体も
 みな共に喜ぶ

サリバン先生とヘレン・ケラーにあっても、共に喜び共に悲しむ共感精神で<心を一つ思いを一つ>にした【チーム・スピリット&チーム・ワーク】があったからこそ、歴史的な大事業を実現したのだと思います。

そして、私たち<隣人・社会>が、その事を充分に理解して、二人ともに賞賛できることが大切ですね。

さらに何よりも大切なことは【神の愛=主イエス】は常に私たちと共に喜び共に悲しんでくれる!という事です!
世間が見捨てて孤立無援になろうとも、<いつも一緒>にいてくれて、私たちの最善の道に導いてくれます!

●視よ、我は世の終わりまで常に汝等と共に在るなり≪With You Always≫(マタイ伝28‐20)
●強くあれ、雄々しくあれ。
 彼らを恐れてはならない。うろたえるな
 あなたの神、主ご自身が、あなたと共に進まれるからだ
 主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない(申命記31-6、へブル書13-5)
●見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない(創世記28-5)
●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
 主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え新しくされる。主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)

たとえ身近に素晴らしい人格者の<サリバン先生>がみつからなくても、私たちは一切の心配ご無用です!
私たちには<サリバン先生>に勝る<最善・最強の教師>である【神の愛=主イエス】がいてくれるからです!
【神の愛=主イエス】は、どんなに心が冷めて萎縮していても、一瞬にして光り輝く情熱の心に復活させます!

●凡庸な教師は、ただしゃべる
 良い教師は、説明する
 優れた教師は、自らやってみせる
 偉大な教師は、心に火をつける(ウィリアム・アーサー・ワード)
●神に従う者のためには光を、心の直ぐな者のためには喜びを、種まいてくださる。
 神に従う人よ、主にあって喜び祝え。聖なる御名に感謝をささげよ(詩篇97ー11~12)
●私はあなたの仰せの道を走ります。あなたが、私の心を広くしてくださるからです(詩篇119-32)

私たちも、社会の裏方で活躍している<サリバン先生>を見つけ出して、栄誉を讃え、心から感謝しましょう!
そして、いつもどこでも私たちを見守り育てて、<最善の道>に導いてくれる、【神の愛=主イエス】に対しては超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!で【礼拝:★讃美★祈り★感謝】しましょう!

●私は絶えずあなたを待ち望み、いよいよ切に繰り返し、あなたを賛美しましょう。
 私の口は恵みの義の御業と、御救いを絶えることなく語りますが、その全体は計り知らず、決して語り尽くすことはできません。神なる主よ。私は、あなたの大能の業を携えて、力を奮い起こして進みいで、あなたの義を、ただあなただけを心に留め、ひたすら恵みの御業をほめたたえ唱えましょう(詩篇71-14~16)
●あなた方は、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい
 (コリント前書10-31)
●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、永遠にわたって神をよろこぶことである
  (クロムウエル時代の簡略教理問答書)

<サリバン先生>に見習って、裏方で<隣人・社会>を【ミッション:使命・天職】へ導くことで活躍することやあるいは社会の中に<サリバン先生>を見つけ出し賞賛し感謝することに活躍されることを心より応援します!

●偉大で崇高な仕事をなしとげることを、
 私は心から望んでいる。
 けれども、わたしのいちばんの努めは、
 ささいな仕事を、
 あたかも偉大で崇高であるかのごとくなしとげることだ(ヘレン・ケラー
●まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。
 王たちやすべての高官のためにもささげなさい。私たちが常に信心と品位を保ち、平穏で落ち着いた生活を送るためです。これは、私たちの救い主である神の御前に良いことであり、喜ばれることです。
 神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます(テモテ前書2-1~4)
●神が私たちに求め給うのは、私たちと共にいますこと、神に心を寄せる者を見出して、その心を神みずからの霊によってさらに育て、かつ、生き生きとさせること、これ以外の何ものでもない(ヒルティ)
●【どこに至るも真理を吸収する力:Universal Absorbing Power(内村鑑三)】
  ★すべて真実なこと、すべて敬い尊ぶべきこと、すべて正しき(公義な)こ と ⇔【宗教的真理】
  ★すべて純真(清潔)なこと、すべて愛すべきこと、すべて誉れあること    ⇔【道徳的善行】
  ★すべて愛すべき(人の心を引き付ける)こと、また徳といわれるもの、
  称賛に値する(耳に善き響きある)もの                    ⇔【審美的美事】
  それらのものを心にとめなさい(聞き捨てにおかず思想の材料とせよ)(ピリピ書4-8)


ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)