【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<自由意志>を勝ち取れ!

◇◇ 自由意志による決断と実行 ◇◇
【2002年3月23日に作成した<第232回>に加筆】 
2002年3月23日(土)朝日新聞9面「兵役拒む10代の訴え」を読んで

◎【真の自由(内村鑑三)】
  ◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
  ◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
  ◆真の自由は善き意志を行う能力である 
 ●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
  何事をも為しうる状態又能力でなく,ある事を為さずしてある他のことを為す能力
  ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力  
 ●自由とは理想にあらず、境遇にあらず、能力である
 ●Ican do that which is right.(我は正しき事を為し能う)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

最近テレビでも新聞でも扱われているのがイスラエルの若者を中心に起こっている兵役拒否の運動です。
軍部エリート層にも既に十数年前から軍務拒否の支援組織があることも紹介されていました。

イスラエルの政治的暴挙は世界的に非難されるべきことですが、一方で少数ながら次世代を担う若者の中に、【愛敵精神】に目覚め、【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従って、【愛と自由の戦士】として起ち上がっていることを知ると、私は希望と励ましを与えられます。

●正義の温暖なるもの、これを愛という(内村鑑三
●人知らずとも我が良心これを知る(新島襄

欧米キリスト教国では従来から自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う<良心的兵役拒否>がありました。

良心的兵役拒否を主張する言動は当初は少数でも、やがてキリスト教国以外の国家をも動かすような大きなムーブメントになると私は確信しています。何故なら、彼等の行動は<神の正義>である愛敵精神から見れば間違いなく正当であるからです。

●汝の敵を愛せよ、汝を迫害する者のために祈れ、汝を憎むに善をなせ(ルカ伝6‐35、マタイ伝5‐44)
●【愛敵の教え】(内村鑑三
 ~善をもって悪に対するのが悪に戦って勝つことである~
 ◇【怨】に酬ゆるに【徳】をもってし
 ◇【憎】に対するに【愛】をもってし
 ◇【悪】に対するに【善】をもってすること
 ◆我を憎む者を愛し、呪う者を祝し、苦しめる者に幸福の至らんことを祈れ!
●【良心とは:カトリック要理より】
 人間の行いの善悪を判断し、善を命じ悪を禁じ、善をほめ悪を戒める神よりの声(ロマ書2-15~16)
●おのれの罪、他人の罪に曇った良心はあなたの言葉を激しすぎると思うだろう。
 しかし、あらゆる虚偽をすてて、見たままをのべるがよい・・・
 傷あとをかゆがるものには、かかせるがいい。
 あなたの声は初めは味わい苦くとも、のちに消化(コナ)されると、
 みなの命の営養(ヤシナイ)となる(神曲 天国篇 第17歌124行以下)
●あなたはある人の為に真剣に、繰り返し祈る事をしないで、その人に絶望することがあってはならない(ヒルティ)

彼等は自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を守る<自由>を勝ち取るために戦っているからこそ、私たちも共感できる行動であり、平時において【ビジョン:理想・夢・志】を目指す【同志・同労者】だといえるでしょう。

【キリスト精神】と【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う良心的兵役拒否は左翼的反戦運動と異なると思います。
戦争を完全否定するのではなく、【神の愛=主イエス】と共に、自分らしい、<戦い方>を選択することだからです。
私たちの人生には国家間の戦争だけでなく<平時の戦い>は日常茶飯事であり、避けることは困難といえます。

そして、【神の愛=主イエス】は私たちが【聖戦】に<愛と自由の戦士>として積極的に志願することを喜ばれます。

●キリスト・イエスの善い兵卒として私と苦しみを共にしてほしい。兵卒に服している者は、日常生活の事にわずらわされてはいない。ただ、兵を募った司令官を喜ばせようと努める(テモテ後書2‐3~4)

【キリスト精神】に従って<良心的兵役拒否>を認めることは、同時に死刑廃止をも認めることだといえるでしょう。
「戦争が嫌い」ということではなくて、【神の愛=主イエス】は<個人の尊厳>を守る個人主義を重んじるからです。

●個人とは個々の霊魂(たましい)である。英語では【individual】分かつべからざるものの意である(内村鑑三
●個人は分かつべからざる者で、人そのままである。神の子、永久の存在者、自由独立、不滅の固有性を有し、全世界を代価に払うても贖(アガナイ)うことのできないほど貴いものである(内村鑑三
●戦いに勝って勝つのではない、真理に従って勝つのである。戦いに負けて負けるのではない、真理に反して負けるのである(内村鑑三

<仇敵>よりも<愛敵>を選択する若者や軍部エリートたちは本当の宿敵は誰であるかを理解しているのです。
本当の宿敵とは自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<内なる声>に従う【自由意志】を選択できないように、【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を弾圧し発揮できぬように封じ込めてしまい、【ビジョン:理想・夢・志】を目指すことを疑い恐れる自分自身の<ためらいの心>といえるでしょう。

●神に従う生活をしない者はただ怖れにばかり支配される(ツィンツィンドルフ)
●私たちの宿敵は「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間しかなれないのです(ヘレン・ケラー

自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う<自由意志>の決断は、平時に生きる私たちにも通じる重大な霊的問題だと思います。

帰属する組織の論理や世間体や義理人情や利害損得に妥協せず、<良心的選択>できる<心の自由>を
守りきることは簡単でありません。だからこそ、【神の愛=主イエス】に信頼することをお奨めします!

●我、神に依(ヨ)り頼みたれば懼(オソ)るることあらじ、人は我に何を為し得ようか(詩篇56‐12)
●主は霊である。主の霊のあるところに自由がある(コリント後書3‐17)
●真理はあなた方を自由にさせる(ヨハネ伝8‐32)
●あなた方が召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を肉のはたらく機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい(ガラテヤ5‐13)

私たちが【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<内なる声>に忠実な【ビジョン:理想・夢・志】を目指す【自由意志】を選択して決断と実行するならば、【神の愛=主イエス】と共に歩む【ミッション:使命・天職】に通じていると思います。

●他のいかなる自由よりも、先ず第一に良心に従って知り、考え、信じ、かつ言うことの自由を我に与えたまえ(ミルトン)
●神が人に命じ人が神に応える所に良心がある。良心とは人の神覚である。人を離れて人が独り神と相対して立つ時に良心がある (内村鑑三
●道徳は人の道であり、良心は神の生命である(内村鑑三

私たちの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を満足させる【ビジョン:理想・夢・志】は【神の愛=主イエス】の【御心】から生まれた<贈り物>であるからこそ、大切に愛し守り育てることへの【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気骨】が湧き上がるのです!

●神の御心にかなうことを求めて行う以上に快い気分を覚えさせ、喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
●自分の心のままを行うためでなく、私を仕わされた方の御心を行うためである(ヨハネ伝6‐38)
●私自身の考えでするのではなく、私を仕わされた方の御旨を求めているからである(ヨハネ伝5‐30)

皆さんが自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を発揮できる【ビジョン:理想・夢・志】を目指す<自由意志>を勝ち取り、【神の愛=主イエス】と共に、【ミッション:使命・天職】に活躍されることを心より応援しています!

●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか(ヨハネ第1書5-4~5)
●私は確信しているが、神の語られる事はみな成就し、神の言葉は一つとして無駄になることはない(トピト記14-4)
●喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある(ガンジー
●情熱をもって君たちの使命を愛せよ。これより美しい事はない(ロダン
●われわれにふさわしいものは、快活と勇気、希望を実現しようとする努力である(エマソン

ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★