【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】の本性&約束⇔【ビジョン】

◇◇尊く素晴らしい大いなる約束⇔【神の本性】である【ビジョン】に生きられる!◇◇<改訂版・再掲載>
【2005年8月11日に作成した<第384回>に加筆】


●命と信心とにかかわるすべてのことは、主イエスの神聖の力によって、私たちに与えられている。それは、御自身の栄光と力ある業と徳とによって私たちを召し出してくださった主イエスを認識させることによる(ペテロ後書1ー3)
●この栄光と力ある業とによって、尊く素晴らしい大いなる約束が私たちに与えられている。それは、あなた方が世にある欲のために滅びることを免れ、神の本性にあずかる者となるためである(ペテロ後書1-4)

【神の愛】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

私たちは【神の愛】に単に生かされているのではなく、【聖霊】の助けによって【神の本性=隣人愛】に生きることができる!ということを【神の愛=主イエス】が私たちに約束していることは喜びと感謝です!

私なりの解釈では、具体的に言えば、【ビジョン:理想・夢・志】の実現を目指す生き方ができる!という約束です。

どんなに家族・身内や世間体から非難されたり、無理解で孤立無援でも、【神の愛】の栄光と力ある業と徳によって、私たちは厳しい現実問題に屈服・降伏したり、世間に妥協したり、自分勝手に自粛することで、滅びることはありません!

キリスト教は世をあきらめずして、世に勝たしむるものなり(内村鑑三
●真っ先に人間に慰めを求めないで、神にそれを求めなければならない(ヒルティ)
●神に従う生活をしない者は、ただ怖れにばかり支配される(ツィンツィンドルフ・同胞教会設立者)
●我れ神に依頼(ヨリタノ)みたればおそれなし。人、我に何をなし得ようか(詩篇56-11)
●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、 これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)

素晴らしい【神の愛の約束】のおかげで、どんなに困難でも【ビジョン:理想・夢・志】を目指す<不屈の楽天主義・楽観論>の【生き方】は、世間的には不思議に映るでしょう。

●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
 途方にくれても、行き詰まらない
 迫害にあっても、見捨てられない
 倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)
●人に知られていないようで、認められ
 死にかかっているようで、生きており
 こらしめられているようで、殺されず
 悲しんでいるようで、常に喜んでおり
 貧しいようであるが、多くの人を富ませ
 何も持たざるようで、全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10)

先日の「臨死体験」を扱うTV番組で、【神の愛の約束】ゆえに【ミッション:使命・天職】に導かれたことに感動するエピソードが紹介されていました。

幼い頃に天体に魅せられた青年が、現実問題を考えたのでしょう、憧れの天文学者の道を断念して、別の職業に就きます。
彼は病気で「臨死体験」を経験するほどの絶体絶命の危機に直面します。

死にかけている間に、彼の【霊性:魂〈勇気〉・善意・良心】が感じた【ビジョン:理想・夢・志】とは、お寺の座敷のような場所で大勢の人たちに向かって、天体について楽しそうに語っている自分の姿だったそうです。

臨死体験の危機が、天体について研究して、語るべき【ミッション:使命・天職】があるのではないかと再認識できた瞬間でした!

●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の生涯は無意味なり(内村鑑三)
●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは我々を普通の卑近な意味で幸福にすることではない。むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行いをすすんでしようとする人、一言でいえば、英雄的な人にするためである(ヒルティ)

奇跡的に生還できた彼は、世界でも有名な「コメット・ハンター(彗星発見者)」となったのです。4年間で3つの彗星を新発見したり、世界中の天文学者によって見失われていた彗星を130年ぶりに発見するなど、アマチュアとして驚くべき偉業を実現し続けています!

メルマガで私が紹介している感動的エピソードの人々の多くは、恐らく「クリスチャン」でもなく、キリスト教や【聖書】と無関係でしょう。
キリスト教・【聖書】と無縁だからといって、【神の愛】は異教徒・不信者を見捨てることなどないと確信できます。

【神の愛=主イエス】は教会の外の【荒れ野】に生きる<迷える子羊>こそを愛し大切に守られていることに感謝します!ハレルヤ!

●真理は教会よりも大なり(内村鑑三
●神は何らかの教会制度や、さらにある一定の学問の中に限られてはいない。そのようなものがなくとも、神は自らを知らしめ給う(ヒルティ)
●教理を知らないでもクリスチャンである者が少なくない。キリスト教は証明せらるべき教義ではなくて、生活さるべき一つの生命である(ヘンリー・ドラモンド)
●キリストは教会の救い主にあらずして、世界の救い主なり。彼は今や狭き教会を去って広き世界に偏在したまう。キリストの教会は世界にして会員は人類なり(内村鑑三

【神の愛】にとって、【神の愛】の側にある本当の「信者」とは、教会に通うことではなく、世間体より【ビジョン:理想・夢・志】を守って、自分よりも大切に信じる人々のことではないでしょうか。

●あなたに委ねられていることを守りなさい。そして俗悪なむだ話と偽りの「知識」による反対論を避けなさい(テモテ前書6-20)
●不信仰とは誰ぞ、我を張る者なり。信者とは誰ぞ、他にゆする者なり。
  自己中心とする、これ不信者なり。自己をなきものにするこれ信仰なり(内村鑑三
●神の側に立とうと決心するがよい。次にはあなたの力と個性に合わせてあなたに個人的に下される神の命令に従え(ヒルティ)
●人の計画は成りて敗れ、神の計画は敗れて成る(内村鑑三

【神の愛】は、私たちにも分け隔てなく平等・公平に、【ビジョン:理想・夢・志】実現の【ミッション:使命・天職】が用意されていて、【ミッション:使命・天職】実現に不可欠な【タレント:個性・才能・可能性】も生まれつき充分に与えてくれていることを信じましょう!

特に私たちが理解しておくべき大切なことは、【神の愛】から託され与えられた【無償ギフト・賜物】である【ビジョン:理想・夢・志】も【ミッション:使命・天職】も【タレント:個性・才能・可能性】も、当初は【現実の自分】には似合わず、無能・無力・無知・無縁な存在であると思い込み、世間体や【この世の勢力:富権威・名声】に惑わされて、勝手に放棄する危険があるということです。

従って、【現実の自分】には大きすぎる【ビジョン:理想・夢・志】や【ミッション:使命・天職】を心に抱けたら、大いに感謝しましょう!
壮大な【ビジョン:理想・夢・志】は、弱き醜悪な【現実の肉欲】からではなく、【神の本性:聖欲】から与えられた証明だからです!

●主が言われた『私の恵みはあなたに対して十分である。私の力は弱いところに完全にあらわれる』それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ喜んで私の弱さを誇ろう(コリント後書12~9)
●神はあなた方にあらゆる恵みを豊かに与え、あなた方を常にすべてのことに満ち足らせ、すべての善いわざに富ませる力のある方である(コリント後書9‐8)
●嘆くのはやめて旅をし続けるがよい。すでに与えられたものをしっかり守れ。
 この午後をなお歩み続けるならば、夕べには平和がさし招くであろう(ヒルティ)
●【最大の能力(内村鑑三)】
 確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
 これが世界を動かした力である。
 先ず我の無能を覚って、しかる後に神の大能に頼る、かくて自己は死して
 神、我にありて生きるに及んで、我は真個の勇者となる。

たとえ現実生活が苦難で過酷であっても、私たちには尊き素晴らしい大いなる【神の愛の約束】があって、【ビジョン:理想・夢・志】を目指すことは、無謀でも身勝手でも思い上がりでもなく、それこそが【神の愛の御心】にかなうことを信じましょう!

●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、私たちの参加すべき競争を耐え忍んで走りぬこうではないか。信仰の導き手であり、また、その完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか(ヘブル書12‐1~2)
●はっきり言っておく。私を信じる者は、また私がしている業を行なうであろう。
 そればかりか、もっと大きな業を行なうようになる。私が父のもとに行くからである。
 私の名によって願うことは何でもかなえてあげよう。父が子によって栄光をお受けになるためである。何事でも私の名によって願うならば、私がそれをかなえてあげよう(ヨハネ伝14-12~14)
●我々は神の命じ給う道を歩いていれば日々その務めと力とが自ずから与えられる。
 特にそれを得ようと思い煩うことはいらない。ただ、それを受け入れて実行すれば善い(ヒルティ)
●なおも神の御手と御心にさからわず
 勇気と希望を少しも捨てぬ。
 私は静かに耐え真っ直ぐに前進する(ミルトン)
●試練を耐え忍ぶ者は幸いなり。その人は適格者と認められ、神を愛する人々に約束された命の冠をいただく(ヤコブ書1‐12)
●競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ栄光は得られない(テモテ後書2-5)

皆さんが現実の苦難に耐え忍びながらも、【神の愛の約束】に信頼して【神の愛の本性】である【ビジョン:理想・夢・志】を目指して前進し続けることを心より応援しています!

●主を待ち望め、雄々しくあれ、心を強くせよ、主を待ち望め(詩篇27-14)
●私は思う。今この時の苦しみは、やがて私たちに現されようとする栄光に比べると言うに足りない(ロマ書8‐18)
●愛する兄弟たちよ、確(カタ)くして動かされず、常に励みて全力を注いで主の事(ワザ)に務めよ。主にあってあなた方の労苦が無駄になる事はない(コリント前書15―58)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します。
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)