【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【キリスト精神】は【神の生命】!①

◇◇【キリスト精神】=【神の生命】なる能力ある事実(その1) ◇◇
【2003年6月6日に作成した<第305回>に加筆】 

キリスト教は生命である(内村鑑三)
●キリストは我らの生命である(コロサイ書3-4)
●福音は生命の道である(ヨハネ第1書1-1)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

世間では「生きる力」や「生活力」の<パワー・アップ>が求められています。

内村鑑三は著書の中で【キリスト教の本質】について明確に説明しています。

キリスト教】とは儀式・教会・道徳・理屈ではなくて、積極的な<能力>であり、
世界歴史の中心なる<事実>であると次のように説明しているのです。

 ◆霊魂を復活させ、愚かなる者を智からしむる能力ある事実(詩篇19)
 ◆すべて信じる者を救わんとする神の大なる能力(ロマ書1-16)
 ◆神の国は言葉にあらず、能力に在り(コリント前書4-20)
 ◆大能をもって我が内に働くもの(コロサイ書1-29)

そして、【神の大なる能力】とは;

 ◆破壊力でなく【建設力】、殺す力でなく【活かす力】

つまり、

 ◆【キリスト教(キリスト精神)】は【生命】である!
  動くものであるのみならず、 【意志】をもって動くもの
  動かすものであるのみならず、【愛】をもって動かすもの

結論として、【キリスト教(キリスト精神)】は【神の生命】であり、

 ◆【神の生命】は心の内に【光】となって
  【新生命力】と【新活力】を加える【生活力(バイタリティ)】を提供する!
 ◆信仰により救われるのは、信仰により【この能力=生活力】を我らの能力と
  することができるからであり、死は【生活力】が欠乏してやって来る。
 ◆【キリスト教(キリスト精神)】は【神の大なる能力=神の生命=生活力】を
  豊かに供給して人を永遠にまで救わんとする、キリストなる【神の生命】を
  もって【不朽の生命】を与えんとするものである!

現代の日本は<少子化><高齢化>とか、子供の「生きる力」が不足しているとか、
豊かになりすぎたために、「生活力」が乏しいということを社会問題にしています。

【神の愛】への<信仰(信愛)精神>が乏しくて、【神の生命】が不足しているから
日々新たな【新生命力】と【新活力】が<パワー・アップ>されず、個人だけでなく
社会全体の【生活力(バイタリティ)】までも減退している状態だと、私は感じます。

【神の愛=隣人愛】による【生活力】は私たちの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
日に新たに<リフレッシュ>させてくれます。

そして、【神の愛=主イエス】に向けて【礼拝:★讃美★祈り★感謝】をすることで、
患難辛苦に打克つ【神の愛=隣人愛】による<知恵と力>が<霊感・直感>で与えられ
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に燃えて
【士気・やる気】が高まります!

現在の医療現場や様々な公的機関で不祥事が多発して【士気・やる気】が高まらないのは
<信仰精神>を軽視して、限界のある人間の知恵と能力にだけ頼るからのように思います。
【神の愛=主イエス】に頼って、無限大の【生活力】と<知恵と能力>を求めましょう!

米国では個人的な精神的支援や自己啓発・士気向上のためにセラピーや<コーチング>が
活躍してきましたが、最近ではいよいよ<チャプレン(従軍牧師)>が民間企業組織にも
続々と配備されるようになったとTV報道されていました。

日本でも【生活力】の減退や【神の愛=隣人愛】の冷却といった社会問題を解決するには、
現場で日々努力している人々を励ましたり勇気づける【エンパワーメント】を目的とした
制度や人間力では限界があることを自覚して【信仰精神】を尊重して【神の生命】による
<パワー・アップ>が今や日本の社会全体で必要不可欠になっていると確信します。

●理想の実現は(不可能と見えるのは)人間の力や制度によるのではない!
 「万軍の主の熱心これ成し給うべし(イザヤ書9-7)」(内村鑑三
●【われかキリストか】(内村鑑三
 われがなすのではない、キリストがわれにありてなし給うのである。
 ゆえにわが事業ではない、われは死んだ者である、
 キリストにありて生きかつ働き給うのである。
 これは信仰ではない、また理想でもない、事実である、何よりも確かなる事実である。

世間的に見るならば、現代の日本社会がどんなに解決不能な<最悪なピンチ>に思えても、
<信仰精神>を大切にして【神の大なる能力=神の生命=生活力】を信頼するならば、
【神の愛=隣人愛】で明るく元気に<パワー・アップ>できる【絶好のチャンス】であり、
【神の愛=主イエス】を信愛する私には日本の未来は大いなる希望に満ち溢れています!
ハレルヤ!【神の愛=主イエス】に感謝します!

●神の力強い活動によって働く力が、私たち信じる者にとって、
 いかに絶大なるものであるかを、あなた方が知るに至るようにと祈っている
 (エペソ書1-19)
●我等に必要なものは必ず与えられるべし、しかも前もって与えられず
 必要の時に与えられるべし。ゆえに我等は要なき物を要なき時に祈り求めて
 主たる我等の神を試むべからず(内村鑑三
●主によりて歓喜をなせ、主は汝の心の願いを汝に与え給わん(詩篇37-4)
●汝の道を主にゆだねよ、主に信頼せよ、主はそれをなしとげ
 光のごとく汝の義をあきらかにし、真昼のごとく汝の訴えをあきらかにし給わん
詩篇37-5~6)
●すべて彼(主イエス)を信じる者は失望に終わることがない(ロマ書10―11)

★★【その2】につづく★★