【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

天地万物は【神の愛】のもの!①

◇◇「会社」は株主のもの、「万物:天然・社会・私」は【主イエス=神の愛】のもの!(その1)◇◇
【2005年3月16日に作成した<第367回>に加筆】 

●イエスは言われた。「では、皇帝(カエサル)のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」彼らは、イエスの答えに驚き入った(マルコ伝12-17、マタイ伝 22-:21、ルカ伝20-25)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは。ご愛読に感謝します!

今日現在、様々な【苦難】にあっても、【再起・復活】のために、【神の愛】が慰め励ましてくれます!
明日こそ、【ビジョン:理想・夢・志】の実現を目指すために【神の愛】が勇気と希望を与えてくれます!
皆様の心に【神の愛】が宿り、存在を実感できますように【主イエス】の御名によって祈ります!アーメン

日本では所有権・主導権について論争が盛んです。会社は誰のものか?海底資源・島は誰のものか?政治は誰のものか?
メディアは誰のものか?税金・郵貯は誰のものか?憲法・規制は誰のものか?行政・公共は誰のものか?地球は誰のものか?

「究極の答え」は【主イエス=神の愛】のものであり、豊かに【神の愛=隣人愛】を育てて捧げるものであると私は主張します!

●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり。
 福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
 福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三
●【キリスト教の真意(内村鑑三)】
 活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
 これキリスト教の真実となす。
 -天体に神の栄光を探る
 -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
 -詩歌に神の無限の愛をたたえる
 -美術に神の美妙の理想を現わす
 -農は神と共に神の地を耕すこと
 -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
 -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
●御子(主イエス)は見えない神の形であって、すべての造られたものに先だって生まれた方である(コロサイ書1-15)
●万物は、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、位(王座)も主権も、支配も権威も、みな御子にあって造られたからである。これら一切のものは御子によって造られ、御子のために造られたのである(コロサイ書1-16)
●御子は万物よりも先にあり、万物は御子にあって支えられ成り立っている(コロサイ書1‐17)
●我(主イエス)を見し者は父を見しなり(ヨハネ伝14-9)
●神はキリスト(愛)を目的に、キリストに在りて、キリストをして、宇宙万物を造り給へり(内村鑑三
●神は愛なり、宇宙は愛の機関なり(内村鑑三
●愛は神の霊としてこの世界に満ち満ちている(ヒルティ)
●神は時おり、自然の出来事や自然の事物を通して、私たちに話しかけることもある(ヒルティ)
●世界が造られた天地創造の時から、目に見えない神の性質、すなわち神の永遠の力と神性とは、被造物に現われており、これを通して神を知ることができる(ロマ書1-20)

【この世】に生まれてきた時にすでに、社会で活躍できる【神の愛】からの【最善の賜物】が備えられていることを信じましょう!
【タレント:個性・才能・可能性】と、それを最善発揮できるための【ビジョン:理想・夢・志】であり【ミッション:使命・天職】です。

●神は御意(ミココロ)を成さんために、汝等の内にはたらき、汝等をして志望(ココロザシ)を立て、業を行わしめ給えばなり(ピリピ書2-13)
●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)
●青年よ大志を抱け!(クラーク)
●汝の車を星につなげ!(エマーソン)
●失敗は罪ではない、目的が低いことが罪である(内村鑑三
●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
●神の御心にかなうことを求め行なう以上に快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三
●人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない(吉田松陰

私たちが【主イエス=神の愛】である【神の愛=隣人愛】を【ミッション使命・天職】として【報恩感謝・恩返し】する!と決断すれば、どんな家族・社会・企業・組織・民族・国家に属そうとも、いつでも【ビジョン:理想・夢・志】の実現を目指せばよいことになります。
世間がなんと言おうとも、【主イエス=神の愛】があるからこそ奇跡的に地球環境も天然宇宙も私の生命も守られているのです!
【この世】だけでなく【来世】と【永遠の命】をも保証しているのが【主イエスの十字架と復活】であることを感謝します!ハレルヤ!

●万物は、神により神から出で、神によって成り神に保たれ、神のために存在し、神に向かって帰する。
  栄光が世々限りなく神にあるように。アーメン (ロマ書11-36)
●【愛】をもって宇宙を造り、宇宙の目的は【愛】、その成りし手段は【愛】、その原理と精神は【愛】、宇宙は犠牲によりて成る(内村鑑三
●御子は神の栄えの光輝、神の本質の真の姿であり、その力ある言葉で万物を保っておられる(ヘブル書1-3)
●神はその力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ天上において御自分の右に座せしめた。彼をすべての支配、権威、権力、権勢の上に置き、また、この世ばかりでなく、来るべき世においても唱えられる、あらゆる名の上に置かれたのである。そして、万物をキリストの足の下に従わせ、彼を万物の上にかしらとして教会に与えられた。この教会はキリストの体であって、すべてのものをすべてのもののうちに満たしている方が、満ちみちている場に他ならない(エペソ書1‐20~22)

私たちは【【霊性:魂〈勇気〉・善意・良心】を解放させ光り輝かせて、いつでも壮大なる【ビジョン:理想・夢・志】を抱けるように【主イエス=神の愛】への≪超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!≫の【礼拝:讃美と祈りと感謝】を捧げましょう!

そうすれば、【聖霊】の働きによって無限の【バイタリティ:生命力・活力】と日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】と【霊感・直感:知恵・新思想・新発見】が有限無力な自分自身でなく、【神の愛】から注がれて、老いて益々若い【青年の心】をいつまでも持ち続けることができるのです!

●本物の謙遜は自分のものでない力が与えられているという不思議な気持である(ヒルティ)
●【神の力】(内村鑑三)
 神はただ愛と生命と精力とあるのみ。
 「これゆえに、我ら臆せず、我らが外なる人は壊(こぼ)たるとも、内なる人は日々に新たなり(コリント後書4‐16)」
 神にありて我が失敗は失敗にあらず、我が弱きは弱きならず!
 「(弱った者には力を与え、勢いのない者には強きを増し加えられる。 年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も疲れ果てて倒れる。
  しかし、)我が神にありて新たなる力を獲、ワシの如く翼を張りて昇り、走れども疲れず、歩めども倦まざるなり」(内村鑑三:イザヤ40‐31)
●【神の生命=神の愛の力⇔新生命力・新活力・新思想】(内村鑑三より)
 ◆霊魂を復活させ、愚かなる者を智からしむる能力ある事実(詩篇19)
 ◆すべて信じる者を救わんとする神の大なる能力(ロマ書1-16)
 ◆神の国は言葉にあらず、能力に在り(コリント前書4-20)
 ◆大能をもって我が内に働くもの(コロサイ書1-29)
 ◆【神の生命】は心の内に【光】となって
 【新生命力】と【新活力】を加える【生活力(バイタリティ)】を提供する!
 ◆信仰により救われるのは、信仰により【この能力=生活力】を我らの能力とすることができるからであり、死は【生活力】が欠乏してやって来る。
 ◆【キリスト教(キリスト精神)】は【神の大なる能力=神の生命=生活力】を豊かに供給して人を永遠にまで救わんとする、キリストなる【神の生命】をもって【不朽の生命】を与えんとするものである!
●新思想とは;
  ★新鮮なる思想
  ★人に新希望を供する思想
  ★人に新生命を供する思想
  ★人に新計画を供する思想
  ★羽翼を張りて中天に翔(アガ}らんとする意欲を興す思想(内村鑑三

★★【その2】につづく★★