【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

汝の道を進め!

◇◇ 汝の道を進め ◇◇【2001年10月23日に作成した<第190回>より】
2001年10月21日日本TV「知ってるつもり・イスラエル首相ラビン」
     10月22日朝日新聞夕刊8面「自分と出会う・皆川達夫」を観て

●汝の道を進め、人々をしてその言うにまかせよ(ダンテ)
●自分の仕事を知り、それをなせ。我々に大事な務めは遠くのほうにおぼろげに
 あるものを眺めているのではなくて手元にあって、はっきりしていることを 
 行うことである(カーライル)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

平和と自由を愛する者ほど、自分が本当に目指すべき道を見誤っていることが
多いことをいつでも歴史が示してくれます。

【イエスの福音】をユダヤ民族の信仰から世界的な人類救済の信仰に導いてくれた
聖人パウロにしても、当初は反キリストの立場こそが正義と信じて【イエスの福音】を
迫害していたことにも証明されています。

私たち各自が本当に目指すべき道である【使命・天職】を発見するためには多くの場合は
過去の自己と決別して、生まれ変わって人生をやり直すぐらいの覚悟を必要とするのでは
ないでしょうか。

だからこそ、人間の叡智と能力を超えた【イエスの生涯と教え】に信頼して導いてもらう
必要があるのだと私は信じます。そうでなければ周囲の反対や引き止めなど【情実の絆】に
妨害されて、本当に目指すべき道を歩むことができなくなる危険があるからです。

●心を尽くして神を愛せよ、それからあなたの欲することをなすがよい(ヒルティ)

【神の意志と計画】によって人類最大の困難とされる【エルサレムの地の和平】に勇敢にも
立ち上がって挑んだラビン首相の生涯においても、私たちは勇気と希望を与えられました。

彼の暗殺は決して不条理の悲劇ではなくて、真実の証明だと私は信じるからです。

ラビンは幼い頃からユダヤ難民として迫害された人生を送り両親が夢見ていたエルサレム
地を取り戻すことこそが平和をもたらすことだと信じこんでいました。彼は勇敢な戦士として
6日戦争の指揮官となって、武力によってエルサレムを奪還することに成功します。

それまで友好的に仲良く生活していたユダヤイスラムアルメニアキリスト教徒たちの
中に投げ込まれた【剣の力】によって、お互いの勢力争いが激しさをまして50年間という
長い紛争を引き起こすことになってしまいました。

良かれと信じていた信念に疑いを抱いたのは、英雄ラビン自身でした。彼の【善意・良心】を
取り戻させたのは孫娘の一言だったそうです。

それはテレビのニュースでイスラエル軍隊がパレスチナ市民の子供たちを殴っている姿を観て
孫娘が「どうしてあんなことをしているの?」と聞いた時に、ラビンはっきり答えられなかった
のです。

皆さんもご存知のようにラビンは宿敵のパレスチナPLOのアラファトと和平交渉をする決意
をして見事に、はじめて握手を交わして、和平合意に調印したのです。

ラビンは平和と自由を愛する勇気によって目覚めて生まれ変わって人生をやり直したのです。
本当のリーダーとして目指すべき【使命・天職】を発見した瞬間でした。

ラビンの家族がイスラエル民衆に呼びかけた「平和集会」にはラビンが予想していたよりも
はるかに多い20万人が結集してくれたそうです。その日ラビンはうれしそうに微笑みながら
民衆と共に和平の歌の歌詞を高らかに叫んでいるところが映像に残されています。

「♪その日がいつか来るというなら、
 ♪今日をその日にしよう
 ♪街角で平和を叫ぼう」

その直後に満足して会場を去るラビンは背後からユダヤ人によって殺害されてしまいました。

平和と自由を取り戻そうとする勇敢な【愛の勇士】ほどに、かえって同族・身内から暗殺される
のを歴史で何度も観てきました。そして、【イエスの十字架】が示してくれたことによって、
そのような愛による無抵抗の殉教こそが正義であることを私たちは確信できるのです。

●誠に実に汝等に告げん、一粒の麦も地に落ちて死なずば、ただ一つにて残らん。
 もし死なば多くの実を結ぶべし(ヨハネ伝12-24)
●正義は敗れて興り、不義は勝ちて滅ぶ(内村鑑三
イエス・キリストの心とは人に善をなし、善をなすがゆえに人に憎まれ、憎まれながら自在に
 人を赦し、死に至るまで彼等を愛するの心である(内村鑑三

私たちの多くはラビンのような立場ではなく、そのような厳しい試練と【使命・天職】を託されて
はいないかもしれません。しかし、【愛の戦士】として勇敢に戦う事は私たち各自の【使命・天職】
であると私は信じています。

●人が天から心を授かったのは愛するためのみである(ボワロー)
●全ての人を愛し、わずかの人を信じ、何人にも悪をなすなかれ(シェークスピア

世界平和や人類救済や動物保護や地球環境保全といった世界問題に取り組むことは、私たちでも
参加できるのです。何故なら、私たちは神から観れば世界で【オンリー・ワン】の貴重な存在で
あり、この世で自分しかできない特有の【使命・天職】を発揮できる充分な資格を有している
からです。

エスが人類の救世主として登場した時に、洗礼者ヨハネは直ぐにでも世界平和が実現される
奇跡的大改革を期待したのでしょう。神の子ならばどんな奇跡でも起こせるはずだからです。
しかし、洗礼者ヨハネは投獄されイエスによって助けれることもなく処刑されてしまいます。
そのためあの偉大な洗礼者ヨハネでも牢獄の中でイエスのことを本物であるかを疑ってしまい
ます。

また、裏切りのユダにしても、彼は政治的革命を望んでいたのでしょう。直ぐにでもイエス
この世の支配者として悪者を権力から追放してイエスの王国を築いてくれると期待したのに、
エスは政治権力やこの世の富・権威・名声などに全く無関心であり、貧しく差別迫害されて
いる病人や女性や罪人など、世間の小さき目立たぬ存在と共にいるだけでした。

そのためユダはイエスのようなやり方では決して世直しも政治改革などできないと失望して、
エスを見捨てたのではないでしょうか。

しかし、現実は違いました。イエス自身のわずか2年足らずの公的行動は中東のはずれの
わずか100キロ圏内で実践された貧困救済活動でしたが、その【福音:キリスト精神】は
世界中に伝道されて2000年後の現在でも、なおも成長し続けて何よりも光輝いています。

確かに、いまだに世界平和も人類救済も完全には実現されてはいませんが、私たちは各自が
どうすれば世界平和や人類救済がやってくるか【エデンの薗】が再現できるかを既に理解して
いるのです。それは、自分に託された一見目立たないような無意味なような【使命・天職】を
実践することだと思います。各自が進んで喜んでできる夢の実現こそが、実は世界平和にも
通じることを知ったなら、この世は間違い無く平和に向かって前進するのです。

●天国とはどこのことでもない。人が人を愛するところである(内村鑑三

皆川達夫さんもまたその実践者の一人だと思います。皆川さんは幼い頃に東西の古い音楽に
魅了されて大人になったら「音楽史」の研究者になる【ビジョン:志・夢・理想】を抱きます。
しかし、彼が青年の頃に太平洋戦争が勃発して、夢を追うことができなくなり、かといって
戦争で死ぬのも人を殺すのもイヤなので、人間が生きる唯一の道として医学に進んだそうです。

ところが、医学勉強の途中で終戦を迎えることになります。彼は念願の「音楽史」研究の道を
目指すとします。一度死んだはずだから、たとえ食えなくてもよいと思っての決意でした。
しかし、周囲ではせっかくの医学の道を捨てての決断に反対したそうです。
「医者は人を救うことができるが、音楽ではできない。医者になれ」と忠告されたのです。

皆川さんは反対されることで「音楽でも人を救うことはできる!」という信念を堅くするのです。
皆川さんは自分の描いた【ビジョン】を見事に実現させたのです。音楽史研究者として成功して
素晴らしい音楽を日本に紹介し続けたのです。

医者にならずに、音楽史研究を選んだことが、皆川さんの【使命・天職】であったことの証明が
ずっと後の日に示されたのです。

それは皆川さんが女子大で講義した後に一人の学生がやってきて次のような話をしてくれた事に
よって明らかにされたのです。
「先生、私がこの世に生まれて、今日あるのは先生のおかげなのです。」

彼女を胎内に宿している頃に母親は病院のベッドから起き上がれないほど苦しんでいたそうです。
そんな時に、唯一の救いとなったのが、皆川さんが20年間解説していたNHK・FM放送の
バロック音楽の楽しみ」という番組だったのです。

「この世にはこんなに美しい音楽あるのだから、私もがんばろう」と思い直して母親は無事に
出産できたのだそうです。

皆川さんが信じていたいように、まさに音楽で人が救えたのでのす!
皆川さんにとって、忘れられない感動の瞬間であったはずです。そして、私たちにも大いなる
勇気と希望と励ましとなる福音です。

●汝らの信ずるごとく、汝らに成るべし(マタイ伝9‐29)
●あなたがたが、私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことはこれを実行しなさい
 そうすれば、平和の神があなたがたと共にイマすであろう(ピリピ書4‐9)

先ずは、自分の目指したい【ビジョン:夢・志・理想】の実現を信じ祈りましょう。そうすれば
必ず道は、その時にかなって開けるはずです。

●何でも祈り求めたことは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすればそのとおりになる
 であろう(マルコ伝11‐24)

私たちもそれぞれが目指すべき道に向かって人生の方向転換をしなくてはならないかもしれません。
この人生最大の決断の時を「最大のピンチ」として見誤らずに【絶好のチャンス】として逃さずに
つかみきって下さい。そして、その勇気と希望と励ましになる【導き手】なる【大いなる力】が
【聖書・イエスの生涯と教え】であることを覚えていてください。きっと役に立つはずです。

●機会が人を見捨てるよりも、人が機会を見捨てる方が多い(仏ことわざ)
●人は義務を果たさんがために生きる(カント)
●義務とはあなたが他人に期待するところのものである(ワイルド)

皆さんが自分に目覚めて生まれ変わり人生やり直しを覚悟した勇敢なるチャレンジを心から
応援しています。

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)