【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ネバー・ギブ・アップ】!

◇◇ ネバー・ギブ・アップの精神 ◇◇
【2001年2月24日に作成した<第74回>より】
2001年2月22日深夜0:15NHK再放送
プロジェクトX ~極寒・南極越冬隊の奇跡」を観て

皆さんこんにちは。そしてご愛読に感謝します。

日本初の南極探検の昭和基地での越冬隊の話をはじめてテレビで知り
感動しましたので話題にさせて頂きます。

ご存知のように、危険極まりない初めてのチャレンジであるにもかかわらず、
南極探索船の宗谷丸は、当時のオンボロ船を改修したに過ぎません。
日本が独立国としての再建を目指していた昭和30年代当時には、多くの
日本人は正義感や使命感に燃えていたのでしょう。人材・技術提供のために
後のソニーやホンダを含めて1000社のほとんどが無償供給しての国家事業
でした。

しかし、さらに感動すべき話は、当初の計画にはなかったチャレンジです。
それは初の南極大陸で11人が越冬隊として1年間研究のため滞在した事です。
彼等11名は各分野からの出向社員のようなものでしたが、「落ちこぼれ」の
集団つまり、【コーナーストーン】の存在でした。

しかし、この南極探検には当時既に55歳であった探検の神様である西堀氏が
いました。彼が当初の計画にはなかった危険な越冬研究の提案をした人物です。

西堀氏は単なる恐れ知らずの冒険王ではありませんでした。彼は技術者として
真空管発明者でもあり、どんなものにでも好奇心と探求心を抱ける、まさに
自主独立精神とフロンティア精神であるオープンマインド、ポジティブ/プラス思考、
チャレンジ精神の持ち主でした。

彼にこのような精神を育成させた【導き手】がいました。その人はアインシュタイン
です。大正時代に来日した際に、当時高校生の彼は英語会話能力を買われて、
京都古寺巡礼のガイドとなります。その時、アインシュタインの何事にでも興味や
探求心を示す精神に敬服したそうです。

当時の彼は将来の進路に迷っていて、アインシュタインに相談したところ、
「誰もやらないことをあえて目指せ」というような事を言われて、彼の生涯を
決定付ける【使命・天職】に導かれるのです。

彼のその後の人生は、どんな時でも誰もがやる前から不可能や困難と考えて、
やらないことにチャレンジする繰り返しでした。

「やる前からあきらめる奴は一番つまらない人間だ」

彼は常に越冬隊の精神的リーダーとして、どんな試練にもめげず、くじけずに
チャレンジし続けます。

初めてのマイナス50度のブリザードの中での幻想までみてしまう恐怖の世界で
誰もが研究テーマすら見出せずに、毎日マージャンをするだけとなっていきます。
どうせ欧米にはるかに遅れた研究・経験しかない日本であり、その落ちこぼれの
自分たちに何ができようかというあきらめムードが昭和基地全体をおおっていた
にもかかわらず、西堀氏だけは毎日自分の好奇心に従って、常に新たな研究に
専念していました。

しかし、残りのメンバーを決して軽蔑する事も説教することもなく無理やりに何かを
させることもしません。彼等もそのような態度にかえって申し訳なく思いますが、
やる気も自信もない【コーナーストーン】には自らどうすることもできないのです。

そんな彼等に意欲を取り戻す事ができたのは、西堀氏のアイデアによる無線交信
でした。南極から日本の昭和基地としてメッセージを発信した直後に、世界中の
多くのアマチュア無線家から「今何を研究しているのですか?」という彼等への
多くの関心や期待の声を聞く事ができたのです。

「お前たちは自分を卑下するな!」と西堀氏には鼓舞され、無線仲間にも
励まされて、遂に彼等は立ち上がります。彼等は各人が自分のテーマを決めて
研究をはじめるのです。

その中に最後まで研究テーマを発見できない北村さんがいました。そんな彼も
オーロラの美しさに魅了されて、遂に彼の生涯の研究テーマであり、彼自身の
【使命・天職】に導かれるのです。何事も時が必要なのですね。

しかし、彼には【試練】が与えられます。毎日の測量所にこもり徹夜の連続の
研究に、ある日、うたた寝をしてしまいます。その時にストーブの火が原因で
研究成果と測量機が全て灰となったのです。

彼は絶望してやる気を失いかけます。自分はやっぱり【落ちこぼれ】なんだと…
そのな彼を数日後に西堀氏は自室に呼びます。怒られるのかと恐る恐る部屋に
行くと、そこには手作りの「測量機」があったのです!!

「失敗すれば、またやり直せばいいのだ」という精神を北村さんはその時に
心の深く【魂】に刻まれるのです。

そんな北村さんは現在70歳を超えても現役の九州大学の教授です。彼は
「オーロラ研究」では世界で有名な存在だそうです。

北村さんには五年前にも大きな【試練】に遭っています。外国での研究時に
「脳こうそく」になってマヒから失語状態になるのです。医者ですらあきらめた
にもかかわらず、5年のリハビリを経て、今は教壇に戻って若者に向けて
どんな時もあきらめずにチャレンジする精神を福音伝道しています。

西堀氏はその後も誰もができなと思う事にチャレンジし続けたそうです。
70歳で初めてヒマラヤ5000メートルに登頂したり、その後は全財産を
投じて船を買って「海洋研究」に専念して86歳の生涯を終えたそうです。

●青年、壮年とは
 常に不可能を計画する人
 常に大改革を望む人
 常に詩人的にして夢想する人
 常に利害にうとき人
 常に危険を感ぜざる人(内村鑑三

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★皆さんの【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
 
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!

●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる
 (マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン