【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

患難辛苦の克服⇔【礼拝】の力!

◇◇ 試練である患難を克服できる【礼拝:祈りと感謝】の力! ◇◇
【2001年6月16日に作成した<第149回>に加筆】

●常に喜び、絶えず祈り、すべての事に感謝しなさい(テサロニケ前書5-16~18)
●【常時歓喜!不断祈念!万事感謝!】
 いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
 これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである(テサロニケ前書5‐16~18)

★★「NY大学リハビリテーション研究所の壁にある祈りの詩」に学ぶ★★ 
 「会田夏彦とその仲間達のHome Page」より抜粋
  http://www.nsknet.or.jp/~kmg/index.html

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

●「祈りの詩」
       
   大きなことを成し遂げるために
    力を与えてほしいと神に求めたのに
      謙虚を学ぶようにと 弱さを授かった

   偉大なことができるように
    健康を求めたのに
      よりよきことをするようにと 病気を賜った

   幸せになろうとして
    富を求めたのに
      賢明であるようにと 貧困を授かった

   世の人々の賞賛を得ようとして
    成功を求めたのに
      得意にならないようにと 失敗を授かった

   求めたものは一つとして与えられなかったが
    願いはすべて聞き届けられた
  
   神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
    心の中の言い表せない祈りは
      すべて叶えられた

   私は 最も豊かに祝福されたのだ

この「祈りの詩」は人生における様々な苦悩や患難を克服するための考え方が見事に示されていると思います。
私たちの人生で出くわす【患難辛苦】はまさに【試練:神愛の訓練】であり【神愛の導き】であると確信できるならば、私たちは既に救われたと言えるでしょう。

【神の愛=主イエス】に頼り、信愛すると、誰もがあきらめたり、損得利害関係では遠慮するような、世間的常識では≪困難≫に思われても、挑みたくなり、自分の心にある【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を呼び覚ましてくれます。

【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】で≪熱き思い燃える心≫となって≪患難辛苦≫に挑む!【パッション:受難覚悟の情熱・熱意・気概】が私たちを≪霊的≫に前進させてくれます!
【この世の勢力:富・権威・名声】から見捨てられた≪困難≫にこそ、【試練:神愛の導き】を実感できるようになります。

これこそ≪積極的人生≫に導く、実践的・革新的・挑戦的な【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】だと思います。

キリスト教の神は是(しかり)<yea/yes>である、
 否(いな)<nay/no>ではない (コリント後書1‐19)
 神は建つる者であって、壊す者ではない、奨励する者であって、批難するものではない(内村鑑三
●すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、また彼の中にアーメンとなる。神は是なり、またアーメンなり。
 彼は万事において積極的なり。
 しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、すなわち
 全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり<全てにおいて積極的人物となる> (内村鑑三

先ずは、感謝と共に自分の目指す望みを祈り求めることです。そうすれば、たとえ最初はどんな結果であろうとも、そこにも間違いなく【神の愛=主イエス】に聞き届けられたという成果を見出せるはずです。

●求めよ、さらば与えられん。さがせ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん(ルカ伝11-9)
●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三
●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
 苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
 あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう(詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
●創造者、主、すべてを形づくり、確立される方。その御名は主。主はこう言われる。
「私を呼び求めよ。そうすれば、私はあなたに答え、あなたの知らない隠された理解を超えた大いなる事を、あなたに告げ知らせよう」(エレミヤ記33-2~3)
●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう(マルコ伝11‐24)
●真の祈りはただの祈りではない。一種の預言である。即ち必ず成就すべき事を前もって語に表することである(内村鑑三
●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。祈祷が聴かれないのではない。我等が祈求むるところ、思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三
●汝は永遠の存在者とともに立てり、世はことごとく失するとも汝の事業は滅びざるべし。ただ心を強くし勇み励め(内村鑑三

賀川豊彦氏(1888~1960)は日本の代表的キリスト者であり社会運動家であります。
貧民街で生活して労働運動・農民運動・消費組合・協同組合運動などを創始するなど【キリスト精神】を政治、社会、経済に具体的に応用する事にチャレンジした生涯でした。

彼は日本だけでなく海外にまで招かれて伝道活動を行ったそうです。日本よりも海外の方が彼の功績は有名かもしれません。

彼は【神の愛=主イエス】と対話できる【礼拝:祈りと感謝】に日々の多くの時間を捧げていたそうです。彼の勇敢なチャレンジの背景には間違い無く「【神の愛=主イエス】への【礼拝:祈りと感謝】の≪パワー≫があったのです!ハレルヤ!栄光を【主イエス】に帰します!

●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三
●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦
●神を待つ心に啓示は与えられる(賀川豊彦
●信仰を持って祈る者に新世界が開かれる。信仰ある祈りによって理想は必ず実現せられる(賀川豊彦

彼は実体験から悟った神への祈りの心得として次のように紹介しています。

ゝГ蠅話偲に神への接近であれ
機械的でなく繰返しを言わず、
8栄坊でなく
た世棒盒気擦
ゼ己反省が必要であり、神の前に恨み言を持っていかず
УГ觧?砲惑情を注ぎ
┸仰をもって祈れ
最後には【アーメン:自己反省と誠意を持っているという意味】を唱える事

独りだけ【神の愛=主イエス】と対面する【礼拝:祈りと感謝】の習慣は【キリスト精神】の根本であります。
この実践さえ守っていれば、自己の【ミッション:使命・天職】にチャレンジする時に必ず訪れる患難を克服する能力と知恵を簡単にいつのまにか得られはずです。皆さんも是非ともお試しください。【神の愛=主イエス】からの素晴らしい祝福があるはずです!

●汝ら立ち帰りて静かにせば救いを得、穏やかにして依り頼まば力を得べし(イザヤ書30‐15:ルター特愛の句)
●何事も思いわずらってはならない。ただ、事ごとに感謝をもって祈りと願いをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げなさい(ピリピ書4-6)
●私が神に信頼していた時には神は決して私を見捨てられなかった(クロムウエル)
●苦しみは一時であり永続でなく、神に助けを求めよ。目的が達すれば一瞬に変えられる(ヒルティ)
●聖徒の祈りは天に受け入れられると香料とともに地に下る(黙示録8-3~5)
●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授けたまうのであって、ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン