【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】に見守られている!②

◇◇【見守(知)られている】実感が【信・望・愛】と勇気を抱かせる!(その2)◇◇
【2003年5月22日に作成した<第303回>に加筆】<改訂版・再掲載>
★★SARS問題、裁判員制度、手抜き工事などに考えること★★

★★【その1】のつづき★★

先日のテレビ番組で、全国各地で公共工事で手抜き工事が続々と判明している事が紹介されていました。
たとえば、橋の耐震のための補強工事において、本来ならば鉄筋コンクリートに100cmの長さのビスを打ち込むところを、勝手に切断して半分の長さで終らせていたり、鉄筋を勝手に切断していたり、かえって橋の強度を弱める危険性まであるようです。

この全国的な「手抜き工事」が発覚したのは、現場からの内部密告だったそうです。

以前にも紹介しましたが、「内部告発」もまた【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従った行為です。特に、日本では「内部告発」は身内組織を裏切る「密告」行為であるともみられがちで、どちらかと言えばネーミング自体が陰湿で「暗いイメージ」です。

一方で、欧米では「内部告発」を奨励するために、積極的な明るいネーミングです。
例えば、「ホイッスル・ブローワー(警告の笛を吹く人)」というルール違反を気づかせる<レフェリー役>のネーミングです。
裏切り者でなく、身内組織のためを思うからこそ【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う【使命感・正義感】なのです。

私の記憶では、ある雑誌の表紙に毎年取り上げる「Man of the Year」の昨年の顔は「エンロン疑惑事件」を含めて汚職を告発した「ホイッスル・ブロワー」の三人の女性だったと思います。

日本で起きている「手抜き工事」について「内部告発者」に詳しく取材してみると、現場で直接作業している「下請け業者」だけを責められない実態が判明したのです。

「鉄筋コンクリートの鉄筋を避けながら長いビスを打ち込め」という条件が、現場の工賃に見合う作業でなかったからです。
つまり、鉄筋に接触しないように避けながら、長さ100cmのビスを打ち込む事は容易でなく、一本あたり1万円の工賃で一日6本なら見合う仕事が、何度も打ち直していると一日1本(1万円)で終ってしまうというのです。

さらに、仕事を取ってきてくれる「元請業者」から「次の仕事」を受注するためには、本来あるべき丁寧で誠実な作業をして余計な工数などかける訳にはいかないそうです。

この恐るべき【悪循環】はどうして生まれ、どうすれば解決するのでしょうか?

私が考えるには「下請け業者」の人々は、彼等の【現場の苦労】をよく理解していて、暖かく【見守(知)られている】実感がないから、結局は【霊性:魂[勇気]・善意・良心】までも見失ったのではないでしょうか。

結局、行政は検査と工事のやり直しに膨大な時間とコストと精神的不安を負担する事になったのです。将来においては地元住民の人命までも犠牲になりかねない【悪循環】です。

私には一つの【解決策】があります。それは日本の伝統的な<心づくしの精神>による解決策です。。
たとえば、私たち個人の場合でも、引越し業者や大工さんなど御世話になる時には、感謝の気持を込めて、気持ちよく仕事ができるようにと、10時やお昼や三時には、お茶やお菓子など「さし入れ」をします。

発注する市長や町長も、工事開始前に、現場で実際に作業する「下請け業者」だけを招待して、「昼食懇親会」を開くのはどうでしょうか?

 「皆さんの仕事で橋が守られるのです!苦労をかけますがよろしくお願いします!」
 「何か仕事面で問題があれば、どんな事でも相談してください。」

行政の側から事前に暖かい【励ましの言葉】をかけたら、彼等はどうするでしょう?

 「わかりました!橋の事なら私たちに任せてください!」

●最善の労働者とは最も多くの仕事をする者でなくして、最も貴重な動機をもって仕事をする者である(二宮尊徳内村鑑三の言葉より)

何も高級料亭での大接待など必要ではないと思います。同じ弁当を一緒に食べるだけで、直接顔を合わせるだけでも<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】は生まれるからです。

●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって、私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
●キリストの名によって、あなた方勧める。みな語ることを一つにし、お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい(コリント第1書1-10)
●喜ぶの者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい(ロマ書12‐15)

【神の愛=主イエス】と【神の愛の摂理】を知っている私たちは、一切の心配ご無用で、いつも安心です!ハレルヤ!
たとえ世間や家族に理解されず支援されずとも、最後の最後まで強くて優しく【見守(知)られている】実感があるからです!

●見よ乙女がみごもって男の子を産むであろう。
  その名はインヌマエルと呼ばれるであろう。これは「神我等と共にいます」という意味である(マタイ伝1‐23、イザヤ7-14、8-8,8-10)
●視よ、我は世の終わりまで常に汝等と共に在るなり≪With You Always≫(マタイ伝28‐20)
●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
 人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
 人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
 人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
 神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)

【神の愛=主イエス】に支えられ【見守(知)られている】実感に満ちた私たちならば、【神の愛】を知らずに孤立無援の【隣人・社会】を【見守ってあげる】側に立つ事もできるはずです。私たちは誰でも自分の【現場・立場】を共感してくれる理解者が独りでもいてくれるなら、どんなに勇気と希望が涌きあがるかを知っているからです。

●私たち一人びとりは、隣り人の徳を高めるために、その益を図って彼らを喜ばすべきである(ロマ書15-2)

先日の報道番組で紹介された独立1周年を迎えた東ティモールの少女のエピソードには感動しました。

独立以前の父親はインドネシア政権の役人であり、裕福に暮らしていました。しかし、独立運動が激しくなると、インドネシア政権の横暴が目立ち、父親は独立運動の側につくのです。官舎を追われジャングルでの逃亡生活を余儀なくされた家族は、やがて夫婦離婚の一家離散となります。

両親と離れ、教会施設で暮らす少女は明確な【ビジョン:理想・夢・志】を心に抱jくようになります。
 
 「今は貧しいが国のために私は医者になる!」

「貴方にとって<心の支え>は何ですか?」と質問すると彼女は嬉しそうに語ってくれました。

「見知らぬ米国人からの<善きクリスマスでありますように!>と書かれた励ましの手紙です!」

人を勇気づけ、励まし希望を抱かせる【パワーの源】は、お金や食べ物やモノや家族でもなくて、【現場・立場】を理解し共感してくれる【神の愛=隣人愛】だったのです!

●人はパンのみに生きるにあらず、神の口より出づるすべての言葉による(申命記8-3、マタイ伝4-4、ルカ伝4-4)
●人を生かす者は霊であって、肉は何の役にも立たない。私があなた方に話した言葉は霊であり、また命である(ヨハネ伝6-63)

【神の愛=主イエス】に【見守(知)られている】ことを励みに、皆さんが【ビジョン:理想・夢・志】に前進し続けらるように心より応援しています!

●人に知られていないようで、認められ
 死にかかっているようで、生きており
 こらしめられているようで、殺されず
 悲しんでいるようで、常に喜んでおり
 貧しいようであるが、多くの人を富ませ
 何も持たざるようで、全てを持っている(コリント後書6-9~10)
●四方から患難にあっても、窮しない
 途方にくれても、行き詰まらない
 迫害にあっても、見捨てられない
 倒されても、滅びない    (コリント前書4-8~9)

ハレルヤ!栄光を主に帰します
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★