【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【礼拝】&【神助】で心配御無用!①

◇◇ 【神助】に頼るならば、一切の心配ご無用!(その1)◇◇<改訂版・再掲載>
【2001年7月20日に作成した<第163回>に加筆】
★★【ゲッセマネの祈り】に学ぶ★★

●我が扶助(タスケ)は天地を造り給える主より来る(詩篇121-2)

●【ゲッセマネの祈り】
(マタイ伝26‐36~44、マルコ伝14‐32~42、ルカ伝22‐39~46)
◆「私は悲しみのあまり死ぬほどである」(マタイ伝26‐38、マルコ伝14‐34)
◆「アバ、父よ、あなたには、できないことはありません。
  どうか、この杯を私から取りのけて過ぎ去らせて下さい。しかし、私の思いでなく、
  御心のままになさってください。」(マタイ伝26-39、マルコ伝14‐36)
◆イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた。
 そして、その汗が血のしたたるように地に落ちた(ルカ伝22-44)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

私たちの人生は心配と不安だらけです。完全主義でマイナス思考ならばなおさらです。

ところで、<人間理想>である【主イエス】ご自身は人間理想であ常に革新的で実践的な
【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】に
に満ち溢れた<不屈の楽天主義・楽観論>の【自由・平等・寛容・博愛】の精神でした。

そんな【主イエス】ご自身でも、弟子との最後の晩餐を終えて、ユダの裏切りによって、
捕えられる直前に、とても悲しみと苦しみに陥ったことが、上述のように【聖書】には
ゲッセマネの祈り】として克明に記されています。

この記録こそが、私たちに大いなる慰めと励ましと勇気と希望とを与えていることに
私は感謝しています!ハレルヤ!

これから【主イエス】自身の身に起こる≪生涯最大の試練≫である恥辱と悲嘆・苦痛の
【十字架上の贖罪死】の体験を直前にして、まるで<血の汗>がしたたるように懸命に
恐れと悲しみと苦しみもだえる≪人間の姿≫を隠すことなく弟子の前に示す事によって
【主イエス】は【神の愛】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】の<手本>を実践しました。

人生最悪の<どん底>では【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を
捧げ続けて、耐え忍び困難を克服する【最善方法】を私たちに身をもって教示したのです。

実際に≪災難≫が起きる直前の【ゲッセマネの祈り】では【主イエス】自身があれほどに
恐れ悲嘆に暮れていたのに、現実に祭司長やローマの法官の前で辱められ拷問され大衆に
愚弄され追放されて恐るべき苦痛と恥辱のの<十字架>にはりつけられてしまいますが、
その時には【主イエス】自身は、もはや何の迷いもなく堂々として、そして威厳に満ちた
光り輝く≪栄光の勝利者の姿≫でありました。

●私を呼ぶがよい。苦難の日、私はお前を救おう。そのことによって、お前は私の栄光を
 輝かすであろう(詩篇50-15)
●彼が私を呼び求めるとき、彼に答え、苦難の襲うとき、彼と共にいて助け、彼に名誉を
 与えよう(詩篇91-15)
●苦難の中から主を呼び求め、わたしの神に向かって叫ぶと、その声は神殿に響き、
 叫びは御前に至り、御耳に届く(詩篇18-7、サムエル後書22-7、)

私たちは人生の【患難辛苦】が現実に起きる前に、あれこれ想像して、とても不安になり
心配におしつぶされそうになります。

ある統計では、現実に起きるかもしれない【患難辛苦】について、起きる前から想像して
心配・不安・恐怖することのうち、実際に現実になってしまうのは全体の10パーセントも
ないという話まであります。

●すべての困難は、それがのちに現実となった時よりも、その前に想像された時の方が、
 よほど困難に思われる(ヒルティ)

だからといって、私たちは、このような現実に起きる前の<取り越し苦労>による心配・
不安・恐怖から逃れるのは困難です。

そこで、【主イエス】が人類全体のために、身をもって率先して実践して教示した方法が
まさに【ゲッセマネの祈り⇔神様への祈り】であり、<死に様>で見事に証明しています!

●やって見せ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ(山本五十六
●【偉大な大祭司イエス(ヘブル書4-14~16、5-1~10)】
 私たちには、もろもろの天を通って行かれた偉大な大祭司、神の子イエス
 与えらているのだから、私たちの告白する信仰を堅く守ろうではないか。
 この大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、
 あらゆる点において、私たちと同様に試練に遭われたのです。
 だから、憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、
 大胆に恵みの座に近づこうではありませんか。
 大祭司はすべて人間の中から選ばれ、罪のための供え物やいけにえを献げるよう、
 人々のために神に仕える職に任命されています。
 大祭司は、自分自身も弱さを身にまとっているので、無知な人、迷っている人を
 思いやることができるのです。

【患難辛苦】が現実に起こる前に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】】を通じて【神助】を
求めることで栄光も勝利を勝ち取ることができるのです!ハレルヤ!主に感謝します!

●起こるかもしれない不幸に対する心配は是非とも忍ばねばならない現実の不幸よりも
 一層ひどく人の力を消耗させる。実際の不幸は、しばしば外的な手段や努力によって
 打ち克つこともできるが、心配は神への強い信頼によってしか徹底的に打ち克つ事が
 できない(ヒルティ)

私たちの多くは、【主イエス】の弟子たちが陥ったように、現実の<困難>が来る前に
祈る事も神への助けを求める事もせず、心配しておろおろするか、人や世間に頼るか、
又は何も考えずに眠ってしまうかのいずれかで、時を浪費するのではないでしょうか。

しかし、【主イエス】ご自身は孤独の絶望的な悲しみの中にあって、ただひたすらに、
【神の愛】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】して【御心】と【神助】を求めたのです。

【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】が、生涯における大小様々な
【患難辛苦】を克服するための≪最善・最強の手段≫であることを体感しましょう!

●お前を悩ますのは誘惑だ。またお前をひどく脅かすものは根もない恐怖心である
(トマス・ア・ケンピス)
●お前の意図に反しても、それは全くもう駄目だというわけではない。
 目前の感じによって物事を判断するのは間違いである(トマス・ア・ケンピス)

先ずは、たった独りでも【神の愛=主イエス】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】して
【神助】を求めることを実践しましょう!テ

●【神助(内村鑑三)】
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて、すべての善き物をもって汝を恵まん。
 ⇔ ■天来の思想 ■外来の友人 ■意(オモ)わざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ、
 汝は信仰をもって神の力を汝の力となすを得べし
◆神の無限の力に頼りて、我らは我らの信ずるがごとくに全ての事をなすを得るなり
●私を強くして下さる方によって、何事もすることができる(ピリピ書4-13)

そうすれば、自力や世間の叡智と力を結集しても到底解決不可能と想像される困難でも、
【神の愛の助け】さえあれば、万事が万全であり、【神の愛の奇蹟】も起こります!

●あなた(神)には、全てができること、あなたは、どんな計画も成し遂げられることを
 私は知りました(ヨブ記42‐2)
●イエスは彼らを見つめて言われた「人にはできないが、神にはできる、
 神には何でもできないことはない」
(マタイ伝19‐26、マルコ伝10‐27、14‐36、ルカ伝18‐27、創世記18‐14、ヨブ記42‐2)
●ああ、主権者なる神よ!主よ!誠にあなたは大いなる力と伸ばされた御手とによって
 天と地を造られました。あなたには何一つできないことはありません(エレミヤ書32‐17)
●主は御心にかなう望むところを御旨のままに喜びとなるように、ことごとく行なわれる。天で、地で、海で、また全ての淵で(詩篇135‐6)
●神は人でないゆえに偽りを語ることがなく、人の子ではないゆえに悔いる事もない。
自ら述べてそれを行なわず、自ら語って約束されたことを成し遂げないことがあろうか
民数記23‐19)
●神には何もできないことはない(ルカ伝1‐37)


★★【その2】につづく★★