【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

不可能を可能にする【神の愛】!①

【2002年10月3日に作成した<第274回>に加筆】 
◇◇ 不可能を可能にする<【神の愛=隣人愛】のパワー>!(その1)◇◇<改訂版・再掲載>
2002年9月24日(水)NHK「地球の街角:オランダ~アザラシとの共生を目指して」
9月27日(金)NHK教育14:00「ForYou:求められる医者になりたい・金平永ニ」を観て

●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば、力尽きて倒れる場合にも
 多くの事を成し遂げ功を奏させる(トマス・ア・ケンピス)
●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、
 許されていると考えるからである(トマス・ア・ケンピス)
●「なすべき」がキリスト教ではない、「なしうる」がキリスト教である(内村鑑三

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは、ご愛読に感謝します!

【聖書】には「愛とは何か?」「正義とは?」「真理とは?」「生きるとは?」などの
人生においての様々な疑問への明確な回答が示されており、しかも<具体的実践方法>と
苦難の克服方法まで丁寧に教えている<人生訓>であり、処世術であり、成功哲学などの
全てを含んだ<具体的行動規範>ともいえるでしょう。

●聖書はみな神の霊感(息吹・感動)を受けて書かれたものであって、人を戒め、正しくし
 義に導くのに有益である(テモテ後書3‐16)
●聖書は信仰の本であり、教義の本であり、道徳の本であり、宗教の本であり、
 神からの特別の黙示の本であるが、人間自身の個人的責任、人間自身の尊さ、
 同胞との平等を教える本でもある(ダニエル・ウェブスター

例えば、テレビ伝道「ハーベスト・タイム」の中川牧師がTVで教え説いてくれた
「十字架のイエス」に関わった人々のエピソードは新たなチャレンジをする時に、
私たちに勇気と希望を与えてくれる【福音】といえるでしょう。

◆必ず自分の【出番】が与えられる!(It's my turn!)

エスが十字架の処刑となった後に、死体を引き取って葬ったのは誰だったか、
明確に聖書では示されています。

それは、愛弟子たちではありませんでした。アリマタヤのヨセフという金持ちで、
地位の高い議員であり、密かにイエスを信愛していた「隠れキリシタン」でした。
(マタイ伝27‐57、マルコ伝15‐42、ルカ伝23‐50、ヨハネ伝19‐38)

2年間寝食を共にして多くの【神の愛の奇蹟】を目の前で体験した使徒や愛弟子たちは
自分にも危害が加わる事を恐れて逃げ去ったのを知って、ヨセフは自分の<出番>だと
確信したのだと思います。

ヨセフは自分の社会的立場を失う危険をも顧みる事なく、勇敢にもピラトに申し出て
【イエスのからだ】を引き取る事を願ったのです。

ヨセフは、【主イエス】が【栄光の復活】するためには【預言】に示されている通りに、
誰も葬られたことのない<富める階級の新しい墓>を提供するという、彼でなくては
他の誰も替わりができない重大な【ミッション:使命・天職】を見事に果たしたのです。

●彼は不法を働かず、その口に偽りもなかったのに、その墓は神に逆らう者と共にされ、
 富める者と共に葬られた(イザヤ書53-9)

ヨセフは【イエスの生涯と教え】を心より信愛している弟子でしたが、現実生活では
【この世の勢力:富・権威・名声】に従った日常を送っていました。

最初に選ばれた12使徒たちや多くの弟子たちのように、自分の築いてきた日常生活を
一切捨てて、【主イエス】と共に苦難の伝道活動に参列する勇気はありませんでした。

しかし最後の最後に【神の愛=主イエス】への信仰心に動かされてヨセフは最も勇敢で
大胆な決断と実行をしたのです!

私たちも日頃は役に立たずとも、信じ望み願い続ければ、必ず<最善の道>は拓けます!
自分だからこそ、他の誰も替わりのできない【出番・使命】が必ずやって与えられる事を
楽しみに待ち望みましょう!

◆【ネバー・ギブ・アップ!】信愛をもって最後までやり遂げよ!

【主イエス】が十字架に架けられた時に逃げずに最後まで見届けた人々は誰だったか?

それは当時では社会的立場が低く無力な女性たちでした。多くの使徒や愛弟子は恐れて
姿を隠したのに【主イエス】への愛と信仰心とに動かされた女性たちは墓に葬られる
最後まで、逃げ去ることなく見届けたのです。

そして、彼女たちはいつまでも【主イエス】への信愛を抱き続けて<主イエスの身体>を
香油で清めるために墓に参る事を忘れず実践していたおかげで3日目の【栄光の復活】に
最初に立ち会えるという<人類最高の栄誉>を【神の祝福】として与えられたのです!

【神の子】なる【主イエス】から直接に<3日目の復活>を聞かされていたにも関わらず、
愛弟子の使徒たちは【主イエス】を失ってしまった事の絶望感と迫害の恐怖から隠れ家に
閉じこもってしまいました。

一方【主イエス】を心から愛した女性たちは【主イエス】のために自分が為すべき事を
知っていたのだと思います。

おかげで、【栄光の復活】の第一発見者の立場で<証言者>となって彼女だからできる!
他の誰も替わりのできない名誉ある貴重な【ミッション:使命・天職】を果たせたのです。

【聖書】に示されているこの記録は、人生において貴重な【神の愛の摂理】だと思います。
【神の愛=主イエス】に信愛して自分が<できない事>を考えて無力に絶望するのでなく、
自分だから<できる事>を、先ずは決断して実行して、【神の愛=隣人愛】に喜び従って
やり遂げるなら必ず【神の愛=主イエス】は喜ばれ、祝福して<最善>に導いてくれる!
という証明です。ハレルヤ!

●ためしてみること、着手することによってのみ、最も偉大な事柄も成就するものだ
 (ヒルティ)
●為せば成る、為さねば成らぬ 成るわざを 成らぬと捨つる 人のはかなき(武田信玄
●為せば成る 為さねば成らぬ なにごとも 成らぬは人の 為さぬなりけり(上杉鷹山
●力に応じた事をしなさい。そうすれば神はあなたの善い意図を援(タス)けられるであろう
 (トマス・ア・ケンピス)
●神の無限の力に頼りて我等は我等の信じるがごとくに全ての事をなすを得るなり
 (ピリピ書4‐13)
●Rニーバーの祈り
 神様
 私に変えることのできないものは
 それを素直に受け入れるだけの
 心の平安を与えて下さい

 変えることのできるものは
 それを変える勇気を与えてください

 そして何が変えられるものであり
 何が変えられないものかを
 見分ける知恵を
 この私にお与えください

日本各地で漂流する受難のアザラシの報道を見聞きして、何もできない無力な私でも
【神の愛=主イエス】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】する事はいつどこでも可能です!
そして<祈り>に応えて、<希望の光>となる【福音】がTV番組で届けられました。

それは2000年の10月9日放映のドキュメントが深夜の再放送番組枠で流されたのです。
私には単なる偶然でなく、私たち日本人への【神の愛の啓示】であると確信できました。

オランダのピューター・ビューレンという300人の小さな町に住む独りの主婦が30年前に、
砂浜に打ち上げられて傷ついたアザラシを目撃したことから始まった【神の愛の事業】が
今や世界を動かすほどの大事業となっているのです。

●個人をもって始まらざる事業にして、偉大なる事業あるなし(内村鑑三

ただの主婦だったレニーさんにとって、傷ついたアザラシとの<出会い>こそが、まさに
【ミッション:使命・天職】に導かれる【神の導き】だったといえるでしょう。

 「私にとって、人間の恐ろしい環境破壊行為に気づかせてくれた人生の転機でした」

彼女の住む海辺の町はアザラシの生息地ですが、いつのまにか海洋汚染が進んでおり、
食物連鎖のピラミッドの頂点に位置するアザラシの肉体は、汚染物質のエサによって
免疫力を失うほどに弱っていたのです。

彼女は資金も専門的な実績もないままに、アザラシ病院設立の決意をして実行しました。
設立当初から現在まで公的資金援助はなく、全てが寄付金と多くの無償ボランティアと
【神の愛=隣人愛】で成り立っている【神の愛の事業】を見事に実現させています!

●事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。神の全能なるを思うべし、
 その恩恵の無限なるを念ずべし。さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん
内村鑑三
●意(オモイ)を事業に注いで事業は成らず、眼を神に注いで事業はおのずから成る。
 神は事業の神なれば、我らは神を信じて無為の生涯を送らんと欲するも得ず
 (内村鑑三

今では、環境問題を啓蒙する教育施設として欧州で有名となり年間30万人が訪れて、
また、地元大学との連携で、アザラシの生態研究や新種のウイルス発見や海洋汚染の
究明に貢献しています。

さらに世界中の若者のために宿泊施設を用意して、アザラシの保護から野生に戻すまでの
総合的に体験学習させて世界中のアザラシを保護する為に啓蒙支援活動を行なっています。
TV取材中に訪れていた若者はブラジル、イスラエル、フランス、中国など、世界中から
【神の愛=隣人愛】の実現のために結集しています。

●青年たちが世界各地から集まって、善のために固い盟約を結ぶ以上にすばらしいことが
 ありうるでしょうか(ゲーテ

アルバニアから来た10代の女性は将来獣医になって、同じようなアザラシ病院を母国に
設立するという明確な【ビジョン:理想・夢・志】を抱いてやって来たのです。

赤ちゃんアザラシを中心に年間170頭を保護して健康を回復させて野生に帰す一連工程に
最新技術と最新システムを導入できたので、救えない命はわずか4頭位になりました。

しかし、レニーさんにとっては「1頭も死なせてはならない!」<愛の情熱>があって、
救えなかった命を決して無駄死にさせないように今後のために研究して多くを学ぶ事に
心がけているそうです。

レニーさんは、【神の愛=隣人愛】に光輝く【ビジョン:理想・夢・志】を抱き、さらに
前進し続けています!

 「私が国政を担えたなら、経済システムを変えて人間と動物がのびのび生活できる
  環境に優しいものにしたい。小さなオランダ一国だけでは無理だから、世界の若者を
受け入れて、いつでも来られるように門戸を開いて、今何が起きているのか、
  何を為すべきかを教えて各自の責任を自覚してもらいたいのです!」
 「この地球上のどこかに人間と野生とがつつましやかに生きている場所がどこかに
  あることを信じ見つけるまでは、恥ずかしくて死ねません!」

●人間のうちに善をのばしてやり、彼等の心に善に対する愛好心を注ぎ込むことが
 必要である(ヒルティ)
●私たち一人びとりは、隣り人の徳を高めるために、
 その益を図って彼等を喜ばすべきである(ロマ書15-2)
●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
 本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです
アインシュタイン
●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、人を励まし
 いつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。愛は常に向上を欲していかなる、
 いと低い事物によっても引き停められることを望まない(トマス・ア・ケンピス)

★★【その2】につづく★★