【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

個人主義が求められる激動の日本!

【2010年4月26日に作成した<第517回>に加筆】
◇◇激動の今こそ日本に個人主義が根づくチャンス!◇◇
■乱世大変革の時代にこそ求められる個人主義について考える【PJニュース 2010年4月22日】
★★PJニュースhttp://www.pjnews.net/ の「オピニオン<検索番号698>」掲載記事より★★

日本で「個人主義」と言えば、一般的には否定的な意味で使われるように感じます。
「利己主義」と混同して使われるからではないでしょうか。
日本は憲法に「基本的人権の尊重」を明記していても、本来の「個人主義」が根ざしていない
社会であると思います。

本来の「個人主義」について、内村鑑三は次のように明確に定義しています。

●個人とは個々の霊魂(たましい)である。
英語では【individual】分かつべからざるものの意である
●個人は分かつべからざる者で、人そのままである。
神の子、永久の存在者、自由独立、不滅の固有性を有し全世界を代価に払うても
贖(アガナ)う事のできないほど貴いものである

内村鑑三の定義する観点によれば、日本社会が「個人主義」を尊重していない証拠は
「死刑執行」を断行し続けていることで証明できるでしょう。

しかし、単なる個人の肉体的生命を大切に守ること以上に、個人の精神的自由こそを
最優先に守ることが「個人主義」の本質だといえるでしょう。

民意や世論調査など多数派意見や多数決を重視するだけでなく、たった独りの少数派
意見でも死守する個人主義に根ざした民主主義を掲げる事が成熟した社会であると思います。

例えば、今では世界中で享受している「YOUTUBE」ですが、世間的常識では著作権侵害
違反ビジネスという否定的側面があるにもかかわらず、彼等の異端的ビジョンを理解して
くれる支援者やファンドが守ってくれたからこそ事業的に軌道に乗って大成功したことは
有名です。この成功談の背景にも「個人主義」を尊重する精神が社会全体に根ざしている
からだと理解できます。

●私は君の意見には反対だが、君が意見を言う自由はいのちをかけて守る(ヴォルテール)

あらゆる分野で戦後体制が崩壊して乱世大変革期に突入している激動の現代日本社会では、
戦後体制を担ってくれた敗戦利得勢力や世間的常識や多数派意見に頼るだけでは、
新価値を打ち立て新時代を切り拓くことはもはや困難であると私は考えます。

古今東西の歴史的事実から観ても、現代世界を一変させた「グーグル」や「YOUTUBE」に
しても、新価値を打ち立て新時代を築いたのは、世間的には少数派・異端的立場の個人の
「ビジョン:理想・夢念・大志」であったと思います。

激動の現代日本において、世間や身内から非常識・不可能と批判され孤立無援にある個人の
「ビジョン:理想・夢念・大志」を大切に守る「個人主義」尊重の少数勢力となって、
新価値を打ち立て新時代を切り拓く皆さんの活躍を心より応援しています!

●個人をもって始まらざる事業にして、偉大なる事業あるなし(内村鑑三
●目の前の一人を救える者が、世界をも救える(ユダヤの格言)
●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三
●人数が少ないからといって世界を変える力はないと侮るなかれ。
世界を変えてきたのはまさしく少数の力なのである(マーガレット・ミード)
●大いなる事業が完成されるためには、ひとつの精神があれば足りる。
千の手を動かすために(ゲーテ
●すべて偉大なことは、小規模に少人数から始まるものだ。あなたはそれを
覚悟しなければならない。そして、子供たちを教育するにも彼等が少数派に属する事を
平気なように導かねばならない(ヒルティ)
●キリストが心にかけた事は民衆自身のことと一致する(クロムウエル)

ハレルヤ!主の恵みに感謝します!
栄光を主に帰します!アーメン!

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)