【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

人権・人道100%に導く【神の愛】①



【2013年1月30日に作成した<第607回>に加筆】
◇◇人権・人道100%最善発揮に導く【神の愛=主イエス】!①◇◇

★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読に感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

教育現場の「いじめ」や「体罰」についてマスメディアや政界で問題提起しています。
しかし今までのところ、宗教関係の有識者の発言や提言は取り挙げられていません。
私の視点では学校だけでなく現代社会の至る所で起きる人間関係の対立・分裂とは
<不義・不正・不実>な不当な扱いに勇気をもって立ち向かえず屈服妥協してしまい
個人の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う<精神的自由>を侵害争奪してくる
自己の<邪魔勢力:つまずきの石・妨げの岩・仕掛け罠>との<霊的自由闘争>です。
つまり<万軍の主>【神の愛=主イエス】が私たちのために戦ってくれる<聖戦>です。

●最後に言う。主に依り頼み、その偉大な大能の力によって強くなりなさい。
 悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神の武具で身を固めなさい。
 私たちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、 
 権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。 
 それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、
 堅く立ちうるために、神のすべての武具を身につけなさい
(エペソ書6-10~13)
●よく聞け。主はあなた方にこう言われる。
 『この大軍を前にしても恐れるな。おじけるな。これはあなた方の戦いではなく、
 神の戦いである』(歴代志略下20-15)
●競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ栄光は得られない
 (テモテ後書2-5) 
●私はあなた方に言った。「うろたえてはならない。彼らを恐れてはならない。
 あなた方に先立って進まれる神、主御自身が、エジプトで、あなた方の目の前で
 なさったと同じように、あなた方のために戦われる(申命記1-29~30)
●主があなた方のために戦われる。あなた方は静かに黙していればよい
出エジプト記14-14)
●強く雄々しくあれ。アッシリアの王とその全軍団を見ても、恐れてはならない。
 おじけてはならない。我々と共においでになる方は、敵と共にいる者より力強い。
 敵には肉の腕である人の力しかないが、我々には我々の神、主がいて助けとなり、
 我々のために戦ってくださる(歴代志略下32-7~8)

命の問題、精神的・霊的問題にもかかわらず、宗教や信仰精神が軽視されている事に
問題解決が困難な原因があると思えます。見方を変えれば、人間力では万策尽きて
【神の愛=主イエス】の【信仰:信愛・信頼・信従】に立ち帰るビッグチャンスです!

●<宗教とは何ぞや>(内村鑑三
 宗教とは内的生命である。人には外的生命の他に内的生命がある。
 肉体の生命の他に霊魂の生命がある、
 この世の何物をもってしても与えることの出来ない生命がある、
 財産を奪われ、名誉をそがれ、よし健康を失いてもなお残る者がある。
 それが内的生命である。そして、内的生命を与える者が宗教である。
 ゆえに宗教はこの世に在る者であって、この世の属(もの)でない、
 直(ただ)ちに神より人の霊魂に臨む者であって政府も学府も、
 然り教会も寺院も与えることのできる者でない(内村鑑三
●人の生涯は、いつか突然、単純な信仰の境地が訪れて、神への愛がなければ、
 どんな信仰も、また神の意志についてのどんな歴史的な、あるいは教養的な知識も
 魂の向上に役立たないことがわかり、反対に、心のなかに神への愛があれば、
 一切が明らかになり、やさしく、簡単になる、ということを示される。
 我々はこのような境地に達しなければならない。そうなれば、
  我々は全ての哲学書や神学書を閉じてよろしいし、またそうしたくなる(ヒルティ)

現代の社会問題の解決策は霊的<パワー・アップ&アップ・グレード>であると、
私は確信しています。具体的には【神の愛=主イエス】の【福音伝道事業】として
チャプレン(従軍牧師)的【父性型カウンセラー】と24時間<福音伝道>放送の
社会普及が、私の【ビジョン:理想・夢念・大志】です。

●霊魂を救うのではない。霊魂を創造(ツク)るのである。
 イエス・キリストを紹介して彼より生命(霊魂)を受けしむるのである。
 伝道とは、救済とはこれである(内村鑑三
●<最大事業>(内村鑑三
 国産を興すも事業なり、善政を布(シ)くも事業なり、教育を施すも事業なり、
 大文学を産むも事業なり、しかれどもこの他になお一大事業存するあり、
 イエスキリストを世に紹介するの事業これなり。
 イエスは食物なり、また飲料(ノミモノ)なり。
 かれは心霊的天地なり、イエスもまた人生の必要物なり。
 人はかれによらずして父に来るあたわざるなり。
 伝道は真面目なるかつ確実なる事業なり、
 しかり、橋を架するよりも、運河を鑿(ウガ)つよりも、難かつ有益なる事業なり。
●<福音の勢力>(内村鑑三
 福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
 福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
 福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
 福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
 福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において
 活かすゆえに活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
 この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ。
●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
 福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
 福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三
●<キリスト教の真意>(内村鑑三
 活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
 これキリスト教の真実となす。
 -天体に神の栄光を探る
 -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
 -詩歌に神の無限の愛をたたえる
 -美術に神の美妙の理想を現わす
 -農は神と共に神の地を耕すこと
 -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
 -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
●世に惨事多きや、福音を説くべし
 世に罪悪多きや、福音を説くべし
 国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
 社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
 福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三) 

不当ないじめ、DV、体罰など【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う精神的自由を
侵害争奪する<聖戦・霊的自由闘争>に、独りでも<対戦・応戦・抗戦>できるように
家庭内、教育現場、職場環境でも、至る所で、<善い物は善い!>【真・善・美】に
従う【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に<パワー・アップ&アップ・グレード>して
【神の愛=主イエス聖霊】が<Universal Absorbing Power>に満たしてくれます!

●【どこに至るも真理を吸収する力:Universal Absorbing Power(内村鑑三)】
  ★すべて真実なこと、すべて敬い尊ぶべきこと、すべて正しき(公義な)こ と
  ⇔【宗教的真理】<真>
  ★すべて純真で清く潔いこと、すべて愛すべきこと、すべて誉れあること
  ⇔【道徳的善行】<善>
  ★すべて愛すべき(人の心を引き付ける)こと、また徳といわれるもの、
    称賛に値する(耳に善き響きある)もの
  ⇔【審美的美事】<美>
 それらのものを心にとめなさい(聞き捨てにおかず思想の材料とせよ)
 (ピリピ書4-8)
●あなたはこの人生において、一人の善き人間になるべきである。
 常に善き霊の励ましに従い、その他の全てを拒むような一人の人間になりなさい
ヒルティ) 

★★【その2】につづく★★