【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】を御本尊に導く【神の愛】




【2015年5月19日に作成した<第647回>に加筆】
◇◇【ビジョン】を<御本尊>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

日本各地歴史建造物の神社仏閣で修復困難な連続油被害事件が起きています。
宗教的教会的信仰にとって神社仏閣教会の<御本尊・本殿・聖堂>が必要なのは
そこに参拝すれば、現実を離れて自然と素直になれ、神仏との霊的交流が可能な
環境があるからだと私は実感します。その霊的拠点が汚されるのは重大事です。

しかし、私のような「神助的個人的信愛者」にとっては、心配ご無用です!
改めて信仰的霊的拠点は、<愛神献霊:自主独立精神・自由・独立>にあって、
誰から攻撃妨害されようとも安全な<自己完結型>の<御本尊・本殿・聖堂>を
内なる【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に確保することをお奨めします!

【神の愛=主イエス聖霊】に【信仰:信愛・信頼・信従】で一切お任せ人生の
【神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】の立場である私にとって
内なる【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が天井高い大聖堂・大本殿となって、
いつでも【神の愛=主イエス聖霊】に【礼拝:★讃美★祈求★感謝】できます!

●<われらの礼拝>(内村鑑三
 われらは、僧衣を着けて高壇に上がり、
 聖書を朗読し、聖歌を吟唱し、手をひろげて天を仰いで祈り、
 手を按(お)いて人に儀式を施し、もってわれらの神を礼拝せんとしない。
 われらの礼拝は教会堂においておこなわれずして、
 あるいは工場において、あるいは田畑において、
 あるいは店頭において、あるいは書斎において、
 その他われらが日々の事業に従事する所において、おこなわるるのである。
 「仕事はすなわち祈祷(礼拝)なり」である。
 われらはわれらの日常の仕事をもって神を礼拝せんと欲するのである。
 礼拝の簡単または欠乏のゆえをもってわれらを責むる者に、
 われらはこの事をもって答うるのである

私は世間的には卑怯者で臆病者で意気地なしで<逃げ腰・及び腰・弱腰>なので
隠れキリシタンと異なり、踏み絵も平気で踏み、宗教的弾圧迫害には屈しますが、
【神の愛=主イエス聖霊】と【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれているなら
<智恵・聖霊の導き>として【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に働きかけて
たとえ私が火の中、水の中に追込まれ、大小様々な<患難辛苦>に直面しようと、
<御本尊><最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢念・大志】だけは
日々の【祈祷:霊的呼吸・霊的栄養源】のお陰で<不死身!不滅!不退転!>で
【神の愛=主イエス聖霊】ご自身が死守してくれるので一切の心配ご無用です!

●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三
●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三
●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三
●知恵を捨てるな。それがあなたを守る。
 これを愛せ。これがあなたを保つ(箴言4-6)
●父は私に教えて言った。
「私の言葉を心に留め、私の命令を守って、命を得よ、生きよ。
 知恵を得よ。悟りを得よ。忘れてはならない。
 私の口の授けた言葉からそれてはならない。
 知恵を捨てるな。それがあなたを守る。これを愛せ。これがあなたを保つ。
 知恵の初めはこれである。知恵の初めに知恵を得よ。
 あなたがこれまで得たものすべてに代えても、悟りを得よ。
 それを尊べ。そうすれば、それはあなたを高めてくれる。
 それを抱きしめると、それはあなたに名誉を与え尊くする。
 それはあなたの頭に麗しい花輪飾りを与え、
 光栄の冠をあなたに授けよう。」 (箴言4-4~9)
●水の中を通るときも、わたしはあなたと共にいる。
 大河の中を通っても、あなたは押し流されない。
 火の中を歩いても、焼かれず
 炎はあなたに燃えつかない
 わたしが、あなたの神、主、イスラエルの聖なる者、
 あなたの救い主であるからだ(イザヤ書43-2)
●人の歩みは主によって確かにされる。
 主はその人の道を喜ばれる。
 その人は倒れてもまっさかさまに倒されはしない。
 主がその手をささえておられるからだ(詩篇37‐23~24)
●あなたの為すべきことを主に委ねよ、
 そうすれば、あなたの計画はゆるがず、必ず成る(箴言16-3)

私のように心が<不義・不正・不実>不純・不潔で常に油まみれの汚れた者でも、
唯一【ビジョン:理想・夢念・大志】だけはいつでも汚れなく光り輝く存在です!
そうです!<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢念・大志】こそが
私が【信仰:信愛・信頼・信従】できる【神の愛=主イエス】自身が体現されて
【御心:聖意・聖旨】が心に刻まれた<ラブレター>であり霊的<御本尊>です!

●主によりて歓喜をなせ、主は汝の心の願いを汝に与え給わん(詩篇37-4)
●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、
 それは神が善しとされるところだからである。
  何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
(ピリピ書2-13~14)
●<キリストの手紙>(コリント後書3-3)
 <口語訳>
 あなた方は自分自身が私たちから送られたキリストの手紙であって、
 墨によらず生ける神の霊によって書かれ、
 石の板にではなく人の心の板に書かれたものである事をはっきり現している。
 <文語訳>
 汝らは我らの職(ツトメ)により書かれたるキリストの書(フミ)なり、
 しかも墨にあらで活ける神の御霊に記され、
 石碑にあらで心の肉碑に記されたるなり
●見よ、その日が来る。
 その日私はイスラエルの家とユダの家とに新しい契約を立てる。
 私は私の律法を彼等のうちに置き、その心にしるす。
 私は彼等の神となり、彼等は私の民となる(エレミヤ書31‐31~33)
●私の律法を彼等の心に与え、彼等の思いのうちに書きつけよう
 (ヘブル書10‐16)
●私は彼らに一つの心を与える。
 すなわち、私はあなた方のうちに新しい霊を与える。
 私は彼らの身体から石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える
 (エゼキエル書11‐19)

皆さんは2010年制作の米国映画「ザ・ウォーカー(原題: The Book of Eli)」を
ご存じですか?先日、私はネットで無料試聴できて大感動しました!

米国社会は信仰的に堕落して手段を選ばない恥知らずで弱肉強食と観られますが、
一方で100億円以上の莫大な制作費をかけてアカデミー受賞スターを主役にして、
300億円の興行収入を得る成果が上がっている事に頼もしさを感じます。

この映画の日本サイトの説明文には、単なる近未来の最終戦争後の文明崩壊の
無秩序社会で起きるSF・アクション・サスペンスとして紹介されていますが、
私にとっては、【愛と自由の戦士:義勇軍・神の僕・忠義の愛子・光の子】の
<福音の戦士>【福音の勢力】的<生き様・死に様>が描かれた宗教的映画です!

●ひとが本当に神を信じ、それが単に口先だけのことでないなら、
 唯物論的世界秩序においては、
 ただ不可能としか思えない多くの事が当然のことになってくる(ヒルティ)
●一切の仕事が神を離れては困難であり、神と共にあれば一切が可能である
 (ヒルティ)
●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる
 (トマス・ア・ケンピス)
●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、
 許されていると考えるからである (トマス・ア・ケンピス)
●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば、
 力尽きて倒れる場合にも多くの事を成し遂げ功を奏させる
 (トマス・ア・ケンピス)
●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
 人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
 愛は常に向上を欲していかなる、
 いと低い事物によっても引き停められることを望まない
 (トマス・ア・ケンピス)
●<軟弱信者に告ぐ>(内村鑑三
 キリスト教を究めよ、キリスト教について聞かんと欲するなかれ。
 聖書を学べよ、宗教文学を楽しまんと欲するなかれ。
 神を信ぜよ、教会と教師とに頼らんと欲するなかれ。
 己の弱き訴うるを止めて自ら強からんことを求めよ、
 いつまでも信仰の乳をもって養われんと欲する信仰の赤子たるなかれ。
 堅きに耐え、神の信頼を値(ネウチ)する福音の戦士たれ。
●<福音の勢力>(内村鑑三
 福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
 福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
 福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
 福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
 福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において
 活かすゆえに活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
 この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ。
●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
 福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
 福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三
●<キリスト教の真意>(内村鑑三
 活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
 これキリスト教の真実となす。
 -天体に神の栄光を探る
 -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
 -詩歌に神の無限の愛をたたえる
 -美術に神の美妙の理想を現わす
 -農は神と共に神の地を耕すこと
 -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
 -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
●世に惨事多きや、福音を説くべし
 世に罪悪多きや、福音を説くべし
 国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
 社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
 福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三) 
●人は一人もこれを信ぜざるも、我が福音は真理なり。
 人はことごとくこれを棄却するも、我が福音は真理なり。
 人はこぞってそのために我を排斥するも、我が福音は真理なり。
 我が福音は人の福音にあらず、神の福音なり。
 ゆえに我れは神に拠(ヨ)り、
 独り終わりまでこれを保持せんと欲す(内村鑑三

現代米国や現代文明が崩壊して無秩序な堕落世界になり果てた時に、そこから
<再起・再生・復活>するために、「最も大切なもの」は何かを明確に示して、
単なるファンタジーではなく、今日現在<患難辛苦>に直面している個人には
勇気と希望と励ましと慰めを与える【福音・GOOD NEWS】伝道となっています!

●あなたの若い日にあなたの創造主を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、
 また、『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に(伝道の書12‐1)
●神を知って万事ことごとく可なり、
 知らずしてことごとく非なり。
 主を知るは智恵の初めである。
 神を知る知識なくして道徳も政治も殖産も無し(内村鑑三:ホセア書4‐3) 
●目を上げて、私は山々を仰ぐ
 私の助けはどこから来るのか
 私の助けは来る。天地を創られた主から来る(詩篇121-1~2)
●主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない
 見よ、イスラエルを守る方は、まどろむことなもなく、眠ることもない
詩篇121-3~4)
●これは私たちの神の憐れみ深い御心による。
 また、そのあわれみによって、
 日の光が 上から私たちに臨み、暗黒と死の陰とに住む者を照らし、
 私たちの足を平和の道へ導くであろう
 (ルカ伝1-78~79、詩篇107-10、イザヤ書9‐2・59-8)
●<日本国とキリスト>(内村鑑三
 日本国はキリストを要す。
 彼によるにあらざれば、その家庭を潔むるあたわず。
 日本国はキリストを要す。
 彼によらずして、その愛国心は高尚なるあたわず。
 キリストによりてのみ、真正の自由と独立とあり。
 そは彼は霊魂に自由を与うる者なればなり。
 キリストによらずして、大美術と大文学とあるなし。
 そは彼は人類の理想なればなり。
 キリスト降世二千年後の今日、
 吾人は彼によらざる真正の文明なるものを思惟するあたわず。
 (1901年5月『聖書之研究』)

私自身には【神の愛=主イエス】から託された【ビジョン:理想・夢念・大志】に
大義><我が道><人生目的・存在意義>【ミッション:大義・使命・天職】を
体得して、映画の主人公のように【神の愛=主イエス聖霊】と共に歩き続ける
【同労者・同志】の<生き様・死に様>が示されて<歓喜!感動!感謝!>です!

●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき
 利得のためでなく、本心からそれをしなさい(ペテロ前書5-2)
●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、自ら心で
 決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛してくださる
 のである(コリント後書9-7)
●自由人にふさわしく行動しなさい。
 ただし、自由をば悪を行う口実として用いず神の僕にふさわしく行動しなさい
 (ペテロ第1書2‐16)
●<勝利の生涯>(内村鑑三
 世を遁(のが)れんとするなかれ、世に勝つべし。
 境遇の改まらんとことを祈るなかれ、心の改まらんことを祈るべし。
 苦痛の去らんことを願うなかれ、恩恵の増さんことを願うべし。
 外に富みかつ栄えんと欲するなかれ、衷(うち)に喜びかつ楽しむ者となるべし。
●おまえの不幸に打ち負かされるな。神に頼れ、そうすれば勝つだろう。
 洪水が襲ってきても、おまえは上にあって、溺れないだろう。
 苦し過ぎる重荷を負わされたならば、
 主なる神が既にお前の願いを聞き給うたのだ(パウル・ゲルハルト) 
●主に依り頼み、その偉大な力によって、強くなれ(エペソ書6-10)

皆さんも<価値観大転換・マクロシフト>の混迷大波乱の激動の世界にあって、
【神の愛=主イエス聖霊】の【御心:聖意・聖旨】<計画>が体現されている
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢念・大志】を<御本尊>に、
一切お任せ人生の【神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
託された<生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】を走り抜いて
【救国:精神復興&国家再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
<福音の戦士>【福音の勢力】で活躍されることを心より応援しています!
 
●"DO YOUR BEST,AND IT MUST BE FIRST CLASS"
 「最善を尽くせ、しかも一流であれ」(ポール・ラッシュ)
●もしキリストの名のもとに何かしようと思ったら、
 人々が目標としてまねのできる本物を示せ。
 しかもそれは一流のものでなければならない(トイスラー博士)
●あなたに備えられているものをすべて生かし抜きなさい。
 神はあなたの、その善き意志を助けて下さるだろう(トマス・ア・ケンピス)
●あなた方は自分の確信を放棄してはいけない。
 この確信には大きな報いがあります。
 あなた方が神の御心を行って約束されたものを
 受けるために必要なのは忍耐です。
 「もうしばらくすれば、来るべき方がお見えになる。
  遅くなることはない。
 私に属する義人は信仰によって活きる。
 もし恐れ退いて、ひるむようなことがあれば、
 その者は私の心に適わない。」
 しかし、私たちは、恐れひるんで滅びる者ではなく、
 信仰によって命を確保する者です(ヘブル書10-35~39)
●私は苦しみを受けているのですが、それを恥じていません。
 というのは、私は自分が信頼している方をよく知っており、
 私に委ねられているものを、
 その方がかの日まで守る事がおできになると確信しているからです
(テモテ後書1-12)
●人間はすべて夢想家だ。 
 春の日の柔らかな霞、長い冬の晩の赤い炎を見ながら夢想する。
 このとき偉大な夢を忘れてしまう者もいるが、
 太陽の光のもとにでる日を待ち望み、
 逆境にあっても、
 夢を大事に育み大きくする者もいる。
 夢は必ず叶うと心から信じていれば、その日は必ず来る(ウィルソン)
●神の側に立とうと決心するがよい。次にはあなたの力と個性に合わせて、
  あなたに個人的に下される神の命令に従え(ヒルティ)
●神は神を愛する者たちと共にはたらいて万事を益となるようにして下さる
 (ロマ書8‐28)
●キリスト信者たる栄誉の一つは、弱き取るに足らざるこの身をもってして、
 なお大望を抱いてその一部分を遂行し得るにあり(内村鑑三
●自分の決められた道を走りとおし、
 また、主イエスからいただいた、
 神の恵みの福音を力強く証しするという任務を
 果たすことができさえすれば、
 この命すら決して惜しいとは思いません。
 <最も大切なことは、自分の使命、
  すなわち主イエスが私にお与えになった働きを全うすることです>
 (使徒行伝20-24)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)