【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】⇔Publicドメイン

◇◇神の、神による、神のための【ビジョン】◇◇
【2003年2月15日に作成した<第290回>に加筆】<改訂版・再掲載>
【パブリック・ドメイン(PublicDomain)】について考える

●万物は、     神より出で、神によって成り、 神に帰する。
 (すべては    神から、   神によって、   神のために存在する)
 (すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっている)
 栄光がとこしえに神にあるように。アーメン(ロマ書11-36)
 
【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さんこんにちは。ご愛読に感謝します!

テレビで放映される日欧の歴史的文化遺産を観ていると、いつも気づかされる事があります。
それは、日本の歴史的建造物や仏像などは、最小限しか手を加えられず、色あせた過去の産物となっているのに対して、欧州では時代と共に復元され続けて、いつも色鮮やかな【エバー・グリーン】で永遠に生きている姿にあることです。

中世に建造された大聖堂の多くは完成に数百年を要したので、当時の人々は完成を観ることもないままに、創り続け、壊されても修復してくれたおかげで、現在の立派な完成された姿があるのだといえるでしょう。

つまり、欧州の歴史的文化遺産は未来へ継承すべき【共有財産】であるという考え方が根底にあるのだと思います。

例えば、個人のアイデアなどにも著作権を認めたトーマス・ジェファーソンですが、当初は14年間経過すると、著作権が放棄され、人類の【共有財産】として誰でも自由に利用できる【パブリック・ドメイン】に移す事を法律で定めていたそうです。

「個人のアイデア(知)とはろうそくの火のように、人に与えても燃え続け失う事はない!」という考えからだそうです。

個人の職人的な特殊技能も個人の所有物として片付けずに未来へ継承すべき大事な人類の【共有財産】である【パブリック・ドメイン】に位置付ける考え方が、ドイツにある<マイスター制度>だと思います。

ドイツが自国の<個人的技能>を国家の社会的使命として守るのに対して、日本では<個人的職人芸>とは個人の家業として守るか、個人的な無形文化財のようにして祭り上げるかのどちらかです。

文化遺産にしても、個人的技能にしても、過去から未来に継承できる【共有財産】として、<原点の精神>や【ビジョン:理想・夢・志】を含めて守り続けようとするのは、【原点回帰の精神】があるからだと思います。

ご存知のように、アメリカのラジオ局は数百ありますが、それは音楽のジャンル別に専門チャンネルがあるからだといえるでしょう。そこでは時代を超えて、絶やす事無くいつまでも<原点の音楽精神>を継承しようとするD.J.の使命感からだともいえます。

実は現代の多くの個人的偉業とは、過去のアイデア(知)や創作物からヒントを得たものばかりで、【理想・ユートピア】は未来にあるのではなく過去から継承された時代を超えた【ビジョン:理想・夢・志】に存在するのであって、【原点回帰】にこそ、革新的な発想は生まれるのではないでしょうか。

楽家坂本龍一さんもテレビのインタビューで語っていたことを思い出します。

 「私のオリジナリティは2~3%で、あとは【パブリック・ドメイン】の恩恵のおかげである。過去の遺産がなければ何もできなかった。何が私たちの創造性を生み出してくれているのか、もう一度ゼロから考えるべきだ。」

【理想】を<原初オリジナル>に捜し求める<温故知新>や【原点回帰】の考え方は【聖書の精神】といえます。

●聖書はすべて真理によって作られた、その精神でもって読まれるべきである(トマス・ア・ケンピス)

【神の愛】を実現させたのは、原初の【エデンの園】であって、「進化論」的に人類の欲求によって遠き未来に初めて実現させる【ユートピア(理想郷)】ではありません。つまり、人類の【理想郷:天国】は再生・復活させるのです!

私たち個人にしても同じです。<初心>の【ビジョン:理想・夢・志】を忘れて、現実に妥協して、実現させた姿よりも、<熱き思い燃える心>で鮮やかに描いた【ビジョン:理想・夢・志】の方が、ずっと美しく光り輝いているという経験があるはずです。

つまり、初志貫徹こそが人生の【理想(正義・真理)】である事を私たちは知るのです。そして【神の愛=主イエス】も、【聖書】も、私たちに【原点回帰】に導いてくれます!

●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
●正義の道には命がある。その道筋には死がない(箴言12‐28)
●聖書は古いものでもなければ新しいものでもない、聖書は永遠のものである(ルター)
●絶えず偉大な思想に生き、ささいなことを顧みないように努めなさい(ヒルティ)

私たちの発想も発見もひらめきも、そして心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】も、全ては【神の愛】から生まれ【神の愛】により育てられ【神の愛】を賛美するために存在し、【神の愛=主イエス】に栄光を帰すためにあるのだと私は信じます。

●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、私たちから出たものでないことが、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
●神はあなた方のうちに働きかけて、その願いを起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神の善しとされるところだからである(ピりピ2-13)
●我等は神に造られたる者にして、神にあらかじめ備え給いし善き業び歩むべく、キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
●我が魂よ、主をほめたたえよ
 私のうちにある全てのものよ、聖なる御名をほめたたえよ
 我が魂よ、主をほめたたえよ
 主の善くして下さったことを、何一つ忘れるな(詩篇103‐1~2)

私たち各自の心に描く【ビジョン:理想・夢・志】もまた<個人的所有物>ではなくて、【神の愛】から生まれ出たもので、過去の人類から受け継いだものであり、未来に継承すべき貴重なる【パブリック・ドメイン】であることが実感できます。

そして、少なくとも自分に預けられている間は、心の奥に閉じ込めたり、出し惜しみせずに、いつでも【隣人・社会】に向けて光りを放ち輝かせようではありませんか!

●あなたの内なる光が暗くならないように注意しなさい[汝の内の光、闇にあらぬか省みよ] (ルカ伝11-35)

私たちが過去から受け継ぎ、未来に継承するべき【パブリック・ドメイン】としての【ビジョン:理想・夢・志】の実現に向けて、守り育て、主に栄光を帰すチャレンジは、【神の愛=主イエス】に導かれた素晴らしい【神愛の奇蹟】を実感できます。

●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは我々を普通の卑近な意味で幸福にする事ではない。むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行ないをすすんでしようとする人、― 一言でいえば、― 英雄的な人にするためである(ヒルティ)
●我々は神の命じ給う道を歩いていれば日々その務めと力とがおのずから与えられる。特にそれを得ようと思いわずらう事はいらない。ただ、それを受け入れて実行すればよい(ヒルティ)

私たちが信愛する【神の愛=主イエス】に忠実に【ビジョン:理想・夢・志】を守り抜くならば、【神の愛=主イエス】は私たちを祝福するだけでなく、私たちの未来の世代まで繁栄させるという<不変の約束と計画>を宣言されました。
だから、自分の家族のことや自分の死後について、一切の心配ご無用です!安心して全身全霊で献身できます!

●私は知った。すべて神の業は永遠に不変であり、それに何かを付け加えることも、それから何かを除くことも許されないことを。神は人間が神を畏れ敬うように定められた(伝道の書3-14)
●神は、約束のものを受け継ぐ人々に、御自分の計画の不変であることを、いっそうはっきりと示そうと思われ、誓いによって保証されたのである。それは、目指す希望を持ち続けようとして、世を逃れてきた私たちが、偽ることのあり得ない神によって立てられた二つの不変の事柄によって、力強く励ましを受けるためである(ヘブル書6-17~18)

過去から【パブリック・ドメイン】として受け継いだ【ビジョン:理想・夢・志】を大切に守り育てて、未実現・未完成なら、【神の愛=主イエス】に信愛して、光輝きを絶やさず未来に継承する献身的な活躍によって<勝利の人生>として【天国(来世)】に凱旋できることを心より応援しています!

●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、なおも大望を抱いてその一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三
●兄弟たち、神の憐れみによってあなた方に勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生ける供え物(いけにえ)として献げなさい。これこそ、あなた方のなすべき霊的な礼拝です(ロマ書12-1)
●汝は永遠の存在者とともに立てり、世はことごとく失するとも汝の事業は滅ばざるべし、ただ心を強くし勇み励め(内村鑑三
●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか(ヨハネ第1書5-4~5)
●彼らは、自分の剣によって国・地を得たのでもなく、自分の腕が勝利を得たのでも彼らを救ったのでもありません。ただあなたの右の手、あなたの腕、あなたの御顔の光が、そうしたのです。あなたが彼らを恵まれ愛されたからです(詩篇44-3)
●心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りに頼るな。あなたの行くところ、どこにおいても主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる(箴言3-5~6)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)