【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<我欲>を【聖欲】に高めよう!②

◇◇<我欲>を突き抜けて【聖欲】に至れ!(その2)◇◇
【2008年2月3日に作成した<第449回>に加筆】

★★【その1】のつづき★★

私たちの<我欲>もまた【聖欲】になり得る原動力であり、<愛の種子>であると信じます。
私たちも<幼な心>に抱く<我欲>を育てて磨き高めて【聖欲】にまで到達させましょう!

●少壮時代に心の田地に卸された種子は容易に根を断つことの出来ないものである(森鴎外
●心というものは、ときとして知識を超えた高みに上がることがありますが、
 どうしてそこに達したのかを証明することはできません。すべての偉大なる発見は、
 そのような飛躍を経たものです(アインシュタイン
●心の田畑さえ開墾ができれば、世間の荒地を開くこと難しからず(二宮尊徳
●心は、それ自身が密かに抱いているものを引き寄せる。
 環境は心がそれ自身と同種のものを受け取るための媒体である(ジェームズ・アレン)

自己を喜ばせて【隣人・社会】をも喜ばせる【神の愛=隣人愛】に満ち溢れる【聖欲】で
【ビジョン:理想・夢・志】を抱く事で、【ミッション:使命・天職】に生きる我が道を
発見して、自分も【隣人・社会】も成長できる【神の愛=隣人愛】を体感しましょう!

●完全なる職業とは他人を喜ばして、我もまた喜ぶの職なり(内村鑑三
●他を進めて、また自身をも進めるの事業、神の事業とは実にかくのごときものなり
 (内村鑑三
●われわれが内に向かって、われわれのなすべきことをしたら、
 外に向かってなすべきことは、おのずとなされるでしょう(ゲーテ
●自分の今行っていることを・・・心から楽しめる者は幸福である(ゲーテ
●喜んで行い、そして行ったことを喜べる人は幸福である(ゲーテ
●夢を追求している時は、心は決して傷つかない(パウロ・コエーリョ
●一日中考えていることが即ちその人である(エマーソン)
●人生を歩むうち、わたしには一つの事がますます明らかになってきた。
 それは、開かれた心を失わないことが人間にとって何よりも大切だということである。
 正しく開かれた心はもっとも貴重な人間の財産である(マルチン・ブーバー)

【神の愛=主イエス】が出現してから2000年経過しても、<この世>にはいつまでも
戦争と差別が絶えず、自由と平和が実現できないのは何故か?と疑うこともありました。

しかし、今の私ならば断言できます!【神の愛=主イエス】は節制したり、禁欲する事で、
つまり強制的義務感で<善悪の木:善悪の価値判断>や社会規範や世間体に従属する事で
平和と自由を実現させることを喜ばず、無邪気で素直で野生動物の如く<我欲・本能>で
【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】を実現させる事を望み喜ぶのだと信じます!

●神はどんな悪も行われないようにするよりも、むしろ悪から善を生じさせるように
 する方が善いと考えられたのである(アウグスティヌス

日本も世界の大半も、まだ人道的・戒律的で世間に従属する<他人(社会)本位>が主流です。
【神の愛=主イエス】を受け入れて、<自己本位>の<我欲>に任せて自由に生きる人々が
【神の愛=隣人愛】と【聖欲】で世界を満ち溢れさせる時こそが、【真の自由】と平和が
実現されるのだと私は楽しみにしています。

●軍隊と巡査と法律とをもって維持されている平和は実は平和ではない。
 聖書は人をして、その利欲の念を絶たしめて、これに代わるに他を救わんと欲するの
【聖欲】をもってせしめて社会をその根底より改める (内村鑑三
●心をつくして神を愛せよ、それからあなたの欲することを為すが良い(ヒルティ)
●あなたがいるだけで世界は意味をもつし、生きている意味があると思わせる人生こそ
 最高だ(フランクル
●人が自分と一つになり、内において単純になるにつれ、彼はいよいよ苦労なしに多くの
 さらに高いことを悟るようになる(トマス・ア・ケンピス)

私たちも素直で単純明快な<幼な心>で、世間的非常識や<見果てぬ夢>と思えるような
【ビジョン:理想・夢・志】に【聖欲】を抱き、貴重な人生で<大冒険>をしましょう!

●気高い夢を見ることだ。あなたは、あなたが夢見たものになるだろう。
 あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である(ジェームズ・アレン)
●決して自分の夢を人に奪われてはならない。心に描いたものが何であれ自分の心に
 素直に従って生きてほしい(ジャック・キャンフィールド)
●誠実、心の真のありのまま、これ常にいかに貴いかな。実際に自己の心の中に存する
 ことを語る者は、その方法のいかに拙劣なるも、必ず彼に聴かんと欲する人あるべし
(カーライル)
●あなたができること、あるいはできると夢見ていることがあれば、何でも始めてみることだ。
 大胆さには本来、天賦の才、力、そして魔力が備わっている。今こそ、それを発揮させよう
 (ゲーテ
●人生は大胆な冒険か、無か、そのどちらかだ(ヘレン・ケラー
●至高の目標を持て、それが、将来の予言になる(ジェームス・アレン)
●運命を決定する神は、我々の内側に居る(ジェームス・アレン)

皆さんの<幼な心>に光輝く<我欲>を大切に育て磨き高めて【神の愛=隣人愛】に満ちた
【聖欲】に到達させ、素晴らしき【ビジョン:理想・夢・志】を心に抱いて活躍される事を
心より応援しています!

●人生をもっとも偉大に使う使い方というのは、人生が終わってもまだ続くような
 何ものかのために使うことである(ウィリアム・ジェームズ)
●幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。その志を貫くためには、
 玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志をまげて瓦となってまで、
 生きながらえるのは恥とする(西郷隆盛
 ★<玉>=価値あるもの[正義・名誉]⇔<瓦>=がらくた[生き甲斐の無いもの]
●人生の価値は、その長さとは関係がない。人生の価値とは、どのようにその時間を
 利用したかで決まるものなのだ。あなたが十分に生きたかどうかは、あなたが生きた
 年数ではなく、あなたがどのような意志をもって生きたのかで決まる(モンテーニュ
●あなたらしく生きる、そのための道は、後にも先にも二つだけです。一つは、奇跡など
 ありえない、とする道。もう一つは、すべてが奇跡である、とする道(アインシュタイン
●プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである(リチャード・バック
●自分の心に描く夢の実現に向かって努力する時、普段なら思いもよらぬ成功が得られる。
 空中に楼閣を建てても無駄骨には終わらない。楼閣は空中に建てるものだ。
 さあ、その下に土台を建てよ(ソロー)
●人の一生は、どう生まれついたかではなく、どう生きるかで決まる(ベル)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)