【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】で自由に導く【神の愛】!

■自由への道の諸段階(ボンヘッファー
 
<訓練>
 
 おまえがもし自由を求めて旅立とうとするなら、
 
 欲望と肉体がおまえをあちらこちらへ引きまわさないように、
 
 まず感覚と魂とを訓練せよ。
 
 精神と身体をきよらかに保ち、完全に自分に従わせ、
 
 従順に与えられた目標を追い求めよ。
 
 自由の秘密を知った者はいない。そのためには訓練があるだけである。
 
 
 <行為>
 
 心のままに行動せず、毅然として正義を行い、
 
 可能性の中で動揺せず、現実的なものを大胆に捕らえよ。
 
 自由は、思考への逃避の中にはなく、ただ行動の中にあるだけである。
 
 ただ神の戒めとおまえの信仰のみに支えられ、
 
 不安に満ちたためらいを捨て、出来事の嵐の中に出て行け。
 
 そうすれば自由は、おまえの魂を歓喜しつつ迎えるであろう。
 

 <苦難>
 
 驚くべき転換がもたらされた。強い生きた手が、おまえに結びつけられた。
 
 おまえは無力さと孤独の中で自分の行為に終焉を迎えるが、
 
 おまえはほっとして、静かにまた悠然と、おまえの義を、
 
 強い手に託し、満ちたりる。
 
 一瞬であろうと、自由に触れて祝福を得、その自由を、
 
 神の手にゆだねるなら、神がその自由を完成させてくれるであろう。
 
 
 <死>
 
 さあ来い、永遠の自由への途上で催される最高の宴、死よ。
 
 この世で見えないものを終りの日に見るために、
 
 われわれの過ぎゆく肉体と惑わされた魂の、
 
 重苦しい鎖と、壁をとり払え。
 
 自由よ、われわれはおまえを、訓練と、行為と、苦難を通して尋ね求めてきた。
 
 そして今、死に臨みつつ、おまえを神の顔の中に見いだす。

★★★

【神の愛=主イエス】に信愛する私たちにとって、<自由への道>は、自分の心に【神の愛=隣人愛】で光り輝く<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢・志】を目指す道であることを体感できます!

皆さんが心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】を目指して、【神の愛=隣人愛】と【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<自由解放>させるために、<訓練><行為><苦難><死>んp諸段階を体験しながらも、<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で前進し続けることを
心より応援しています!

●精神とは何か。火であり、自由であり、神の息吹きである(ベルジャーエフ
●自由を愛することは他者を愛すること(ウイリアム・ハズリット)
●人はただ信仰によってのみ自由とされるのであって、いかなる意味においても
 行為の正しさによって自由をえるのではない(ルター)
●自由とは、あらゆる特権を有効に発揮させる特権である(カント)
●恐れなき冒険は自由の精神で、打ち負かされない力を生みなさい(ヘレン・ケラー
●あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた
 運命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である(フランクル)
●人間に残された最後の自由は、どんな状況にあっても、その中で自分の態度を決めることだ
 (フランクル
●真の自由とは、すべてのことを己の基準でなしうることである(モンテー二ュ)
●自由には義務という保証人が必要だ。それがなければ単なるわがままとなる(ツルゲーネフ)
●私は人格をすべて表現するために自由を望む(ガンジー
●すべての偉大なることは単純である。その多くは、自由、正義、名誉、義務、慈悲、希望という、
 1つの言葉で表現できる(チャーチル

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!