【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【真の自由】に導く【神の愛】!①

◇◇≪善き意志≫を行なう能力である【真の自由】(その1)◇◇<改訂版・再掲載>
【2002年5月5日に作成した<第244回>に加筆】 
 ★★「フリー・チベット!」と「映画『靖国』問題」に考えること★★

●自由は自ら己を治むるの意なり(内村鑑三
●自由は理想にあらず、境遇にあらず、能力である(内村鑑三
●【真の自由(内村鑑三)】
  ◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
  ◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
  ◆真の自由は善き意志を行う能力である 
●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
  何事をも為しうる状態又能力でなく,ある事を為さずしてある他のことを為す能力
  ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力  
●I can do that which is right.(我は正しき事を為し能う)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

現在の日本社会もいよいよ【大転換期(パラダイム・シフト)】にあると実感します。
それは現在享受している【自由】について改めて考え見直そうとする事から始まります。

今までの日本の政治家やジャーナリスト・学者・有識者の多くは<政治の目的>といえば
年金問題社会保障などを中心にして「国民の生命と財産を守る事」と叫びます。
一方欧米諸国では、先ずは【自由】を守る事が<最大の使命>であると叫ぶようです。

つまり欧米社会と日本における【自由】の扱われ方や考え方に相違があるように思います。

欧米は民族紛争による侵略・迫害・弾圧を体験した<長い歴史>で身に染みた事もあって、
【自由】とは<生命>と同じように人生において死守する価値があり、空気や水のように
<必要不可欠>である事を、政治家も有識者も多くの個人も理解しているように感じます。

【自由】とは【神の愛=主イエス】から全ての<個人>に与えた<特権:神恵>であって、
権力者から<与えられるもの>でなく<正当な権利>であり、【自由】が侵害されたなら
自ら戦って勝ち取る<交戦の覚悟>を持っているのが欧米キリスト教社会だと思います。

それでは【神の愛=主イエス】から与えられた<特権:神恵>の【自由:意志と決断】は
何のために大切かと言えば、自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を発揮するための
<実現能力>として必要不可欠とういうことになります。

●自由とは、あらゆる特権を有効に発揮させる特権である(カント)
●自由のあるところにのみ道徳は行われる(内村鑑三
●真の自由とは、すべてのことを己の基準でなしうることである(モンテー二ュ)
●私は人格をすべて表現するために自由を望む(ガンジー
●あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた
 運命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である(フランクル)
●人間に残された最後の自由はどんな状況にあっても、その中で自分の態度を決める事だ
 (フランクル

従って、個人も社会でも【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を実行できる【真の自由】は
【神の愛=隣人愛】による【平和】が実現できるからこそ<政治の使命>だと思います。

●政治の目的は善を為すに易くして、悪を為すに難い社会を作るにある(グラッドストーン)
●すべての偉大なることは単純である。その多くは、自由、正義、名誉、義務、慈悲、
 希望という、1つの言葉で表現できる(チャーチル
●自由を愛することは他者を愛すること(ウイリアム・ハズリット)

【真の自由】は気ままな<無秩序状態>ではなくて【神の愛=主イエス】が最も喜ばれる
<善>【神の愛=隣人愛】の実践を目指して<悪:無知・無関心・無責任>を認めません。

●人はただ信仰によってのみ自由とされるのであって、いかなる意味においても
 行為の正しさによって自由をえるのではない(ルター)
●恐れなき冒険は自由の精神で、打ち負かされない力を生みなさい(ヘレン・ケラー
●自由には義務という保証人が必要だ。それがなければ単なるわがままとなる
ツルゲーネフ)

【真の自由】は【神の愛=主イエス】から与えられる<神聖な特権:神恵>だからこそ、
歓喜!感動!感謝!>で大切に守り、できる限りは<最善>の【神の愛=隣人愛】の
実現のために活用したくなるのだと実感できます。

●主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由がある(コリント後書3‐17)
●真理はあなた方を自由にさせる(ヨハネ伝8‐32)
●我が名を畏れ敬うあなた方には義の太陽が昇る。その翼には、癒しの力がある。
 牧場に放たれた牛舎の子牛のように自由にされ、喜びのあまり跳びはねる
(マラキ書4-2)
●貧しい者に福音を宣(ノ)べ伝え
 霊的な囚人を釈放し
 霊的な盲人の目を開かせ
 虐げられ打ちひしがれた者に自由を得させる(ルカ伝4-18、イザヤ書61-1)
●自由人にふさわしく行動しなさい。ただし、自由をば悪を行なう口実として用いず
 神の僕にふさわしく行動しなさい(ペテロ前書2‐16)
●あなた方が召されたのは、実に自由を得るためである。
 ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい
 (ガラテヤ書5‐13)

★★【その2】につづく★★