【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<愛神献霊>に導く【神の愛】!①

【2013年1月14日に作成した<第606回>に加筆】
◇◇<愛神献霊:自主独立精神・自由・独立>に導く【神の愛=主イエス】!①◇◇

★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
http://www.youtube.com/embed/videoseries?
list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読に感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

新年2013年を迎えて政治的・経済的・社会的に「このままだと危険だ!」という
内外とも国難の大危機にあると自覚する日本人が多数派になりつつあると感じます。
日本も世界も<価値大転換:パラダイムシフト/マクロシフト>が解決策である事を
理解し、各民族国家が存亡を賭けて官民一体で新価値を打ち立て新時代を切り拓く
<国家ビジョン>を模索している勢力大再編の時代到来です。

●国家興隆するときには、理想を以て生活とし、
国家衰退するときには、生活を以て理想とす(徳富蘇峰
●ビジョン(預言)がなければ民族は欲しいままに振るまい、我がままになり滅ぶ
(箴言29-18)

明治時代の精神啓蒙に貢献した福澤諭吉が「国家の独立は国民の独立より」を
提唱したように、現代日本国再建も、個人の<自主独立精神:自由・独立>から
始まるので、社会の最悪ピンチは私たち個人が活躍できる絶好のチャンスです!

●我れをしてまず凝結の基礎たらしめよ。さらば我れより凝固は始まるべし。
我れをして万有の土台の上に屹立(キツリツ)せしめよ。
さらば周囲はおのずから来たりて我れより整列するに至るべし。
これ革新事業成功の大秘訣なり(内村鑑三
●個人をもって始まらざる事業にして、偉大なる事業あるなし(内村鑑三
●神の側に立とうと決心するがよい。次にはあなたの力と個性に合わせて、
  あなたに個人的に下される神の命令に従え(ヒルティ)
●ひとりひとりの個人の運命を改善することなくしては、
よりよき社会の建設は不可能です。
ですから、各人が自分の運命を切り開いていこうと努力しながら、
しかも同時に全人類にたいして責任をわけもたねばならないのです。
なぜなら、自分が一番役にたってあげられる人々をたすけることは、
私たち一人一人の義務だからです(キュリー夫人
●それぞれの個人には、この世で身にあった仕事がある。
その仕事に就けるかどうかが重要なことだ(ホーソン

明治維新の新時代を築いた政治的指導者たちは欧米視察を体験して、近代化には
キリスト教精神のような日本民族の精神的支柱が不可欠だと認識したと聞きます。
明治新時代が国学精神復興と国家神道を打ち立てて樹立されたように、今世紀に
キリスト精神後進の日本民族が先頭に立って、【神の愛=主イエス】に立ち帰る
【救国:民族精神復興&国家再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
挑戦することで世界的宗教大改革が起こる事を私は確信します!

キリスト教を純日本人のものとなし、これをもって日本を救い、
かつ世界における日本国の使命を果たさしめん(手島郁郎)
聖霊の恩化に浴した大和島根が、地球の祭壇として選ばれ、
世界の光たるべき光栄を担うにいたるべきことは、
まさに歴史の必然であり、人間の論をまたない神の予定であろう(手島郁郎)
●多くの先なる者が後にされ、後から来た者が先とされる
(マタイ19-30、マルコ10-31、ルカ18-30)

【神の愛=主イエス】が喜ばれる【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】の
<自主独立:自由・独立>とは【神助精神:神助主義・神助本願・神助努力】に
通じると実感できます。

●神(愛)に仕えることを自由という(ヒルティ)
●自由とは、人より何の束縛をも受くることなくして、
わが身を神の自由にゆだぬることなり。
独立とは、人に由(よ)らずして、直ちに神と相対して立つことなり。
神に使役せられんための自由なり。
神と、顔と顔を合わして語らんための独立なり。
クリスチャンの自由独立とはかくのごときものなり(内村鑑三
●<独立>(内村鑑三
独立とは必ずしも他の援助を絶つの謂(いい)にあらずして、
自己の有するすべての実力を活用するの謂なり。
人一人は小宇宙なり。
彼の内にほとんど無限の力の貯蔵さるるあり。
これをことごとく活用せんか、
彼ひとりの希望(正当なる)を充たし得るのみならず、
彼は進んで他を助け、もってなお余りあるべき者なり。
●<自由独立>(内村鑑三
われは政府のものにあらず、
また教会のものにあらず、
また会社のものにあらず、
もちろん自己のものにあらず、神のものなり。
ゆえに神に使わるべき者にして、
人に役(つか)わるべき者にあらざるなり。
われ神の忠実なる僕たらんと欲して
自由独立の人たらざらんと欲するもえざるなり。
●キリストを神として拝するも我等の良心は
少しも品性の堕落を感じません。
のみならず、帝王を崇拝して自由を失い、
富豪を崇拝して威権を隕(オト)せし国民も
エスを神として崇め奉りて、
その失いし自由と独立を回復した例は
人類の歴史に幾度もあります(内村鑑三
キリスト者はすべての者の上に立つ自由な君主であって、何人にも従属しない。
キリスト者はすべての者に奉仕する僕であって、何人にも従属する(ルター)

【神の愛=主イエス聖霊】に向けて【信仰:信愛・信頼・信従】で堅く結ばれた
【神助精神:神助主義・神助本願・神助努力】では【真・善・美】に感じるままに
たとえ世間が何と言おうと、家族や身内に反対されようとも、孤立無援になろうと
<善いものは善い!>と断言する<Universal Absorbing Power>に満たされます!

●<どこに至るも真理を吸収する力:
Universal Absorbing Power>(内村鑑三
★すべて真実なこと、すべて敬い尊ぶべきこと、すべて正しき(公義な)こと
⇔【宗教的真理】<真>
★すべて純真で清く潔いこと、すべて愛すべきこと、すべて誉れあること
⇔【道徳的善行】<善>
★すべて愛すべき(人の心を引き付ける)こと、また徳といわれるもの、
称賛に値する(耳に善き響きある)もの                
⇔【審美的美事】<美>
それらのものを心にとめなさい(聞き捨てにおかず思想の材料とせよ)
(ピリピ書4-8)
●事実の子たれよ、理論の奴隷になるなかれ(内村鑑三
●神は善きを視るに敏くして、悪魔は悪を探るに巧みなり
神は奨励する者にして、悪魔は失望せしむる者なり(内村鑑三
●神の神たるは人の善きを思うて悪しきを思わざるにあり。
悪魔たるは人の悪しきをのみ思いえて人の善きを思いえざるにあり
●自由は理想にあらず、境遇にあらず、能力である(内村鑑三
●【真の自由(内村鑑三)】
◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
◆真の自由は善き意志を行う能力である 
●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
何事をも為しうる状態又能力でなく,
ある事を為さずしてある他のことを為す能力
⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力  
●I can do that which is right.(我は正しき事を為し能う)

★★【その2】につづく★★