【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】で向上に導く【神の愛】

■<向上>(内村鑑三

 上へ、上へ、上へと、

 昇るは救済(スクイ)なり、

 降るは滅亡(ホロビ)なり。

 われらは永久に昇りて永久に救われんのみ。

 道の難きを意とせず、

 われなんじを支えんと主いい給えばなり。

 手段を講じてしかるのにちに進まず、

 主の命を確かめて懼(オソ)れなく進むなり。
 
 より高き、より難き、より聖き業へと進むなり。

★★★

●なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、
 神がキリスト・イエスによって上へ召してお与えになる賞を得るために、
 目標を目指してひたすら走ることである(ピリピ書3-13~14)
●上を見よ、下を見るなかれ
 前を見よ、後ろを見るなかれ
 外を見よ、内を見るなかれ
 しかして、人に手を貸すべし (エドワード・へール)
●価値ある事業は、ささやかで人知れぬ出発、地道な労苦、少しずつ向上しようとする努力といった
 風土のうちで、真に発展し、開花する(ナイチンゲール

世間的に落ちこぼれで<無一物>な私であっても、【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な<無限大!>の【神の愛=主イエス】に【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれるなら、、私の心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に掲げて、より高き、より難き、より聖き業へと<向上>し続けられます!

●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
 人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
 愛は常に向上を欲していかなる、
 いと低い事物によっても引き停められることを望まない(トマス・ア・ケンピス)
●イエスと共にある者は;
  ◆青春の詩的理想を持続することができる
  ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
  ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
   にしてその
  ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
●青年、壮者とは;
         常に不可能を計画する人
         常に大改革を望む人
         常に詩人的にして夢想する人
         常に利害にうとき人
         常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三
●人は止まらんとし、神は動かんとし給う
 人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
 人は制定せんとし、神は産出せんとし給う(内村鑑三
●人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である(シラー)

皆さんが【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれて、【青春:幼な心&青年の精神】で抱く<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて、【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を【神の愛の力=隣人愛】と【大希望:聖望!聖願!聖欲!】で<向上>させ続ける【愛と自由の戦士:救世軍・神の僕・忠義の愛子・光の子】となって、<一日一生!日々新た>に世界を舞台に活躍される事を心より応援しています!

●良くなることをあきらめた人は、絶対に向上することはない(クロムウェル
●自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人達は、
「環境は思いから生まれるものである」ということを熟知しています(ジェームズ・アレン)
●自分の人格と人生を変えることのできるのは自分のみである。
 人は自分の思考を高めることによってのみ上昇し、克服し、達成する(ジェームズ・アレン)
●人が書いたものを使って自分を向上させることに時間を使おう。
 そうすれば他の人が苦労して手に入れたものを楽に手に入れることができる(ソクラテス
●何事も君しだいだ。心からできると信じれば、何だって実現できるし、
 できないと思えば、はじめから無理なのだ(フォード)
●大切なことは、大志を抱き、それをなし遂げる技能と忍耐をもつということである。
 その他はいずれも重要ではない(ゲーテ
●恐れてはならない、私はあなたと共にいる
 驚いてはならない、私はあなたの神である
 私はあなたを強くし、あなたを助け
 我が勝利の右の手をもって、あなたを支える(イザヤ書41‐10~14)
●キリストが私たちのために死なれたのは、目覚めていても眠っていても、
 私たちが主と共に生きるためである。だから、あなた方は、現にそうしているように、
 励まし合い、お互いの徳を高め合い、向上に心がけなさい(テサロニケ前書5-11)
●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、
 一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、
 私たちの参加すべき競争を耐え忍んで走りぬこうではないか。
 信仰の導き手であり、また、その完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか
 (ヘブル書12‐1~2)
神の国は、飲食ではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びである。
 こうしてキリストに仕える者は、神に喜ばれ、かつ、人にも受け入れられるのである。
 こういうわけで、平和に役立つことや互いの徳を高め向上することを、追い求めようではないか
(ロマ書14-117~19)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!