【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

Xmasで<主の栄光>に導く【神の愛】

【2010年12月15日に作成した<第547回>に加筆】
◇◇クリスマスで<主の栄光>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!
メリー・クリスマス!今年も一年間、お付き合いくださいまして心より感謝しています!

クリスマスは【神の愛=主イエス】の栄光で世界中を光り輝かせる決意表明の記念日です。

●いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ
(ルカ伝2-14)
●神は実にそのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。
それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく永遠の命を持つためである。
(ヨハネ伝3-16)
●どうか、主の栄光がとこしえに続くように。主が御自分の業を喜び祝われるように。
詩篇104-31)
13:4 主はすべての国を超えて高くいまし/主の栄光は天を超えて輝く。
●彼らは互いに呼び交わし、唱えた。
「聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。主の栄光は、地をすべて覆う。」
イザヤ書6-3)

【主イエス】は【神の愛=主イエス】を知る<善き知らせ>【福音:聖書・御言葉】を
世界中の隅々に語り伝える<福音伝道>を私たちに命じました。

●イエスは言われた。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。
(マルコ伝16-15)

興味深いことは、全世界の人間だけではなく、「全ての造られたもの」という点です。
教会制度の一部では、「動物には<霊魂>はない」という解釈があることを聞いた事が
あります。

しかし、長く生きれば生きるほど、【神の愛=主イエス】を体感すればするほどに、
【神の愛=主イエス】私たち人間だけでなく、最愛の創造物である<動・植物>にも、
石ころや機械でさえ、自然現象や感情など、この世に在る<万事万物>の背後には、
【神の愛=主イエス】を体感できる【神の愛の方程式=摂理】があると確信できます!

●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないようなことがあろうか。
 たとい彼等が忘れるようなことがあっても、私(主)はあなたを忘れることはない
(イザヤ書49‐15)
●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
「Very Important Person in God' Eye」(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
●これらの小さい者の一人が滅びることは、天に在ますあなた方の父の御心ではない
 (マタイ伝18‐14)
● 万物は、神より出で、神によって成り、神に帰する
栄光がとこしえに神にあるように。アーメン(ロマ書11-36)
●★万事万物の本源を握る者は神の御手
★地に起こる全ての出来事は源を天に置く(内村鑑三
●全ての事は、神の御旨によりて招かれたる神を愛する者のために、
ことごとく益をなすを我等は知れり(ロマ書8-28)
●キリストは人類、特に信者の万事万物である。
キリストを有して我らは万物を有する。
我らは主を信じて単に我らの霊魂を救われるのではない。
主によりて父なる神より万物を賜わる資格を得る(内村鑑三

人間の本質である【霊性:魂[勇気]・善意・良心】は<神の器・神の道具>として、
【礼拝:★讃美★祈求★感謝】を通じて【神の愛=主イエス】と一体化できるための
<リモコン・受信機>のようなものだと理解できます。

●自分の意志をまったく神にゆだねて、ひたすら神の道具でありたいと思う人は不思議に、
どんな祈りも聞き届けられる。そういう人はただ願い求めればよいのだ。
そうすると憂いも怖れもなく、至福の状態で、あらゆる困難を切り抜け、
生涯の日々をすべての人々とまじって生きて行くことができる(タウラー)
●我等は神に造られたる者にして、神のあらかじめ備え給いし善き業に歩むべく
キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、
私たちから出たものでないことが、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な真実の力は
神のものであって、人間のものではないからである(ヒルティ)
●神がひとたび人間の意志を所有されるならば、神はその人の中で自ら全てのことを行ない、
彼を完全へと導き給う(聖女カタリナ)

従って【聖書】【神の愛=主イエス】に無縁でも【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の
<内なる声>に従えば、【神の愛=主イエス】を体感できることは可能です。

●【良心】とは人間の行いの善悪を判断し、善を命じ、悪を禁じ、善をほめ、
悪を戒める神よりの心の声である。人間は心の中に刻まれた法を持っており、
それに従うことが人間の尊厳であり、また、人間はそれによってさばかれる。
【良心】は人間の最奥であり、聖所であって、そこでは、人間はただひとり
神と共にあり、神の声が人間の深奥で響く(カトリック要理:ロマ書2-15~16)
●正しい良心を持ちなさい。そうすればあなたはいつも喜びをもつことができよう。
正しい良心はずい分たくさんな物事を忍ぶ力を具え、逆境にあっても、常にずい分と
大きな喜びを覚える(トマス・ア・ケンピス)
●他のいかなる自由よりも、先ず第一に良心に従って知り、考え、信じ、かつ言う事の
できる自由を我にあたえたまえ(ミルトン)
●人間が生まれつき持っているところの良心の命令、道理上かくせねばならぬという
当為当然の道、それはすべて実行するのである(吉田松陰
●海よりも雄大な光景がある。それは天だ。天よりも雄大な光景がある。それは良心だ
(ユーゴ)
●運命は花崗岩より堅固だが、人間の良心は運命より堅固である(ユーゴー
●考えてみたまえ。自分の行動の責任が、国家にではなく、自分に課せられるなら、
果たして戦争など起こりうるものだろうか。希望ある未来は、国家にも組織にも
存在しない。運命が決めるものでもない。人の良心の中だけにある。
●もし私が羅針盤を持っていたら、この嵐だって何ほどのこともありませんし、
もし私に良心というものがあれば、いくら大事件が起こっても、びくともするものでは
ありませんよ(ユーゴ)
●自らの意志の主人となり自らの良心の奴隷となれ(リーブ・ラズロー)

人間の本質と同様に、動植物にも、【ビジョン:理想・夢念・大志】のような想念にも
<万事万物>も【神の愛の方程式=摂理】【神の愛の力=隣人愛&奇蹟】と一体化する
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が存在していると感じます。

●キリストは万物をもって万物を満たしむる者なり(エペソ書1-23)
●主は万物の上にあり、万物の中に在る(コロサイ書3-11)
●御子は神の栄えの光輝、神の本質の真の姿であり、その力ある言葉で万物を保って
おられる(ヘブル書1-3)

キリスト教会制度を通じて<善き知らせ>【神の愛=主イエス】【聖書の御言葉】は
世界中に普及し、今日も地の果ての言語すらない少数民族にまで翻訳した【福音伝道】が
継続していると聞きます。しかし人間界だけの【福音伝道】では不十分かもしれません。

そうです!微生物から動物・植物の世界、宇宙の世界にも、思想・想念の産物にまでも、
【神の愛=主イエス】【神の愛の力=隣人愛&奇蹟】を感謝・歓喜・讃美する方向へと
導くことが【福音伝道】の最終目標だと実感できます!

●水が海を覆うように、大地は主の栄光の知識で満たされる(ハバクク書2-14)
●私の名で呼ばれるすべての者は、私の栄光のために、私がこれを創造し、これを形造り、
これを造った。(イザヤ書43:7)

キリスト教会に無関係に、現代に生きる世界中の民族の総意である<人類の目的>として、
地球環境・動植物の保護や宇宙開発や海底探査など未知の世界の解明に挑戦しています。
つまり、人間の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従う事で、私たちは知らず知らず、
【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】に従っていることが解ります。

●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。
  何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
(ピリピ書2-13~14)
●このように私たちは、あわれみを受けてこの務めに任じられているのだから、
落胆せず勇気を失うことなく、恥ずべき隠された事を捨て去り、悪巧みに歩まず、
神の言葉を曲げず、真理を明らかにし、神の御前で自分自身をすべての人の良心に
ゆだねます(コリント後書4-1~2)
●私たちは、明らかな良心を持っていると確信しており、何事についても、
立派にふるまいたいと思っている(ヘブル書13-18)

具体的に動植物界に【神の愛=主イエス】を知らしめるという事は【エデンの園】に
回帰させることであり、いわゆる「弱肉強食<肉食習慣>」を卒業させることです。
今日現在にあっては、「何をバカな事を言うのか!」と思われるかもしれませんが、
【聖書預言・御言葉】には明確に示されていて、動物や植物が大好きな私にとって、
エデンの園】に回帰する事は、私の【ビジョン:理想・夢念・大志】です!
 
●狼と子羊は共に草をはみ
獅子は牛のように、わらを食べ、
ヘビは塵をその食べ物とし、
私の聖なる山のどこをおいても、そこなわれることなく、滅ぼされることもない。
と主は仰せられる(イザヤ書65-25)
●狼は子羊と共に宿り、ヒョウは子山羊と共に臥し、子牛、若獅子
肥えたる家畜共にありて小さき童子(ワラベ)に導かれん。
雌牛と熊とが共に草を食べ、その子らが共に伏し、獅子も牛のようにわらを食う。
乳飲み子はコブラの穴の上で戯(タワム)れ、
乳離れした子はマムシの子に手を伸べる。
私の聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えず、そこなわない。
主を知ることが、海をおおう水のように、地を満たすからである(イザヤ書11-6)

キリスト教会信者だけが救われるのではなく、全世界の人間だけが救われるのでもなく
地球上の全生命が救われて、地球上の万事万物に【神の愛=主イエス】の栄光が輝き、
宇宙の果てにまで鳴り響かせるような【福音伝道】を目指しましょう!

●霊魂を救うのではない。霊魂を創造(ツク)るのである。イエス・キリストを紹介して
彼より生命(霊魂)を受けしむるのである。伝道とは、救済とはこれである(内村鑑三
●わたしは生きており、主の栄光は全地に満ちている(民数紀略114-21)
●全能の主は、万物を揺るぎなく据えられた。万物を主の栄光で満たし固められた。
(シラ書〔集会の書〕42-17)
●主の栄光をたたえ、力を尽くして主をあがめよ。主はなお、あらゆる賛美にまさる方。
全力を傾けて主をあがめよ。うむ事なく賛美せよ。これで十分だという事はないのだから。
(シラ書〔集会の書〕3-30)

皆さんがクリスマスに決起して、<大義><我が道><人生目的・存在意義>である
【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて【神の愛=主イエス】の
栄光である【神の愛の力=隣人愛&奇蹟】【神の愛の方程式=摂理】で、世界に存在する
<万事万物>を光り輝かせる活躍を心より応援しています!

●あなたの正義があなたを先導し、主の栄光があなたのしんがりを守る(イザヤ書58-8)
●起きよ、汝の光を放て、主の光が臨み、主の栄光が汝の上に輝いているからだ
見よ、闇が地をおおい、暗闇が諸国の民をおおっている。
しかし、汝の上には主が輝き、主の栄光の臨在が汝と共にある
国々は汝の光の内に歩み、王たちは汝の輝きに照らされて歩む(イザヤ書60-1~3)
●キリストを神として拝するも我等の良心は少しも品性の堕落を感じません。
のみならず、帝王を崇拝して自由を失い、富豪を崇拝して威権を隕(オト)せし国民も
エスを神として崇め奉りて、その失いし自由と独立を回復した例は人類の歴史に
幾度もあります(内村鑑三
●善を為すは難し、しかれどもキリストにありてこれを為すは易し(内村鑑三
●我は我に力を与え強くして下さるキリストにありて、すべてを為し得る(ピリピ書4‐13)