【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<神愛対戦・神愛応戦・神愛抗戦>に導く【神の愛=主イエス】!

【2011年10月12日に作成した<第576回>に加筆】
◇◇<患難辛苦>への<対戦・応戦・抗戦>意欲に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、愛読に感謝します!

私たちが直面する大小様々な<患難辛苦>に立ち向かう<対戦・応戦・抗戦>意欲に
導いてくれる<最高!最善!最美!>の無限の源泉力が【神の愛=主イエス】です!

●神の力強い活動によって働く力が、私たち信じる者にとって、いかに
絶大なるものであるかを、あなた方が知るに至るようにと祈っている
(エペソ書1-19)
●<最大の能力>(内村鑑三)
確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
これが世界を動かした力である。
先ず我の無能を覚って、しかる後に神の大能に頼る、
かくて自己は死して神、我にありて生きるに及んで、我は真個の勇者となる。
●<世界最大の者>(内村鑑三)
★知識をもって腕力に克つべし
★信仰をもって知識に克つべし
★愛をもって信仰に克つべし
★愛は進化の終局なり、最大の能力なり
★愛に達して我らは世界最大の者となるなり。
●力を与え強めて下さるキリストに助けられて、私は何事も成し遂げる事ができる
(ピリピ書4-13)

【神の愛=主イエス】は【神の愛の力=隣人愛&奇蹟】に満ち溢れ光輝く無限大の
【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と<一日一生!日々新た>な
【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
<パワー・アップ&アップ・グレード>してくれます!

●<神の力>(内村鑑三)
神はただ愛と生命と精力とあるのみ。
「これゆえに、我ら臆せず、我らが外なる人は壊(こぼ)たるとも、内なる人は
日々に新たなり(コリント後書4‐16)」
神にありて我が失敗は失敗にあらず、我が弱きは弱きならず!
「(弱った者には力を与え、勢いのない者には強きを増し加えられる。
年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も疲れ果てて倒れる。しかし、)
我が神にありて新たなる力を獲、ワシの如く翼を張りて昇り、走れども疲れず、
歩めども倦まざるなり(内村鑑三:イザヤ40‐31)」
◎【神の生命=神の愛の力⇔新生命力・新活力・新思想】(内村鑑三より)
◆霊魂を復活させ、愚かなる者を智からしむる能力ある事実(詩篇19)
◆すべて信じる者を救わんとする神の大なる能力(ロマ書1-16)
神の国は言葉にあらず、能力に在り(コリント前書4-20)
◆大能をもって我が内に働くもの(コロサイ書1-29)
◆【神の生命】は心の内に【光】となって
【新生命力】と【新活力】を加える【生活力(バイタリティ)】を提供する!
◆信仰により救われるのは、信仰により【この能力=生活力】を我らの
能力とする事ができるからであり、死は【生活力】が欠乏してやって来る。
◆【キリスト教(キリスト精神)】は【神の大なる能力=神の生命=生活力】を
豊かに供給して人を永遠にまで救わんとする、キリストなる【神の生命】を
もって【不朽の生命】を与えんとするものである!
●汝ら立ち帰りて静かにせば救いを得、平穏(オダ)やかにして依り頼まば力を得べし
(イザヤ書30‐15:ルター特愛の聖句)

例えば原発事故の放射能汚染について日々報道されるのは、汚染被害ばかり強調して
放射能汚染の恐怖・不安をあおるばかりで、そろそろ汚染に打勝つために立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲を燃やせるような報道があっても良いと感じます。

【聖書】にも明確に示されているように【神の愛=主イエス】は、私たち被造物が
口<外部>から侵入してくる<外敵>を排除できるように生まれつき与えてくれた
強大な<免疫力>があります。

●口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚す(マタイ伝15-11)

広島・長崎の原爆被害の体験に学ぶ事で放射能汚染でも体外に排除できることは、
今回の汚染被害に果敢に立ち向かう<対戦・応戦・抗戦>意欲が高まります。

それは日本的伝統食文化である「わかめの味噌汁・玄米・野菜」によって高められる
<免疫力>なのですが、原爆投下の現場で勇敢に献身的に救命医療に従事した人々が
被爆しなかった事実によって解明されたのです。
<詳細は;http://ameblo.jp/inoue-akira/entry-10833850109.html

【神の愛=主イエス】が与える<神助:祝福・恩恵>【賜物・無償ギフト・神恵】は
いつでもどこでも、高価でなく、難解でもなく、特別な事前準備も前提条件も不要で、
老若男女誰にでも身近で分け隔てなく入手できる方法ですね。ハレルヤ!

●善を為すは難し、しかれどもキリストにありてこれを為すは易し(内村鑑三
●賢さで人生を乗りきるのは困難だが、導きによって生きるのは容易である
(ヒルティ)
●一切の仕事が、神をはなれては困難であり、神とともにあれば一切が可能である
(ヒルティ)
●神を愛するとは、神の命令(掟)を守ることである。
その命令(掟)は難しくなく重荷とはならない。
神によって生まれた者はみな、世に勝つからである。
私たちの信仰こそ、世に打ち勝つ勝利の力である。
世に勝つ者とは誰か。イエスを神の御子と信じる者ではないか
(ヨハネ第1書5-3~5)
●神は人を分け隔てはしない(ロマ書2-11)
●主のあわれみは尽きない。(エレミヤ哀歌3-22)
●天の父神は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、
正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださる(マタイ伝5-45)
●神は、すべての人に、いのちと息と万物をお与えになった方です。
確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。
私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです
使徒行伝17-25~28)

【神の愛=主イエス】は目の前の強大な<患難辛苦>にも恐れず逃げ惑うことなく
【神の愛の力=隣人愛&奇蹟】に導かれ支えられて勇猛果敢に献身的に立ち向かう
【愛と自由の戦士】<福音の戦士>【福音の勢力】の<対戦・応戦・抗戦>を通じて
【神の愛の方程式=摂理】を示してくれます!

●もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなた方の慰めと救いのためです。
もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなた方の慰めのためで、その慰めは、
私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐えぬく力をあなた方に与えるのです。
(コリント後書1-6)
●患難を避けんとするなかれ、これに勝たんとせよ。
独り自らこれに勝たんとするなかれ。神により勝たんとせよ(内村鑑三)
●沈黙せよ、苦しめ、耐えよ、おまえの苦しみは誰にも訴えるな、
決して神に絶望するな、おまえの助けは日毎に来るのだ(ルター)
●我が魂よ、沈黙して、ただ神に向かい、神を待ち望め。
我が望みは神から来るからである(詩篇62-6)
●我等に臨む患難は多し、されど主は我等をみなその中から援け出し給う
内村鑑三詩篇34‐19)
聖霊、汝等の上に臨む時、汝等能力(チカラ)を受けん(使徒行伝1-8)
●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる(ロマ書8-28)

私たち個人個人でも、日々襲撃してくる強大な恐るべき<患難辛苦>を目前にして
【ビジョン:理想・夢念・大志】の<人生の旗印>を下ろして降参してしまおうと
逃げ腰になることがあります。私の場合は自己の小さな見栄や我欲や執着心などに
大切な【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が占領されて身動きできなくなるような
情けない毎日の繰返しです。そんな弱腰・逃げ腰・及び腰の私でも心配御無用です!
【神の愛=主イエス】は<闇:悪・マイナス・失敗>を<光:善・プラス・勝利>に
大転換してくれるからです!

●神はどんな悪も行われないようにするよりも、
むしろ悪から善を生じさせるようにする方が善いと考えられたのである
(アウグスティヌス
●<恐るべからざるもの三>(内村鑑三
第1:失敗
失敗は方針を転ぜよとの神の命令である。
我等は失敗を重ねて神の定め給いにし天職につくのである。
第2:患難
患難は我らを神の懐に駆(オ)い追(ヤ)るための彼のムチである。
我らは患難に遭うて神の我らの為に設け給いし休息(イコイ)の牧場に入るのである。
第3:死
死は聖(キヨ)められし霊魂の純金を肉の汚物より分離する為の最後の手術である。
我らは死を経過して神の聖者のために備え給いにし光栄(ミサカエ)の
聖国(ミクニ)に往くのである。

【神の愛=主イエス】に【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれた私たちにとっては、
心に抱く最愛の【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて
直面する<患難辛苦>を突破せんと<対戦・応戦・抗戦>して連戦連敗であっても、
失敗挫折の連続で弱腰・逃げ腰・及び腰になろうと、徒労も無駄も存在しません!
 
●我が愛する兄弟よ、確くして搖らぐ事なく堅く立って常に励みて主の業に務めよ。
主に結ばれているならば自分たちの労苦が決して無駄にならないことを、
あなた方は知っているはずです(コリント前書15-58)
●あなたは方は、生命の言葉を堅く保持して、世の光のごとく此の時代に輝く。
かくしてキリストの日に、私は自分の走ったことが無駄でなく、
労したことも無駄ではなかったと誇ることができる(ピリピ書2-15~16)
●自分の心に描く夢の現実に向かって努力する時、ふだんなら思いもよらぬ、
成功が得られる。空中に楼閣を建てても無駄骨には終わらない。
楼閣は空中に建てるものだ。さあ、その下に土台を建てよう(ソロー)
●私は確信しているが、神の語られる事はみな成就し、神の言葉は一つとして
無駄になることはない(トピト記14-4)

内外共に混迷波乱の大変革期の国難の大危機に直面する現代日本社会において、
【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】で堅く結ばれることで、
皆さんが<自己不信・自己否定・自己嫌悪>に陥らず、未来に絶望することなく、
日々直面する大小様々な<患難辛苦>にも勇猛果敢に<対戦・応戦・抗戦>して、
<不屈の楽観・楽天主義>【パッション:受難覚悟の情熱・熱血・気迫】で
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に
高く掲げ勇進する【愛と自由の戦士】<福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国家再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
活躍されることを心より応援しています!、

●<事業精神⇔健全なる思念>(内村鑑三
事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。
神の全能なるを思うべし、その恩恵の無限なるを念ずべし。
さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん
●自分の意志をまったく神にゆだねて、ひたすら神の道具でありたいと思う人は
不思議にどんな祈りも聞き届けられる。そういう人はただ願い求めればよいのだ。
そうすると憂いも怖れもなく、至福の状態で、あらゆる困難を切り抜け、
生涯の日々をすべての人々とまじって生きて行くことができる(タウラー)
●元気を出しなさい。
今日の失敗ではなく、明日の成功について考えるのです。
あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、
あきらめずにやり続ければ、必ずうまく行くのです。
そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。
何かすばらしいことを達成するための努力というものは、
決して無駄にならないことを覚えていなさい(ヘレン・ケラー
●あなたの身の上に最善のことが、定められてあると堅く信じなさい。
あなたの心がいと安らかであれば、すべての悩みを免れよう。
その時がやって来るならば、力強い助けが突然現れて、
あなたの愚かな悲しみを思いがけなく恥じ入らせよう(ヒルティ) 
●賞賛に値するのは、実際に行動した人物であり、汗と血でまみれ、勇敢に戦い、
何度も間違いを犯して成功にまで手が届かなかった人物であり、
熱意をもって身を捧げ、有意義な目標に向かって全精力を使い、
たとえ失敗したとはいえ果敢に挑戦した人物である。
その人物は、勝利も敗北も知らない臆病者たちとは一線を画している
(セオドア・ルーズベルト