【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン:理想・夢望・念志】で<死後:天国・御国・来世>に導く【神の愛=主イエス】!

【2021年4月4日に作成した<第737回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<死後:天国・御国・来世>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

★★ハッピー・イースター!<復活の【主イエス】>に感謝!★★

【主イエス】が三日後に復活された事を心に受け入れるなら私でも全人類の誰でもが
【罪:的外れの生き様】から霊的自由解放される証明であり死後の世界がある証拠です!

●イエスは言われた。
「私は復活であり、命である。私を信じる者は、死んでも生きる」
ヨハネ伝11-25)

ところで死後の天国を認める人の中には「安眠の場所」「何不自由もない極楽気分」で
現実世界のような刺激や変化の無い天国観を抱く人も多いのではないでしょうか。
以前の私も天国は私とは別格の心清い人だけが住む平安の場所だと思っていました。
しかし【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】で明確に示されている<死後の世界>は
いわゆる<安住の世界:極楽>に至るまでに数段階があり刺激いっぱいの世界です!
先ず今日現在【神の愛=主イエス】を受入れ死ねば【主イエス】再臨で地上誕生する
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>で<栄化:栄光の朽ちない体>されて
地上に復活するまで【神の愛=主イエス】の居る<御国待機所:天国・パラダイス>で
肉欲エゴや<7つの大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲>から解放され
眠らない霊的存在として【神の愛=主イエス】や先人や御使い達と共に楽しめます。

そしていよいよ迫り来る7年間の大患難時代の後に【主イエス】再臨で地上誕生される
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>で生老病死・四苦八苦ない心身で千年間も
各自の【ビジョン:理想・夢望・念志】で地球環境を<エデンの楽園>に再生復活させる
<全智・全能・全愛>【神の愛=主イエス】との神愛大事業が待っています!

実は<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>では肉欲エゴから霊的自由解放された
栄化の住人だけでなく大患難時代に【神の愛=主イエス】を受け入れた生存者もいるので
彼らは結婚し子供も産みます。千年の間には<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>は
閉じ込められていても原罪DNAの肉体なので子孫から反キリスト勢力も出現するので
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>でも刺激に満ちた世界となりそうです。

<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>で<エデンの楽園>を再生復活させた後に
最後の審判:白い御座の裁き>で<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>は葬られて
<来世:永遠の命・新天新地・神愛成就>が誕生することまでが約束されています。
私の現在の霊的解釈では、私たち各自が宇宙のどこかの天体を任されて創造主となって
御使い達を管理監督しながら一緒に新たな天地創造をすることを楽しみにしています!

●あなた方は、聖徒が世界をさばくようになることを知らないのですか。
 世界があなた方によってさばかれるはずなのに、
 あなた方は、ごく小さな事件さえもさばく力がないのですか。
 私たちは御使いをもさばくべき者だ、ということを、知らないのですか。
 それならこの世のことは、言うまでもないではありませんか
 (コリント前書6-2~3)

進化論の自然発生でなくて【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】が教え示しているように
創造主<陶器師>が存在して私たち<万事・万物・万象>は被造物<粘土>の立場であり
産まれる前から<生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】が任されており
<自分らしさ/オリジナリティ>【タレント:個性・才能・可能性】が託されていて
【青春:幼な心・青年の心】<熱き思い燃える心>【ビジョン:理想・夢望・念志】には
各自が役割を担って【神愛チーム・ワーク&神愛チーム・スピリット】で神愛結集して
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>での【御心:聖意・聖旨】が示される事を
私は体感します!

●あなた方は転倒して考えている。陶器師は粘土と同じものに思われるだろうか。
 造られた物はそれを造った者について、「彼はわたしを造らなかった」と言い、
 形造られた物は形造った者について、「彼は知恵がない」と言うことができようか
 (イザヤ書29-16)
●陶器が陶器師と争うように、おのれを造った者と争う者はわざわいだ。
 粘土は陶器師にむかって『あなたは何を造るか』と言い、
 あるいは『あなたの造った物には手がない』と言うだろうか(イザヤ書45-9)
●主よ、あなたは我々の父です。我々は粘土であって、あなたは陶器師です。  
 我々はみな、御手のわざです(イザヤ書64-8)。
●秘められたところで私は造られ、地の深いところで織りなされた時、
 私の骨組みはあなたに隠されてはいませんでした。
 あなたの目は、まだできあがらない胎児であった私を見られ、
 私の日々はあなたの書にすべて記されている。
 私のために造られた日々が、まだその一日もないうちから。
 神よ、あなたの、もろもろの御計らいを知るのは何とむずかしいことでしょう。
 私にとって御思はいかに貴いことか。神よ、いかにそれは数多いことか。
 数えようとしても、それは砂の粒より多く、その全体は何と広大なことでしょう。
 その果てを極めたと思っても、私はなお、あなたの中にいる
 (詩篇139-15~18)
■【One Body with Many Parts(コリント前書12‐12~31)】
●からだが一つであっても肢体(シタイ)は多くあり、
 また、からだのすべての肢体が多くあっても、からだは一つであるように、
 キリストの場合も同様である(コリント前書12‐12)
●神は御旨のままに、肢体をそれぞれ、からだに備えられた
 (コリント前書12‐18)
●目は手に向かって「お前はいらない」とは言えず、また頭は足に向かって
「お前はいらない」とも言えない。そうではなく、むしろ体の内で他よりも
 弱く見える肢体が、かえって必要なのである(コリント前書12‐21~22)
●もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み一つの肢体が尊ばれると、 
 ほかの肢体もみな喜ぶ(コリント前書12-26)
●あなた方はキリストの身体(カラダ)である。
 一人びとりはその肢体である(コリント前書12-27)
●<7つの賜物(ロマ書12-6~8)>
①【預言】であれば信仰の程度に応じて預言をし
②【奉仕】であれば奉仕し
③【教える】ものであれば教え
④【勧める】ものであれば勧めさとし
⑤【寄附する】ものは惜しみなく寄附し施し
⑥【指導し治める】ものは熱心に心をつくし指導し治め
⑦【あわれみ慈善をする】ものは喜び快くあわれみ慈善をすべし

そして此の世では【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】会場であり
出し惜しみせず【タレント:個性・才能・可能性】を最善発揮させれば、それに応じて
さらなる【賜物・神愛無償ギフト・神恵】<神愛神助:祝福・恩恵>が与えられるので
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の本番会場での神愛活躍が期待できます!

●誰でも与えられたものを上手に使う者には、もっと多くのものが与えられて、
ますます豊かになる。 だが不忠実な者は、与えられたわずかなものさえ
取り上げられる(マタイ伝25-29)
●誰でも持っている人は更に与えられて豊かになるが、
 持っていない人は持っているものまでも取り上げられる(マタイ伝25-29、ルカ伝19-26)
●それをもてる者は与えられて、なお余りあり。
 もたぬ者はその持てる物をも奪わるるなり(マタイ伝13-12)
 感謝は「もてる」を証明す(内村鑑三) 

【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデン楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
此の世の世界観を超えた【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な
【御心:聖意・聖旨】の<死後の世界:天国・御国・来世>を楽しみに待ち望みながら
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
チャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

●私が、どんなことがあっても恥じることなく、
 かえって、試練の時も、いつものように、
 キリストのために、大胆に語ることによって
 キリストのすばらしさが現わされて,
 生きるにも死ぬにも、
 私の身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望している。
 私にとって、生きることは、キリストのために良い機会を得たことを意味し、
 死ぬことは、さらにすばらしいことを意味する (ピリピ書1-20~21)
●不死不減はキリスト教の栄光ある発見である(チャニング)
●ときには、死について考えてみないわけにいかない。
 死を考えても、私は泰然自若としていられる。
 なぜなら、われわれの精神は、
 絶対に滅びることのない存在であり、
 永遠から永遠にむかって
 たえず活動していくものだとかたく確信しているからだ。
 それは、太陽と似ており、
 太陽も、地上にいるわれわれの目には、
 沈んでいくように見えても、
 実は、けっして沈むことなく、
 いつも輝きつづけているのだからね(ゲーテ
●死はそれほど恐れることではない。むしろ不十分な生き方を恐れなさい
ベルトルト・ブレヒト
●明日死ぬつもりで生きなさい。永遠に生きるつもりで学びなさい(ガンジー
●神を敬う心は、人間の死とともに減びず。人間の生死にかかわりなく、それは不減なり
 (ソフォクレス「ピロクテトス」)
●そのために死ねる何かを見つけていない男は、生きるのにふさわしくないのではないか。
 (何かのために死なない人間は、生きるにふさわしくない)(キング牧師
●人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。
 この問題が解決されるとき、その人は死についてあまり考えなくなります。
 人生の意義はあなたが人生から逃れることでなく、何を与えるかなのです。
 これがわかれば人生は豊かになります(キング牧師
●堅い信念をもつ。それは人間としてもっとも重要なことである。
 しかしいかに堅い信念であっても、
 ただ沈黙して胸にしまっておいたのではなんにもならない。
 いかなる代償を払っても、よしや死を賭けても、
 かならず自己の信念を発表し、実行するという勇気が必要である。
 ここにはじめてかれのもつ信念が生命をおびてくるのである(トスカニーニ
●死は人生の終末ではない。生涯の完成である(ルター)
●生活の目的は自己完成にあり、そして不死の霊の完成は人生の唯一の目的である
トルストイ
●世の中には生きながら 心の死んでいる者がいる
 その身は滅んでも魂の存する者もいる(吉田松陰
●死はむしろ新しい、より偉大な活動のはじまりであろう(ヒルティ)
●いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
 いやしくも弱気を発してはいけない。
 たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ(坂本竜馬
●死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし
 生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし(吉田松 
●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、
 力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、
 私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から
 私たちを引き離すことはできないのである (ロマ書8‐38~39)
●<われのすべて>(内村鑑三
 産を失うも可なり、願わくは神の御顔を見失わざらんことを、
 病いに悩むも可なり、願わくは神の御旨(ミココロ)を疑わざらんことを、
 人に棄てらるるも可なり、願わくは神に棄てられざらんことを、
 死するも可なり、願わくは神より離れざらんことを、
 神はわがすべてなり、神を失うて、われはすべてを失うなり。
 「われらに父を示し給え、さらば足れり((ヨハネ伝14-8)」
 わが生涯の目的は神を視、かれをわが有(モノ)とするにあり、その他にあらず。


ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン
   
それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://ch.nicovideo.jp/cforum
              https://cforum.exblog.jp/ 
                      
田中 聡(さとし)