【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】 【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】

【仲保者】の【愛敵精神】に学ぶ①

◇◇赦し・和解・相互理解に導く【仲保者】の【愛敵精神】(その1)◇◇
【2002年9月24日に作成した<第273回>に加筆】 

日・朝正常化交渉に思うこと ~【神の愛=主イエス】との≪正常化交渉≫

●汝の敵を愛せよ、汝を迫害する者のために祈れ、汝を憎む者に善をなせ(ルカ伝6‐35、マタイ伝5‐44)
●敵を愛し、あなた方を憎む者に親切にしなさい
●あなた方の父(神)が憐れみ深く完全なように、
 あなた方も憐れむ深く完全になれ(ルカ伝6-27~36、マタイ伝5-43~48)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

現在の日本で昼夜報道されている北朝鮮問題において考えさせられることは、どんな国家・民族・組織・集団で
あっても赦しや和解や相互理解したければ、結局は武力・経済力・権力などの【この世の勢力:富・権威・名声】で
解決できるのではなく、【神の愛=隣人愛】の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】による個人的な
交流から始まるということです。

何故なら、【主イエス】自身が我々人類を救済するために行ない示したことだからです。

【主イエス】が出現するまで神と我々人類のとの関係が不正常であったのを、【主イエス】独りが、関係を正常化する
ために【仲保者】となって下さったので、【主イエス】の【贖罪の十字架】を信じるならば、私たちは【主イエス】を通じて
個人的にいつでもどこでも、神様と直接に交流できる≪正常な関係≫を取戻せたのです!

【主イエス】が我々に手本として示された【仲保者】精神は【愛敵精神】であるといえるでしょう。

●【愛敵の教え】(内村鑑三
 ~善をもって悪に対するのが悪に戦って勝つことである~
 ◇【怨】に酬ゆるに【徳】をもってし
 ◇【憎】に対するに【愛】をもってし
 ◇【悪】に対するに【善】をもってすること
 ◆我を憎む者を愛し、呪う者を祝し、苦しめる者に幸福の至らんことを祈れ

実際に不可能と思われた様々な政治的交渉において、個人が【仲保者】として【愛敵精神】を発揮したことが解決に
導いた話があります。

解決に導いた彼らに共通するのは、≪個人的信仰≫を支えとした【愛敵精神】をもって、どんな敵対関係にあっても
相手の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を信じ望み愛せたからだと思います。

●神は善きを視るに敏くして、悪魔は悪を探るに巧みなり
 神は奨励する者にして、悪魔は失望せしむる者なり(内村鑑三
●神の神たるは人の善きを思うて悪しきを思わざるにあり。
 悪魔たるは人の悪しきをのみ思いえて人の善きを思いえざるにあり
●人の心を見て慈悲をもて、行いだけを見て責めるな(キングスレー)

例えば、カーター元大統領は79年にアラブ諸国を代表するエジプトと敵対するイスラエルとの和平を初めて実現させた
【仲保者】です。当時のエジプトのサダト大統領に対して和平への【愛敵の心】を開かせたのには秘話があります。

カーターはエジプト、イスラエルの両首脳との三者で別荘キャンプ・デービットにて一緒に寝泊りしながら、何日も話し合いました。
しかし、一向に進展が見られません。もはや決裂かと思えた日に、信仰深いカーターならではの、発見をします。

それは、サダトの「おでこ」にある大きな≪タコ≫です。サダト自身は敬虔なるイスラム信仰者だったのです。毎日欠かさずに
日に何回も頭を床につけて祈るために遂には大きな≪タコ≫ができたのでしょう。

カーターはサダトとの信仰的共感によって、彼とは親近感を抱けるようになります。

それまでの政治的交渉を止めて、信仰的説得によって理解を求める道を見出すのです。そして、あの紀元前の時代から始まった
民族の争いに奇跡的な和平が実現できたのです。

もし、カーターに厚き信仰心による【愛敵精神】なかったとしたら、いくら時間を費やしても、歴史的和解は実現できなかったに
違いありません。

湾岸戦争時にイラク大統領のフセインが米軍人質を無事解放できたのも【仲保者】の活躍があったと聞きます。それは元ボクサーで
敬虔なイスラム教徒モハメド・アリの個人的交渉です。

ご存知の様に、アリはオリンピックでアメリカに金メダルを獲得し堂々と誇りを抱き帰国しますが、まだ黒人差別が激しい当時、彼は
世間からあまり歓迎されませでした。彼は金メダルを川に投げ捨てて、黒人解放運動に共鳴しイスラム教徒となって黒人の社会的
地位を守るべく公民権獲得を目指してプロ・ボクサーとして活躍します。

しかし、ベトナム戦争が勃発し彼にも徴兵命令が下ります。彼は戦争は個人的信仰に反するとして拒否します。チャンピオンとして
高額納税していることで国家に十分に貢献しているという正当性を主張しても、結局彼はボクサーとしての資格を剥奪され社会的に
抹殺されるのです。

アリは個人的信念を貫き国家を相手に独り戦ったのです。平和のために社会的生命を失うことも覚悟で戦った彼は、やがて社会復帰を
許されて見事にチャンピオンにかえり咲きました。

そんなアリにしかできない【ミッション:使命・天職】が【神の愛】から与えられることになります。米国の代表であり世界最大の権力者とまで
言われる米国大統領にして不可能であった米軍人質の解放交渉です。

武力や政治力など【この世の勢力:富・権威・名声】を駆使した強硬手段のみの米政府要人の交渉では最早解決はみられない
危機的状況にありました。

最後の望みはフセインの中にある【霊性:魂[勇気]・善意・良心】であったといえるでしょう。彼は昔からモハメド・アリを尊敬していたことは
米国でも有名だったそうです。

そこで、若い頃に米政府には苦い経験があるにもかかわらず、白人米兵を救済する為に自発的にフセイン大統領への人質解放交渉に
出向くのです。そして見事に成功します。

まさに、≪個人的信仰≫を支えとして【仲保者】としての【愛敵精神】の勝利でした。

ジャマイカでは、現地のレゲイ音楽を世界に知らしめて、音楽で平和の実現を目指した伝説の男ボブ・マーレイの活躍も有名です。
彼は英国人の父とジャマイカ人の母親との間に生まれたために、ジャマイカでも英国でも差別されてしまう苦い経験を持ちます。

しかし、だからこそ「ワン・ラブ・ピース」という【愛敵精神】に目覚めたのです。彼が生まれた時には既に軍人の父は英国に帰国して
いませんでしたが、母親は父親のことを公平を重視し差別を嫌う立派な人物であったと教え続けたそうです。おかげで彼は自分の
生い立ちを恨むことなく誇りを抱けるようになれたのです。

彼は自分のルーツを探す旅に出ます。ジャマイカ人は元々アフリカから奴隷として連行された人々であり、彼は母親のルーツであるアフリカを
訪れて、その音楽性と精神性を学びます。そして、父親のルーツである英国に行ってアングロサクソンのチャレンジ精神と欧米の民主主義
精神を学んだといえるでしょう。

彼は英国でミュージシャンとして大成功して富と名声を得ますが、最貧国であったジャマイカに帰国を決意します。それは、ジャマイカ
政治的混乱にあることを英国で知る事になるからです。当時ジャマイカでは二大政党が政権闘争に長い年月明け暮れて、民衆は疲弊
し、その犠牲になって悲惨な状況だったからです。

ボブは政治的交渉でなく自分でしかできない方法で、それまで不可能と思われていた政治的和解を実現してみせます。

それは、彼が主宰して平和を願う≪音楽イベント≫をジャマイカで開き、民衆と共に長年敵対関係にある二大政党の党首を招待したのです。

「ワン・ラブ・ピース」を願うスピリチュアルなボブの歌を民衆と党首は聞きながら、コンサートは混乱も暴動もなくラストを迎えました。
ボブはステージの上から二人の党首の名前を呼びかけます。彼らはボブに促されてステージに上がり握手したのです。

それは民衆にとって信じられない光景でした。平和を愛する【仲保者】であるボブのおかげで、それまで不可能と思われていた政治的和解も
見事に実現したのです。

ボブの≪個人的信仰≫から生まれた【愛敵精神】が起こした世紀的【神の愛の奇蹟】といえるでしょう。

ここに挙げた実例に学べる事があります。それは、【愛敵精神】を抱き【信・望・愛:信じる心・望む心・愛する心】があれば、どんな
不可能と思われる事も【神の愛の奇蹟】として実現できるということです。

それは【不完全:闇・罪悪・マイナス】と思われる現実の中にも【完全性:光・善徳・プラス】の理想を発見できる【神の愛=隣人愛】から得る
【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】といえるでしょう。

●いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
 このうち最も大いなるものは、愛である(コリント前書13‐13)
●神は私たちの内に住まわせた霊をねたむほどに深く愛しておられる。さらに、
 大いなる恵みを下さる(ヤコブ書4‐5~6)

★★【その2】につづく★★