【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【オーディション&リハーサル】に挑戦!①

◇◇【神の愛=主イエス】の【試練&召命:オーディション&リハーサル】に挑戦しよう! (その1)◇◇
【2007年7月13日に作成した<第436回>に加筆】

●あなたは我が内臓を造り、我が母の胎内で私を組み立てられた。
 私はあなたをほめたたえ感謝します。
 私はあなたの恐ろしい力によって、驚くべきものに造り上げられている。
 御業がどんなに驚くべきものか、私の魂はよく知っている(詩篇139-13~14)

ご存知のように、ハリウッド映画や米国TVのシリーズ・ドラマでは、スパイ映画や政治モノがよく見られます。興味深いのは、特別な任務(ミッション)遂行のためには、時には服役中の囚人や凶悪犯罪の前科者でも、召集することです。たびたび見られるので、実際にそのような起用もあるのだと思います。

なるほどと思わせることが最近TVで紹介されていました。それは、ブロードウエーのオーディションのことです。日本のオーディションの場合は、面接の前に、書類審査があるそうです。性別、年齢、体格など、詳細な前提条件が示されていて、履歴や過去の実績などの書類審査で、ほとんどの応募者は落とされます。

一方で、米国は異なるようです。たとえば、年齢指定については、「~歳に見える人」となっているそうです。書類審査は一番最後であって、先ずヤル気さえあれば「とりあえず、面接に来てください」といわれるそうです。

役柄(任務)に<最適な人物(ライト・スタッフ)>を見つけるためには、過去の実績や肩書き履歴などの「紙きれ(書類審査)」で判断するのではなく、実際に「本人(人物)」と面接することで、本人すらも、まだ気づいていない、隠れた、素晴らしい【タレント:個性・才能・可能性】を見つけ出そうとする意欲を感じるではありませんか!

米国大リーグのスカウトマンの行動もTVで紹介されていましたが、日本の優秀な野球選手発掘のために、野球の名門学校を訪問するだけでなく、街中のバッティング・センターなどでも捜したりするようです。

既に出来上がった選手でなく、専門家に知られず、まだ荒削りでも、磨けば光る<逸材>を探し出すのです。
選考の第一条件は、技能や実績ではなくて、何よりも「野球が大好き!」という【愛好精神】だといえるでしょう。
あるアメリカ人の監督の発言を思い出します。

 「野球選手とは<プレイヤー(楽しく遊べる人)>であり、<ワーカー(仕事人)>ではない!」

このような<オーディション・選考方法>は、【神の愛=主イエス】の【試練&召命:オーディション&リハーサル】にも通じます。
【神の愛=主イエス】は、人智よりもエキサイティングで、ビッグ・サプライズであり、ワンダフル(不思議一杯)でありながら、最後の最後には<真・善・美>に満ち溢れた最善最強の【ライト・スタッフ(適任者)】となっているから、素晴らしい感動と勇気と励みと希望が与えられます。

旧約の時代に【神の義】に選ばれた「酒飲みのノア」や「嘘つきのアブラハム」や多くの預言者たち、モーゼも、ダビデも、【神の愛=主イエス】が選んだ最初の十二弟子(使徒)たちも、彼等が生きた【この世の勢力:富・権威・名声】とは無縁な無芸無学の在野の人が中心でした。

【この世の勢力:富・権威・名声】からすれば<書類審査>で落とされるような立場であっても、【神の愛=主イエス】の【試練&召命:オーディション&リハーサル】では、ヤル気さえあれば、【ビジョン:理想・夢・志】さえあれば、それだけでも見事に合格できる<ビッグ・チャンス>です。【神の愛=主イエス】は先ず<心の中>や<心意気>を見るからです!

●人は表面のことを見るが、神は心中を見られる。人は行ないを考察するが、神は意図をおもんばかられる(トマス・ア・ケンピス)
●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
 人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
 人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
 人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
 神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)

被造物である人間のスカウトマンでも、隠された【タレント:個性・才能・可能性】を見抜くことができるのですから、まして【造り主】である【神の愛=主イエス】ならば、人間の洞察力よりも、遥かに精密に【タレント:個性・才能・可能性】を見極めてくださり、<最善の任務>である【ミッション:使命・天職】導いてくれることに、私は感謝して喜んで従います!

●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる(ロマ書8-28)
●私が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです(ヨハネ伝10-10)

日本で人気あるオードリー・ヘップバーンは、幼少時の戦争体験が「心の傷」となったそうです。彼女は傷を癒し修復させるために「幸福な家庭」を目指します。

映画女優としては大成功するものの、私生活では結婚と離婚を繰り返し、映画出演のチャンスを捨ててまでして10年間も子育てに専念しますが、彼女の「心の傷」が癒されたのは、60歳を過ぎた亡くなる直前だったのです。

ご存知のように、晩年のオードリーは、ユネスコ親善大使として、アフリカやインドなどの貧しい子供たちを助け励ますことに献身的に活動しました。

戦争難民や貧困飢餓など様々な【苦難】に直面する子供たちと<心を一つ思いを一つ>にして、「心の傷」から、ようやく自由解放されたそうです!自分の幼少体験と様々な人生経験が、今日のために用意されていたことが確信できたのです。

そうです!【神の愛=主イエス】はオードリーの心からの望み通りに、愛と自由に飢えた世界の子供たちと交流することで、彼女が気づかなかった「幸福な家族」を、時にかなって与えてくれたのだと信じます!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

オードリーはTV番組で嬉しそうに微笑みながら語ってくれました。

「私にとって、辛かった幼少時代も、女優としての成功も、私生活も、人生60年間は、今日のためのリハーサルでした!」

●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
●神の御心にかなうことを求め行なう以上に快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三

オードリーが献身的に働き、支援を求めるから、世界中の人々が、苦難にある子供たちに注目するようになりました。
まさに、苦難と成功を経験したオードリーだからこそできる!替わりの無い、素晴らしい【ミッション:使命・天職】ですね。
【神の愛=主イエス】は60年間という長い時間をかけて、【試練&召命:オーディション&リハーサル】をしてくれたのです!

●あなた方は、力を尽くして信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には信心を、信心には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。
 これらのものが備わり、ますます豊かになるならば、あなた方は怠惰で実を結ばない者とはならず、私たちの主イエス・キリストを知るようになるでしょう。
 これらを備えていない者は、視力を失っています。近くのものしか見えず、以前の罪が清められたことを忘れています。だから兄弟たち、召されていること、選ばれていることを確かなものとするように、いっそう努めなさい。これらのことを実践すれば、決して罪に陥りません(ペテロ後書1-5~10)

★★【その2】につづく★★