【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】=【善】は勝利する!①

◇◇【神の愛】は【善】なり!【善】は勝利する!(その1)◇◇<改訂版・再掲載>
【2005年12月29日に作成した<第394回>に加筆】

●You are good and do good!
 あなたは善なる方、いつくしみ深くあられ、すべてを善とする方で慈しみを施されます(詩篇119-68)
●神は善なり(マタイ伝19-16)⇔神を知るは善人なり(内村鑑三
●イエスは言われた。「なぜ、善いことについて、私に尋ねるのか。善い方はお一人である。もし命を得たいのなら、掟を守りなさい。」(マタイ伝19-17)
●【真の善人】(内村鑑三
自己を害(ソコナ)わずして他を利し,
己れを潔くすると同時に公衆の幸福と社会の清浄とをはかり
古人を学ぶと同時に自己の特性を開発する
理想的の善人たらんとする道とは;
 ◆己れの利を求めざる人(コリント前書13-5)
 ◆己れの事のみを顧みず人の事を顧みる人(ピリピ書2-4)
 ◆天より賜(タマ)いし所の賜物をゆるがせにせざる人(テモテ前書4-14)

今年一年も様々な悲惨な出来事が起こり、怒りや悲しみのあまりに、時には【神の愛】の不在を思わせるようなことも個人的出来事にも社会的出来事にも感じさせられました。皆さんはどうでしたか?
 
「【神の愛】があるなら、どうしてこんなことが起こるのか?!【神の愛】が何故このようなことを許されるのか?!」

私たちは結論や成果を急ぎ過ぎます。目先の身近な知識と経験だけで、すぐに原因・理由を探そうとします。
【善き羊飼い・救い主】である【神の愛・主イエス】から観るならば、まさに私たち人類は【迷える子羊】なのでしょう。

以前にも紹介しましたが、【羊】の大きな特性は三つあるそうです。

ーが遠い
¬椶悪く近眼
5∩稻槐修ない

「耳が悪い」とうことは、つまり、「神の声=【神の愛】」に聞き従わずに、自分勝手に動き回り、挙句の果てには迷子になってしまうことになります。

「近眼」であることは「目先の現実:この世の利害・損得」にばかり忙しく心が奪われて、崇高な理想や将来展望や遠大で荘厳なる【天国再建】計画や【来世への希望】などを抱きにくいことを示しているといえるでしょう。

「帰巣本能がない」という事は、我々が安全な【エデンの園】から追放され、苛酷な「荒れ野(現実)」をさまよう中で自力では安全な【エデンの園】に帰る事ができず、【善き羊飼い・主イエス】に見つけ出され、導かれてこそ、ようやく身も心も【天国・神の国】に立ち帰ることができるという示しなのでしょう。

●私は善い羊飼いである。善い羊飼いは、羊のために命を捨てる(ヨハネ伝10-11)
●私は羊の門である。私を通って入る者は救われ、また出入りし、牧草にありつくであろう(ヨハネ伝10‐9)

身近な心配に心奪われている【迷える子羊】の私たちが、今日現在には理解に苦しむ出来事であっても、必ずや【神の愛=主イエス】の【愛の摂理】が働いて、不思議に満ちた【神の愛の奇蹟】によって【最善】に導かれることを信じましょう!

●私の思いは、あなた方の思いと異なり
  私の道は、あなた方の道と異なる
 主の御告げ
  「天が地よりも高いように
  私の道は、あなた方の道よりも高い
  私の思いは、あなた方の思いよりも高い」(イザヤ書55-8~9)
●天の下では、何事にも定まった時期あり、すべての営みには時がある。
 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
 植えるのに時があり、植えたものを抜くのに時がある。
 殺すのに時があり、癒すのに時がある。
 崩すのに時があり、建てるのに時がある。
 泣くのに時があり、微笑むのに時がある。
 嘆くのに時があり、躍るのに時がある。(伝道の書3-1~5)
●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3-11)
●我(主)が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)

私たちが【荒れ野<現実>】の過酷な【闇:悪・不義・不完全】にばかり圧倒され戸惑い、【光:善・正義・完全性】である【神の愛】の存在を見失って、喜ぶのは【この世の君・悪魔】だけです。

しかし、どんなに【最悪】にあっても、必ず【最善】に至る道が残されていることを、私たちは【神の愛】によって発見できます!
どんなに最悪な【この世の君・悪魔】の誘惑であっても、【神の愛=主イエス】を知る【ビッグ・チャンス】です!ハレルヤ!

●Everything happens for the best!
●悪い事の中にもなにほどかの善の魂がまじっている。人が注意ぶかくそれをさがし出すならば(シェークスピア
●神(愛)を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて全ての善き物をもって汝を恵まん(内村鑑三)
●私たちは善を行うことに、うみ疲れてはならない。たゆまないでいると時が来れば刈取るようになる(ガラテヤ書6‐9)
●希望は時々刻々この世に臨みつつあり、腐敗の累積はあえて恐るるに足らざるなり(内村鑑三)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、他のいかなる道でも達せられないほど、神に近づく事ができる(ヒルティ)
●すべて彼(主イエス)を信じる者は失望に終わることがない(ロマ書10―11)

【闇の勢力】が強い時代だからこそ、私たちは【光:善・正義・完全性】を捜し求めて【神の愛】に喜んでもらいましょう!

●彼らの目を開き、彼らを闇から光へ、悪魔の支配から神のもとへ帰らせ、また、彼らが罪の赦しを得、私(主)を信じる信仰によって聖別された人々に加わるためである(使徒行伝26‐18)
●善を信じなければならない。善なるものがこの世には存在すること、そして、それは悪に対して勝利をおさめる力をもつことを信じなければならない(ヒルティ)
●善の勝利についての絶望は、常に個人的勇気の欠乏である(ヒルティ)

世間が何と言おうとも、私たち個人個人が、自分から好き勝手に【神の愛=主イエス】を拒絶して遠ざかったとしても、【神の愛=主イエス】は、いつどんな時でも私たちを見守っていてくれ、【最善】に導いてくれる!ことを堅く信じましょう!

●我は逃れんと欲して、我が神の恩恵の手より逃れることはできない。
 神は奈落の底にまで、神の手を拡げて我を支え我を救い給う(内村鑑三詩篇139‐7~8)
●私はあなた(主)の御霊から離れてどこへ行けましょう。
 私はあなたの御霊を離れてどこへ逃れましょう
 たとい、私が天に昇っても、そこにあなたはおられ
 私が黄泉(ヨミ)に床を設けても、そこにあなたはおられます(詩篇139‐7~8)

日頃からどんなに覚悟していても、時には、「ああ、【神の愛】でも、こんな(間違った)私だから助けてくれないんだ・・・」と思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、私の実体験では、どんなに私自身が卑しく背徳・不義の悪党であろうとも、たとえ私の方が身勝手に【神の愛】を恨めしく思っても、いつでも【神の愛】は私の【最善】のために助け導いていてくれたことを自信を持って公言します!

●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないようなことがあろうか。たとい彼等が忘れるようなことがあっても私(主)はあなたを忘れることはない(イザヤ書49‐15)
●私に目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している <Very Important Person in God' Eye>(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
●これらの小さい者の一人が滅びることは、天に在ますあなた方の父の御心ではない(マタイ伝18‐14)

たとえ私自身の自己都合で自己責任の過失であろうとも、その結果で【この世】の【最悪・どん底】に陥ってしまったとしても、そして世間や家族から孤立無援となろうとも、【神の愛=主イエス】だけは見捨てることなく【最善】に立ち帰る【チャンス】をいつでも提供してくれるのです!

●私が暁(アカツキ)の翼をかって、海の果てに住んでも、
 そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます(詩篇139-9~10)
●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から私たちを引き離すことはできないのである
 (ロマ書8‐38~39)

【十字架のイエス】の傍らで、共に処刑された名も無き【悪党】であっても、人生の最後の最後に【パラダイス】に行けた事は私たちもまた、いつでも【ビッグ・チャンス】がある証明です!

●「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、私を思い出してください」と言った。
 するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日私と一緒に楽園にいる」と言われた(ルカ伝23-42~43)
●The Best is yet to come!<最善の時はこれからだ!>(ブラウニング)
●【最善の最後(内村鑑三)】
 信者の生涯は始めは悪くして、終わりは善くある。
 終わりに近づくほど、ますます善くある。
 最後(ラスト)が最善(ベスト)である。

★★【その2】につづく★★