【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【マリア信心】⇔【礼拝】スピリット!①

◇◇【マリア信心】に学ぶ【礼拝:★讃美★祈り★感謝】スピリット!(その1)◇◇<改訂版・再掲載>【2006年7月14日に作成した<第410回>に加筆】 

【神の愛】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは。ご愛読に感謝します!

私はカトリック、正教会、プロテスタントでもなく、いわゆる<キリスト教会信者>ではありません。
つまり【神の愛=主イエス】を直接に個人的に信仰する【キリスト熱愛者】といえます。

そんな私ですが、【聖母マリア信心】に対しては、偶像崇拝や現世利欲の一種に過ぎないと(おそらく多くのプロテスタントが感じるように)思い込んでいました。

ところが、ハヤット神父の記す『幸せのおとずれ』に出会って【マリア信心】の理解において目からウロコが落ちました!

皆さんもご存知のように【主イエス】が初めて【奇蹟】を起こしたのは「カナの婚礼」です。
マリアの知り合いの家で行なわれた婚礼の宴会で、水をワインに変えたという【奇跡】です。

この出来事について【聖書・福音書】には次のように簡単に記されています。

◆カナでの婚礼(ヨハネ伝2-1~9)
●三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。
 イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。
 ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った。
 イエスは母に言われた。
 「婦人よ、私とどんなかかわりがあるのです。私の時はまだ来ていません。」
 しかし、母は召し使いたちに、
 「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言った。
 そこには、ユダヤ人が清めに用いる石の水がめが六つ置いてあった。
 いずれも二ないし三メトレテス入りのものである。
 イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、
 かめの縁まで水を満たした。
 イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」
 と言われた。召し使いたちは運んで行った。
 世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、
 水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、
  言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを
 出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」
 イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。
 それで、弟子たちはイエスを信じた。
  この後、イエスは母、兄弟、弟子たちとカファルナウムに下って行き、
 そこに幾日か滞在された。

これだけ読むだけでは、あまり状況を理解できない私にでも、ハヤット神父は解り易く
興味深い説明をしているのです。

カナという場所ではマリアの知り合いの結婚式があり、招待されたのですが、ワインが
不足したので、新郎・新婦を気の毒に思った母マリアは【主イエス】に奇跡的に彼らを
助けるように頼みます。

しかし、【主イエス】にとっては、まだ【奇蹟】を行う時期でも予定ではなかったので
「私の時はまだ来ていません」と応えます。

それでも、母マリアはきっと何とかしてくれる!と信じて、近くで給仕をしている人に
向かって伝えます。「この人(イエス)の言うとおりにしてください」と。

こんなに母マリアが熱心に信じ望んでいるので、何とかしないといけないと思われて、
【主イエス】は意に反して初めての【奇蹟】を行なったと、ハヤット神父は説明します。

この【奇蹟】のおかげで、たとえ【主イエス】が【奇蹟】を行われるつもりがない時でも、母マリアに頼まれると【奇蹟】が実現する<母と息子との特別な関係>が築かれました!

カトリック信者の【マリア信心】とは、単なる<偶像崇拝>ではなくて【聖母マリア】の
<御取り次ぎ>と<心を一つ思いを一つ>の【礼拝:★讃美★祈り★感謝】といえます。

最近つくづく<心を一つ思いを一つ>にした【チーム・ワーク&チーム・スピリット】の
【礼拝:★讃美★祈り★感謝】の【愛のパワー】に感服させられたので、現在の私ならば、【マリア信心】を大切にするカトリック聖職者の<心意気>を理解できます。

<心を一つ思いを一つ>にできる<肉的伴侶・家族>を持てるプロテスタント聖職者では
基本的にカトリックの修道士・宣教師・聖職者は生涯を通じて<肉的家族>を持ちません。
だからこそ、<霊的家族>であり人間的な【聖母マリア】を発見できたのだと思うのです。

【神の愛=主イエス】に<心を一つ思いを一つ>にした【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を
<この世>でいつどこでも実践したくても、自分独りだとしたら不安であり、心配ですね。
そんな時でも、【聖母マリア信心】による<御取り次ぎ>ならば、最善・最強の味方です!

●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。二人、三人が私の名によって
 集まっているところには私(主イエス)もその中にいる (マタイ伝18-19~20)

【マリア信心】は世間的な偶像崇拝に陥らないための最善の<防波堤>といえるでしょう。

たとえ教会信者でも、いつでも<心を一つ思いを一つ>にしてくれる【同労者・同志】が
いてくれるとは限りませんね。

タンホイザーや放蕩息子や私自身のように、自業自得で道をはずれ<泥だらけ>になって
世間や家族からも見捨てられ、教会とも無縁で、人生の最悪のどん底に意落ち込んだ時に、そんな哀れな人間のためにも、親密に<心を一つ思いを一つ>にしてくれる存在こそが、【聖母マリア信心】に発見できます!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●キリストの名によって、あなた方に勧める。みな語ることを一つにし、お互いの間に
 分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい
 (コリント第1書1-10)
●あなた方に幾らかでも、キリストによる励まし、愛の慰め、“霊”による交わり、
 それに慈しみや憐れみの心があるなら、同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、
 思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。(ピリピ書2-1~2)

そして、積極的に前向きに考えてみても【マリア信心】による<御取り次ぎ>は有効です。
【神の愛=主イエス】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】して【神の愛の奇蹟】を求める時、有名な聖職者や聖地に無縁であっても<母と息子の特別な特権>にある【聖母マリア】の<御取り次ぎ>に頼むことほど、身近でいつでもどこでも、確実なことはありませんね。

皆さんの身近に【神の愛の奇跡】を求めている隣人がいて、途方にくれて困っているなら、【聖母マリア信心】の<御取り次ぎ>を私は自己体験と自信をもってお奨めします!

●心を奥底から満たすもの、すなわち何であれ真実だ(ホイットマン
●私は平安をあなた方に残して行く。私の平安をあなた方に与える。
 私が与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。
 あなた方は心を騒がせるな、また、おじけるな(ヨハネ14-27)
●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、
 これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。
 神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)

★★【その2】につづく★★