【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【自己肯定】に導く【神の愛】!①

◇◇現実の【闇:悪徳・不完全】があるからこそ、
       理想の【光:聖善・完全性】を祈り求めよう!(その1)◇◇<改訂版・再掲載>
【2005年12月7日に作成した<第392回>に加筆】
★★【神の愛=主イエス】の<最大の宿敵>は<自己否定>!★★

●神は暗黒の深い底をあらわにし闇の中から秘密をあらわし死の闇を光に引き出される
ヨブ記12-22)

日々のTV報道を観れば、日本社会の現実は【闇:悪・不完全】に満ち溢れているように
映ります。さらに私自身の心は、世間の【闇・悪・不完全】よりも、比べようも無い程の
恐るべき、忌まわしき、恥ずべき、【暗黒の世界】で覆われています。

自己や社会の現実の【闇:悪徳・不完全】が濃く鮮明になっているように思われるのは
【神の愛】による【光:聖善・完全性】が真昼の太陽のように、近づいている証明です!

【光】が増し加われば、自己も【隣人・社会】でも薄明かりの中で不鮮明だった【闇】も
耐え切れず、逃げ隠れる事ができず、【神の愛=隣人愛】に苦しみ暴れていると感じます。

●起きよ、汝の光を放て、主の光が臨み、主の栄光が汝の上に輝いているからだ
 見よ、闇が地をおおい、暗闇が諸国の民をおおっている。
 しかし、汝の上には主が輝き、主の栄光の臨在が汝と共にある
 国々は汝の光の内に歩み、王たちは汝の輝きに照らされて歩む(イザヤ書60‐1~3)
●私は言う。「闇の中でも主は私を見ておられる。夜も光が私を照らし出す。」
 あなたには、闇も暗くなく、夜も昼も共に光を放ち、夜は昼のように明るく輝く。
 あなたには、闇も光も同じで異なることはない(詩篇139-11~12)

世間の【闇:悪・不完全】を弾劾するのは簡単でも、私自身の心の【闇:悪・不完全】を
完全に追放することは困難です。

自分の【闇:悪・不完全】を打破できないことは<自己否定:自己嫌悪・自己不信>となり、
この【自己否定:自己嫌悪・自己不信】こそが【神の愛=主イエス】の宿敵だと実感します。

ところで、一般のクリスチャンやキリスト教会制度では【自己愛:エゴ・自己本位】こそが
<諸悪の根源>で【神の愛=主イエス】に反する【最大の罪悪】に通じるとみなしています。

従って一般的に「教会」の説く「悔い改め」とは、【自己愛】を捨て去る事で【隣人愛】に
立ち帰ることを教わるのではないでしょうか。

「悔い改め」の語源であるギリシャ語の「メタノイア」は「回れ右!」であると聞いた事が
ありますが、つまり、【自己愛】と【隣人愛】とは、<正反対>方向にあることになります。

しかし私の実感では「自分が大好き!」という【自己愛=自己肯定】は【隣人愛】と同様に
肯定的・積極的・創造的・挑戦的である点では【神の愛=主イエス】に通じると思います。
つまり【自己愛=自己肯定】もまた【神の愛】による素敵な【賜物=愛】だと実感します。

●【積極的人生】(内村鑑三
 すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、また彼の中にアーメンとなる。
 神は是なり、またアーメンなり。彼は万事において積極的なり。
 しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、
 すなわち全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり
 <すべてにおいて積極的人物となる!>
●人は止まらんとし、神は動かんとし給う
 人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
 人は制定せんとし、神は産出せんとし給う(内村鑑三

従って【自己愛=自己肯定】よりも恐るべき<諸悪の根源>とは、自分を見限ってしまう
【自己否定:自己嫌悪・自己不信】こそが【神の愛=主イエス】に反する【最悪の罪】に
通じる<入り口>だと感じます。

たとえば、「悔い改め」で有名な「クリスマス・キャロル」の主人公であるスクルージは、
【エゴの象徴:自己保身・利己主義】のように扱われる代表的人物です。

彼は幼い頃の苦い経験によって、「自分が一番嫌い」でした。その結果として彼の心から
【自己愛=自己肯定】は消え失せて【自己否定:自己嫌悪・自己不信】が膨らんで行き、
自分自身を自分が好きになれない代償に【この世の勢力:富・権威・名声】を好きになる
偶像崇拝】が生まれたのだと理解します。

本来の「悔い改め」は【この世の君・サタン】が喜ぶ、自己を否定する【偶像崇拝】から
【神の愛:自己愛・隣人愛】崇拝への「回れ右!」であると私は実体験から理解します。

●彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神の御もとに立ち帰らせ、こうして
 彼らが私(主)への信仰によって、罪の赦しを得、聖なる者とされた人々と共に恵みの
 分け前にあずかるようになるためである。(使徒行伝26-18)

自己の【闇:悪・不完全】を知れば知るほど、自分が嫌いになり自信がなくなってしまい、
自分以外の誰かに愛されたい!とか誰かに認められて大切にされたい!と思うようになり、
【自己否定:自己不信・自己嫌悪】するほど【偶像崇拝】に陥ってしまうのだと思います。

教会権威・宗教組織に従属する<教会的信仰>も、時と場合によって【偶像崇拝】の対象に
なりかねないと思います。

「常に相手の立場・神を考えよ!」「我欲を抑えろ!」「自己愛やエゴを棄てろ!」
自己実現を考えるな!」など教会的<自己否定>の【戒律】に縛られていませんか?

<自己規制・自粛>するための【自己否定:自己嫌悪・自己不信】も<つまづきの石>に
含まれると私は思います。

つまり、無邪気に自分が大好き!という【自己愛=自己肯定】が【神の愛=主イエス】に
反するというより、自己を愛せず認められない【自己否定:自己嫌悪・自己不信】こそが
【悪:無知・無関心・無責任】に通じる【最大の宿敵】であると明確に定めましょう!

●愛さない者は神を知らない。神は愛なればなり(ヨハネ第1書4‐8)
●我等は愛せられんと欲するも愛せられず、しかれども愛するは我等の自由なり
 (内村鑑三
●自分自身を愛するように隣人を愛しなさい(レビ記19-18)
●隣人を自分のように愛しなさい(マタイ伝19-19、ロマ書13-9)
●【最も重要な掟】(内村鑑三
 ★心をつくし、精神をつくし、力をつくし、思いをつくし、主なるあなたの神を愛せよ。
 ★自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ。
  (マタイ伝22‐37~39、マルコ伝12‐30~31、ルカ伝10~27、申命記6‐5)
●イエスは言われた、
 『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、主なるあなたの神を愛せよ』
 これが一番大切な、第一の戒めである。第二もこれと同様である。
 『自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ』
 これらの二つの戒めに、律法全体と預言者とが、かかっているこの二つの戒めに
 優る掟はない(マタイ伝22‐37~40、マルコ伝12‐29‐31、ルカ伝10‐26~28)
●律法全体は「隣人を自分のように愛しなさい」という一句によって全うされる
 (ガラテヤ書5-14)
●もしあなたがたが、聖書に従って、「隣人を自分のように愛しなさい」という
 最も尊い律法を実行しているのなら、それは結構なことです(ヤコブ書2-8)

★★【その2】につづく★★