【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<センチネル>に導く【神の愛】!②

☆☆【ブログ訪問者発掘シリース】☆☆
【2006年9月25日に作成した<第415回>に加筆】 
◇◇名誉ある<【センチネル:見張り番・守り役】の務め>に感謝!②◇◇


★★【その1】のつづき★★

さらに、後天的に人為的に、環境秩序が混乱破壊されてしまったり、
本来の<持ち場>の<ライト・スタッフ(最適者)>が不在となったとしても、
【神の愛=主イエス】から観れば、一切心配御無用であることも感動的です。

人為的であろうと天災であろうと、もし【センチネル】が不在となったなら、
身代りが【神の愛=主イエス】に任命されるからです。

ガラパゴス諸島では、ダーウインが「進化論」の証拠として研究した
「ダーウイン・フィンチ」という小さな鳥の多様性は有名です。
TV番組では、本来の「フィンチ」の祖は動物の毛肌につく虫を主食とするのが、
様々な環境に対応して進化したと解説します。

しかし、私の理解では、ガラパゴス諸島という外界と隔絶した<小宇宙>である
<天然世界>を守るために、特別にフィンチが【神の愛=主イエス】から
名誉ある【センチネル】として大抜擢されたのだと思うのです。

初めて上陸したダーウインは、フィンチが人間を恐れることなく、近づいて来て、
触っても逃げなかったことを驚きとして記しています。【神の愛=主イエス】の
<似姿>といわれる人間に、それだけ素直になついていると言うことは、
【神の愛=主イエス】に最も近い主従関係であった証明ではありませんか!

ガラパゴスにはキツツキ系の鳥がいないため、木々の穴に住み着く虫を間引きして
木々を健康に守り育てる【センチネル】となります。
驚くべきは「キツツキ・フィンチ」は、キツツキのような頑丈な頭と「くちばし」を
持っていないために、小枝を道具にして、穴に住む虫を誘い出すと言う
見事な業を持っています。

またガラパゴスの他の孤島では、他の動物から吸血する者や、他の鳥の卵を
間引きして主食とする者もいます。彼らは自分勝手に生態進化したのでしょうか?
私にはそうは思えません。【神の愛】に最も忠実で素直な「フィンチ」なので、
【神の愛=主イエス】に命じられて、ガラパゴス諸島全体の生態系を守り
維持するために、他の誰もできないような<【センチネル】の務め>に応じたのだと
信じます!

人間から観れば、自分だけが生存するために、生態を変えたように思われても、
天井を高くした【神の愛=主イエス】の視点からは環境全体の秩序を守るための
素晴らしい<献身的行為>であることを理解できるはずです。
偉大なるかな!フィインチ諸君!

一日中サボっているようなナマケモノにしても、彼らは一日に葉っぱ3枚しか食べない
「小食」でありますが、彼が生息する木々の成長を守り育てるために糞尿は
肥料となり、彼の皮膚に育つコケは、多くの虫や鳥類のために不可欠な貴重な
存在だそうです。
ナマケモノもまた、森を守り続けいてる貴重な【センチネル】だったのです!

この世は観察すればするほどに、【神の愛=主イエス】の素晴らしい
【御心:聖意・聖旨】によって成り立っていることが解ります。

●人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見出せるようにして下さった。
事実、神は我々一人一人から遠く離れておいでになるのではない。
我々は神の内に生き、働き、存在しているからである(使徒行伝17‐27~28)
●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、
永遠にわたって神を悦ぶことである(クロムウエル時代の簡略教理問答集より)
●愛は神の霊としてこの世に満ちみちている(ヒルティ)
●ああ深いかな、神の知恵と知識との富は、そのさばきは窮めがたく、
その道は測りがたい(ロマ書11‐33)
●神は時おり、自然の出来事や自然の事物を通して、私たちに話しかける事もある
(ヒルティ)
●もしもあなたがあらゆるものにイエスを求めるならば、
必ず(そこに)イエスを見出し得よう(トマス・ア・ケンピス)

私たちにも、本来の<持ち場>にあるなら、【神の愛=主イエス】の素晴らしい
<【センチネル】の務め>が与えられることを信じています!
しかも、【神の愛=主イエス】に従順ならば、名誉ある【センチネル】の
<身代り役>という大命に預かれる【チャンス】もあります!

●人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない(ヨハネ伝3‐27)
●信仰は神へ向かってひたすら努力する事ではなく、神に己れをゆだねる事である
(ヒルティ)
●天の定めたる労働を求め、衣食のこれに伴うのを知って感謝する。
(これキリストによってその霊魂の救われた者のすることであります)
衣食は天職の遂行に伴う必然の附随物であります(内村鑑三
●あなた方は、さらに大いなる賜物を得ようと熱心に努めなさい。
そこで、私は最もすぐれた道をあなた方に示そう(コリント前書12-31)

現代の日本列島は、まるで難破船のように漂流して、分裂・混乱した不安定さを、
誰もが多少でも感じるのではないでしょうか。
【センチネル:見張り番・守り役】が適材適所に配置していないからかもしれません。

だからこそ、【神の愛=主イエス】から名誉ある<【センチネル】の務め>への
<代役・身代り>の召集礼状が来る【チャンス】です!
見事に大役を全うしている「キツツキ・フィンチ」のように、私たちにも
<神業と知恵>が与えられるので安心して活躍しましょう!

●神の側に立とうと決心するがよい。次にはあなたの力と個性に合わせて、
あなたに個人的に下される神の命令に従え(ヒルティ)
●神は神を愛する者たちと共にはたらいて万事を益となるようにして下さる
(ロマ書8‐28)
●キリスト信者たる栄誉の一つは、弱き取るに足らざるこの身をもってして、
なお大望を抱いてその一部分を遂行し得るにあり(内村鑑三

皆さんが進むべき道として、全人類、全世界を守るという、
名誉ある<【センチネル】の務め>に任命されることを期待しています!

●人の道は主の目の前にあり、主は、その道筋のすべてに心を配って、
その行いを見守られる(箴言5-21)
●人の歩みは主によって定められる。人間はどうして自分の道を理解できようか
(箴言20‐24)
●人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。
その人は倒れてもまっさかさまに倒されはしない。
主がその手をささえておられるからだ(詩篇37‐23~24)
●あなたの為すべきことを主に委ねよ、そうすれば、あなたの計画はゆるがず、
必ず成る(箴言16-3)

皆さんの幼少時代から望んでいた【ビジョン:理想・夢・志】に
<【センチネル】の務め>に通じる【ミッション:使命・天職】を発見して
世界を舞台に大活躍されることを心より応援しています!

●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、
すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、
また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを
悟った日のことである(ヒルティ)
●神の御心にかなうことを求め行なう以上に快い気分を覚えさせ
喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
●人の最大発見物は天職なり。
これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三
●神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます(ヤコブ書4-8)
●神と共にあって私の家は確かに立つ。神は永遠(とこしえ)の契約を私に賜る。
すべてに整い、守られるべき契約を。まことに神は私の願いと救いとを、
私の喜びを、すべて芽生えさせ育て上げてくださる(サムエル後書23-5)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します。
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)