【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

Very Important Person in GOD's Eyes

◇◇ Very Important Person in GOD's Eyes ◇◇【2001年4月13日に作成した<第100回>より】

●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
(V.I.P.の語源:イザヤ書43-4)
●本当の自由な心とは「認める」と言う事である(ゲーテ

皆さんこんにちは。そしてご愛読に感謝します。

現在の日本は様々な犯罪が多発しているように報道されています。
誰も信頼できないような不信と疑惑に満ちて隣人愛の冷却した社会の
ようにも見えるでしょう。

まるでそれは社会全体が刑務所の中のように描かれているようです。
看守がいないところでは規律が破られ、自分勝手に違反行為が行われて
しまうような囚人社会のように見なされているからです。

だから、少年法を厳しくしたり、犯罪を未然に防ごうとして規制や罰則を
重くしようとする傾向が見られるのではないでしょうか。

ジャーナリストやマスコミ人は、今の規制重視に何か不自由さを感じて、
抵抗しています。社会全体がかえって不自由で暗くなるような危機感を感じる
からでしょう。

先日、大変感動的なエピソードを聞きました。それは世界中の刑務所を取材した
ジャーナリストが記した本の中の実話だそうです。彼が訪れたブラジルのとある
刑務所は普通の刑務所とは全く異なっていたそうです。ご存知のように報道では
ブラジルは犯罪が多くて刑務所が過密状態であり、よく刑務所内での待遇問題で
暴動が起こっています。そこで、刑務所になるべく犯罪者を送り込まないように
警察は銃を使った強盗犯罪者などはすぐに射殺してしまうという悪循環にあると
聞きます。

世界でも最悪な実態にあるブラジルのさらに【コーナーストーン】の刑務所では、
驚くべきチャレンジがなされているのです。それはカトリックのボランティア組織
に刑務所管理の一切を委託した事で起きた奇蹟なのです。

わずか2名のボランティアが管理するだけで、あとは全て刑務所内の囚人自体が
看守を含めて刑務所管理の各担当となるという自治運営を実現しているのです。
そこまで信頼された囚人は決して暴動や違反行為をすることなく、秩序正しく
誰もが刑務所生活を送っているそうです。

そこで、取材したジャーナリストは独房をみせてもらうようにお願いします。
他のどんな刑務所でも独房を見ればその管理状況がよくわかるからでしょう。
「あなたは本当に見たいのですか?」と刑務所の管理者は尋ねます。
是非見せて欲しいとジャーナリストが答えたので、管理者は独房の分厚い扉を
開いて中を見せてくれました。そこには何があったと思いますか?

そこには、囚人たちが自らの手で彫った十字架にはりつけられた【イエス】が
いたのです。私たち人類全ての罪を背負われた【神の子イエス】として…。

たとえ肉親や家族であっても、人間同士ならどうしても完全な信頼関係や愛の
絆がいつもしっかり結ばれるという訳にはいかないでしょう。やがて裏切りや
忘恩や不義・不正が起きてお互いの信頼関係や愛情関係が薄れてしまうのかも
しれません。

しかし、もしそこにイエスを通じて【神】の存在を認めるならば、私たちは
神の下ではみんな兄弟であり、大きな家族であり、どんな事が起きてどんな
状況にあろうとも、人生のやり直しや再出発ができることを信じられるならば、
本当の自由な心が生まれるはずです。何も恐れる事も疑うこともなくなるから
です。

その壮大なる偉大なチャレンジをして実証してくれたのが、極悪人の刑務所から
というのですらか、私たちも見習うべきではないでしょうか。

現代の日本においても目指すべきことは、自分自身の中にも隣人・社会にも
全てに【善意・良心・可能性】が間違い無く存在しているといことを率先して
信じてチャレンジすることだと思います。そんな人々が中心になれば日本は
さらに自由で生き生きとした社会となるはずです。

もし、信じることも望むことも愛する事も出来なくなった時には、無理をせず
人間に頼らずに、神に直接語りかけてみてください。そうすれば、明日からの
チャレンジへの希望と勇気はよみがえるはずです。

●愛は神の霊としてこの世界に満ちている(ヒルティ)
●真理はあなた方を自由にさせる(ヨハネ伝8-32)
●主の霊のあるところに自由はある(コリント後書3-17)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@leo.livedoor,com
田中 聡(さとし)