【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【真理=神の愛】は教会より大!

◇◇真理は教会より大なり!(内村鑑三)◇◇
【2005年4月12日に作成した<第370回>に加筆】 

●主義にあらず、性格なり。教理にあらず、生命なり。キリスト教にあらず、キリストなり(内村鑑三
イエス・キリストは昨日も今日もいつまでも永遠に変わることがない(ヘブル書13‐8)

ローマ法王ヨハネ・パウロ鏡い悗亮禺圓凌裕い砲いて面白い「たとえ話」が海外TV報道で紹介されていました。
「私たちは【歌手(法王)】は好きだが【歌(教会の教え)】は好きではない」

せっかくのローマ法王の世界的に話題沸騰の時期に、日本はタイミング悪く、教会の不祥事が報道されています。これは単なる偶然であるとは思えません。ここにも【神の愛の意志と計画】が示されていると私には感じられるからです。

民主的先進国の中で珍しく日本はキリスト教会信者が少ないのも世界平和への「大計画」があると私は信じています。既成の教会制度に帰属せず教会信者でなくても、【神の愛】に従って活躍できることを世界中に証明するためです!

●神は何らかの教会制度や、さらにある一定の学問の中に限られてはいない。そのようなものがなくとも、神は自らを知らしめ給う(ヒルティ)
●教理を知らないでもクリスチャンである者が少なくない。キリスト教は証明せらるべき教義ではなくて、生活さるべき一つの生命である(ヘンリー・ドラモンド)

たとえ既存のキリスト教神学も教会制度がなくても、【神の愛=主イエス】はいつでも、どこにでも永遠に存続できることを私たちが証明しようではありませんか!【主イエス=神の愛】を世界中の被造物の【救い主】であるためにキリスト教会から解放させているのだと私は期待しています!

●キリストは教会の救い主にあらずして、世界の救い主なり。彼は今や狭き教会を去って広き世界に偏在したまう。キリストの教会は世界にして会員は人類なり(内村鑑三

ご存知のように、【主イエス】自身が【ユダヤ民族の神】をユダヤ教会から迫害されながらも現在の私たちのために解放しました。【主イエス】の【十字架と復活】のおかげで天国(神の国)と【福音】は私たち全人類のために解放してくれたのです!

●「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた(マルコ伝1-15)

【キリスト精神】が常に革新的・挑戦的・実践的であることはキリスト教の発展の歴史をみれば容易に理解できるはずです。

【主イエス】を受け継いで、パウロは【福音】をユダヤ人から解放して、世界宗教への第一歩を刻みました。ペテロはユダヤ教会を脱出してキリスト教会を築きました。やがてキリスト教会は保守的となり、律法回帰のイスラム教が生まれ、プロテスタントが続々と生まれてきました。世界中でプロテスタント宗派だけでも600以上あると聞いたことがあります。

そして、プロテスタント教会も堕落腐敗して、今こそ内村鑑三が唱えた「無教会的」な在野の【個人的信仰者】が活躍できる時代が到来したと私は理解するのです。もはやキリスト教会の全面的保護・援助がなくても、世界の多くの地域では【福音】が浸透しているからです。多くの国々では勇気ある教会信者の【先駆者】のおかげで道は整えられています。感謝します!

同時に、現在でもなお【福音・教会】の未開の地に挑み続けて、少数民族には彼らの言語に翻訳した【聖書】を提供しているウイクリフ宣教団などの活躍には敬意を表します。彼らの活躍を心より祈っています。

弱虫で無力な私だからこそ、【福音伝道】で成功を望む時には、既存組織や権威に頼ろうとする願望や誘惑がいつもあります。
「専門の神学を学べば成功するかも」「牧師の資格があれば信用されるかも」「有名な牧師に洗礼を受ければ伝道力が増すかも」
しかし、同時に私の【霊性;魂<勇気>・善意・良心】は私を誘惑から遠ざけてくれます。【主イエス】が経験したことを思い出して!!

信仰の祖であるアブラハムや自由解放の先駆者であるモーゼが導かれ決行したように私たちも【荒れ野】を目指そうでありませんか!
世間的には非常識で危険・無謀・愚かと思われる、私たち各自にとってのそれぞれの【荒れ野】にこそ、【神の愛】が私たちに託す【ミッション:使命・天職】があるからです!

●行きなさい、あなたのために、あなたの地(国)から、あなたの親族から、あなたの父の家から、私があなたに示す地に向けて(創世記12-1)
●人に捨てらるるは神に拾わるるなりき、人に憎まるるは神に愛せらるるなりき、人に絶たるるは神に結ばるるなりき(内村鑑三
●事実の子たれよ、理論の奴隷になるなかれ(内村鑑三
●ただただ神へ『心を向けよ』、昔の最大の預言者もこのようにただ心を向ける事だけを求めた(ヒルティ)
●人間生活は意志の自由に基づいており、それは、神は自由な人間と、みずから進んで働く僕とを欲していられるからである(ヒルティ)

貴方の【霊性:魂<勇気>・善意・良心】に従うならば、いかなる組織・境遇からの脱出も【神の愛=聖霊】に支えられ善循環へと導かれることを信じましょう!

ローマ法王ヨハネ・パウロ鏡い篭産主義政権に無気力に屈服していたポーランド市民に語りました。「「恐れるな!」
ご存知のように、無血革命によってポーランドは自由解放され、やがてソ連邦、東欧諸国へと自由解放が実現しました。

●恐れるな、私があなたと共にいるからだ(イザヤ書43-5)
●恐れるな、私はあなたと共にいる。たじろぐな、私があなたの神だから。
 私はあなたを強め、あなたを助け私の義の右の手であなたを守る(イザヤ書33‐15、41‐10)
●しっかりするのだ、私である。恐れることはない(マタイ伝14‐27)
●我等に臨む患難は多し、されど主は我等をみなその中より助けだし給う(詩篇34‐19)
●愛の中に恐怖(オソレ)あることなし、全き愛は恐怖を除く(ヨハネ第1書4‐18)
●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、それを聞かれるとすぐ、あなたに応えてくださる(イザヤ書30‐19)

私たちも【神の愛】と共にいれば心配ご無用です!恐れずに自分の信じる未知の【荒れ野】に向かって飛び出しましょう!
そして、私たちが【荒れ野】を覚悟して目指す【ビジョン:理想・夢・志】が自分を救うだけでなく、同胞、世界をも救ってくれる【神の愛の恩恵】であることを信じましょう!

●諸民族を、その間違った道から神への信仰へ連れ戻すために、苦難の時代がやって来なければならない場合に、普通、神は先ず幾人かの個人に苦難をなめさせ、そのあとで、これらの人たちがその他の人々に向かって、自分たちの経験に基づくゆえに、確信をもって教え説くことができるように導き給う。そうすれば、この先駆者たちは、一般の人々の苦難の時にも勇気を失うことなく、なお救われる見込みのある者を励ますに違いない(ヒルティ)

日本民族が既成のキリスト教会制度から遠ざけられているのは、単なる偶然ではなく、【神の愛の意志と計画】であることは、常に【神の愛】が少数派の立場を重んじて、自己保守を嫌い、革新を望み続けるからだと私は信じ楽しみにしています。

●人は止まらんとし、神は動かんとし給う
 人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
 人は制定せんとし、神は産出せんとし給う(内村鑑三
●私(主)は私を求めない者に見出させ、私を尋ねない者に、自分を現した(イザヤ書65‐1、ロマ書10‐20)
●多くの先な者は後に、後なる者は先になるべし(マタイ伝19-30、20‐16、マルコ伝10‐31)
キリスト教は解するに最も難き宗教なり、余はこの世においていまだかつて 真正のキリスト信者を見たることなし。
しかれども解するの難きはその誤びゅうなるの証拠にあらず、 一人のキリスト信者なきは余が信者たりえざるの理由となすに足らず。 余は全世界に一人の信者なきもひとり確実なるキリスト教の信仰に達せんと欲す(キルゲゴール)

世間的常識や目先の損得・利害で考えてみれば、自分にとって【荒れ野】と思われる方向に積極的に進まんとする時に、私たちを最も理解して励ましてくれる存在が家族にも、身内にも、友人にも、恩師にもなくても、一切心配ご無用です!
【主イエス=神の愛】だけは私たちのチャレンジを全面的に支援し、最後まで助け導いていてくれることを信じましょう!

キリスト教の神は是(しかり)<yea/yes>である、
 否(いな)<nay/no>ではない (コリント後書1‐19)
 神は建つる者であって、壊す者ではない、奨励する者であって、批難するものではない(内村鑑三
●すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、また彼の中にアーメンとなる。
 神は是なり、またアーメンなり。彼は万事において積極的なり。
 しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、すなわち
 全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり<全てにおいて積極的人物となる> (内村鑑三

家族・教会からも見捨てられるような【荒れ野】にあって孤立感を感じても、【神の愛】への呼びかけは聞き届けられます!

●求めよ、さらば与えられん、捜せ、さらば見出さん、門を叩け、さらば開かれん(ルカ11-9~10)
●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう(ヨハネ伝16-24)
●あなたの口を広くあけよ、私(神)はそれを満たそう(詩篇81-10)
●我が父の愛は無限なり、彼は我の滅びることを欲(ねが)い給わず、
 彼は我につきて永久に絶望し給わず、
ゆえに我もまた自己につきて絶望することなく、
彼の無限の愛を信じてはばからずして今日起ちて彼に往かん(内村鑑三:ルカ伝15‐18・放蕩息子の帰郷)
●見よ、私は戸口の外に立って、たたいている。
 誰でも私の声を聞いて戸を開けるなら私はその中に入って彼と共にし、彼も私と食を共にするであろう(黙示録3‐20)

皆さんが教会を離れようとも、教会と無縁であろうとも、どんな【荒れ野】にあっても、【神の愛=主イエス】だけは、いつも私たちと一緒であることを信じて活躍されることを心より応援しています!
Good luck & God bless you!
●見よ乙女がみごもって男の子を産むであろう。 その名はインヌマエルと呼ばれるであろう。
  これは「神我等と共にいます」という意味である(マタイ伝1‐23、イザヤ7-14、8-8,8-10)
●視よ、我は世の終わりまで常に汝等と共に在るなり≪With You Always≫(マタイ伝28‐20)
●我は逃れんと欲して、我が神の恩恵の手より逃れることはできない。
 神は奈落の底にまで、神の手を拡げて我を支え我を救い給う(内村鑑三詩篇139‐7~8)
●私はあなた(主)の御霊から離れてどこへ行けましょう。
 私はあなたの御霊を離れてどこへ逃れましょう
 たとい、私が天に昇っても、そこにあなたはおられ
 私が黄泉(ヨミ)に床を設けても、そこにあなたはおられます(詩篇139‐7~8)
●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から私たちを引き離すことはできないのである(ロマ書8‐38~39)