【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【権威】は【神の愛】で光輝く!②

◇◇ この世の全ての【権威】は【神の愛=主イエス】に属する!(その2)◇◇<改訂版・再掲載>
【2003年9月10日に作成した<第317回>に加筆】 

★★【その1】のつづき★★

温暖化や砂漠化や環境汚染など世界の様々な環境問題に取り組む【先駆的挑戦】もまた、政治権力や既成権威でなく、一般個人の「何とか助けたい!守ってあげたい!」という【神の愛=隣人愛】の側に立つ【ビジョン:理想・夢・志】から始まるもの
ばかりです。

今では「ジャージー牛乳」という世界的ブランドとして有名となったジャージー島では1959年頃は人口9万人足らずの80km四方の島全体が汚染で環境破壊されてしまい、悲惨な状態で、現代の姿形もなかったそうです。

元々は野鳥が生息する美しい島であったジャージーで生まれたジェラルド・ダレル
 
 「世界の動物を救い、世界の人々を教育して、世界中で動物を救ってほしい!」

という【ビジョン:理想・夢・志】を抱いて、<無>から動物園&教育施設の建設を決意します。

見事に彼の【ビジョン:理想・夢・志】は実現して、今では70カ国1000人の人々が学び、母国で動物保護で活躍しています。
ジャージー島に生息していた絶滅品種の野鳥から、世界の様々な絶滅品種が、この動物園で保護されて、野生に帰されて、見事に復活しているそうです。

8年前にダレルは亡くなりますが、彼の教え子が現地の環境局の役人になり、彼の【ビジョン:理想・夢・志】を受け継いだ事で、さらに世界を驚かせる【神の愛の奇蹟】を起こすのです。

自然は自然のままにしおくのでなく、人間が共生する限りは、人間が管理しなくては自然として守れないことを発見するのです。
これは日本を代表する農学者二宮尊徳もまた提唱していた事が思い出されます。【神の愛=天理】には国境はありません。

●自然に行なわるるこれ天理なり。天理に随(シタガ)うといえども、また人為をもって行なうを人道という。人道を尽くして天道に任すべし。人為をゆるがせにして天道を恨むることなかれ(二宮尊徳

ゴミや死骸の混じった海岸の砂を掘り起こし、清潔にして200種の草を植えるというボランティア作業を5年間も続けたことで、見事な海岸が再生復活したのです!

従来から動物園のエサは無農薬の野菜や草を食べさせてきましたが、「動物に安全で健康に善いのなら、人間にも善いはずだ」と、地元住民は気づくのです。

そこで、住民全員が無農薬の農作物と自然を守る下水処理改良と省エネに挑み、先進的技術を積極的に導入するようになります。

現在では、ジャージー島に住む動植物も住人も環境に配慮した最先端技術を駆使して、自然との共生を実現させたことを、世界が注目して、今では手本となる環境となったのです。

 「全ては小さな変化から始まる!小さな改革の輪が子供に伝わり、世界にまで広がると私は信じています!」

ダレルの教え子で25年間も環境局で活躍したドナヒルさんは誇らしげに語っています。
実際に彼の【信・望・愛】から生まれた<信念>の通りに、ジャージー島の改革は日本にも世界にも発信し始めています。

●人数が少ないからといって世界を変える力はないと侮るなかれ。 世界を変えてきたのはまさしく少数の力なのである(マーガレット・ミード)
●自分がそうであって欲しいと思う世界に向かう変化を自ら後押ししなさい(ガンジー
●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
 本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです(アインシュタイン
●個人をもって始まらざる事業にして、偉大なる事業あるなし(内村鑑三

アメリカの心」(学生社)原題「グレー・マター」はウォール・ストリート・ジャーナル紙に定期掲載したユナイテッド・テクノロジー社の企業広告を集めたものです。

広告掲載のテーマは;『個人としてどのように活きるかが、やがて国家としていかに活きるかを決める事になる』

以前も紹介しましたが、その中のひとつを改めて紹介します。

●本当のきみよ
 立ち上がれ

仲間からの
プレッシャーに
屈するとき
君は
彼らと同じ
レベルに落ちる。
自分自身の
信念を
主張するとき
君は仲間たちを
君のレベルに
ひきあげる。
大衆とともに
動くならば、
君は
彼らより遠くには
行けないのだ。
例え4千万人の人間が
信じていても
馬鹿なアイデア
依然として
馬鹿なアイデアだ。
潮の流れにただ乗って
泳ぐだけなら
君はどこにも
行きつかない。
だからもし君が
何か立派な、
正真正銘の、
そして明るいものを
信じているなら ―
それを擁護して立ち上がりなさい。
もしかしたら君の仲間たちも
利口になって
君の道の方に
吹き寄せられるかもしれない。

皆さんが【信・望・愛】の<熱き思い燃える心>に抱く【ビジョン:理想・夢・志】を<旗印>に高く掲げて、独りからでも起ち上がり、【神の愛=主イエス】に信頼して<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で日々前進し続け、【この世の勢力:富・権威・名声】には、【神の愛=隣人愛】に従う<心を一つ思いを一つ>による支援協力をしてもらいながら、<表舞台>と【チーム・スピリット&チーム・ワーク】で、世界中に【神の愛の奇蹟】を巻き起こす活躍を心より応援しています!

●何事につけても、希望するのは絶望するのよりよい。可能なものの限界をはかることは、だれにもできないのだから(ゲーテ
●我々が不幸または自分の誤りによって陥る心の悩みを、知性はまったく癒すことができない。理性にもほとんどできない。時間がかなり癒してくれる。これに引きかえ、固い決意の活動は、一切を癒すことができる(ゲーテ
●映画『ブラザー・サン・シスター・ムーン』から、聖フランチェスコの言葉<心のともしび・湯川千恵子>
 夢をまことにと思うならば、焦らずに築きなさい。その静かな歩みが遠い道を行く。
 心を込めれば全ては清い。

 この世に自由を求めるならば、焦らずに進みなさい。小さいことにも全てを尽くし、
 飾らない喜びに気高さが住む。

 日毎に石を積み続け、焦らずに築きなさい。日毎にそれであなたが育つ。
 やがて天国の光があなたを包む。

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)