【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【礼拝】の霊的交流は万全対策!①

◇◇【神の愛】への【礼拝】⇔最善・万全の災害(有事)対策(その1)◇◇<改訂版・再掲載>【2005年1月17日に作成した<第360回>に加筆】

●お前の不幸に打ち負かされるな。神に頼れ、そうすれば勝つだろう。洪水が襲ってきても、お前は上にあって溺れないだろう。苦し過ぎる重荷を負わされたならば、
 主なる神がずでにお前の願いを聞き給うたのだ(パウルゲルハルト)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

いよいよ日本にも「関東大震災がやってくる!」という雰囲気と風潮がメディアを通じて
感じさせられます。1月17日の阪神大震災の十周年の時期と「大津波」とが重なって、
「危機感・不安・恐怖」だけ誇張されているようです。

先回も紹介したように、米国では恐怖や不安だけをあおるのではなく、政治家や芸能人など宗教界だけでなく、社会の表舞台で幅広く【信仰回帰】を唱え続けています。

世間的には不条理とさえ思われる災害に遭っても、【信仰心】を熱くさせていることには、先の見えない困った時には【神の愛=主イエス】に頼ろうとする謙虚さを感じます。

●主を待ち望め、雄々しくあれ、心を強くせよ、主を待ち望め(詩篇27-14)
●私は思う。今この時の苦しみは、やがて私たちに現されようとする栄光に比べると
 言うに足りない(ロマ書8‐18)
●愛する兄弟たちよ、確(カタ)くして動かされず、常に励みて全力を注いで
 主の事(ワザ)に務めよ。主にあってあなた方の労苦が無駄になる事はない
(コリント前書15―58)

災害・有事を想定して、どれだけ用心して準備したとしても、いつどこで遭遇するかを
事前に知ることは困難です。

だからといって「どうしようもない…」「あきらめるしかない…」と自己の無力感を嘆き
悲しむ心配ご無用です!私たちには【神の愛=主イエス】の守り支えがあるからです!

日頃から【神の愛=主イエス】とは【礼拝:★讃美★祈り★感謝】で霊的交流することが
<最善・万全の災害・有事対策>だと私は実感しています!皆さんも体感してください!

●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、これに対抗することはできる
 であろう。私は神のおかげで困難になれてきた。神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)

先日の「ラリー・キング・ショー」でも興味深い事実が紹介されていました。

信仰深い女性の家庭に突然強盗が侵入してきて、ピストルで撃たれて床に倒れます。
そのまま倒れていれば出血多量で死亡するほどの重態でした。
その時です!彼女の心に声がしたのです。「立って表に出なさい!」
彼女は<内なる声>に従って、立ち上がり家の外に走り出したそうです。

しかし、犯人はとどめの銃弾を浴びせずに見送ったのです。
彼女は近所に駆け込んで警察を呼び助けられます。犯人は逮捕されます。
その後、被害者の彼女は加害者と対面するようになります。
なんと犯人は悔い改めて信仰に立ち帰る【神の愛の奇蹟】が起きたのです!
有事危急に遭遇しても、【愛敵精神】を抱けたのは【信仰生活】のおかげだと確信します!

●キリストは私たちの平和であって2つのものを一つにして
 敵意という隔ての中垣を取り除き、
 ご自分の肉によって
 数々の規定から成立する規律と戒律ずくめの律法を廃棄したのである。
 それは、彼にあって二つのものを一人の新しい人に造りかえて平和を来らせ、
 十字架によって二つのものを一つの体として神と和解させ、
 敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである(エペソ書2-14~16)
●主は人の行ないを喜ぶ時、その人の敵をもその人と和らがせる。
 正義によって得たるわずかのものは不義によって得た多くの収穫にまさる(箴言16-7~8)

もし、被害者の女性が有事危急に絶望してそのまま死亡したなら、犯人も信仰に目覚めずに、【悪循環】のままに終わっていたことでしょう。

日頃の【信仰生活】があったからこそ【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に語りかける
【神の愛=主イエス】の【内なる声:愛のメッセージ】を受け止められたと確信します。

●【良心】とは人間の行いの善悪を判断し、善を命じ、悪を禁じ、善をほめ、
 悪を戒める神よりの心の声である。
 人間は心の中に刻まれた法を持っており、それに従うことが人間の尊厳であり、
 また、人間はそれによってさばかれる。
 【良心】は人間の最奥であり、聖所であって、そこでは、人間はただひとり神と
 共にあり、神の声が人間の深奥で響く(カトリック要理:ロマ書2-15~16)
●神が命じ人が神に応える所に【良心】がある。【良心】は人の神覚である、
 人を離れて人が独り神と相対して立つ時に【良心】がある。(内村鑑三
●道徳は人の道であり、【良心】は神の生命である。(内村鑑三
●私はあなた方に悟りを与え、行くべき道を教えよう。
 私はあなた方に目を留めて助言を与えよう(詩篇32-8)

いつも【神の愛=主イエス】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】で霊的交流していると、
霊性:魂[勇気]・善意・良心】は【神の愛=御霊】を感知できるようになります。

霊性:魂[勇気]・善意・良心】が善き【受信機・神の愛の器】で感度アップすると
【神の愛=御霊】は常駐してくれて、いつどこでも最善最強の【助け主・導き手】と
なってくれることを体感できます!

●助け主、すなわち、父が私の名によってつかわされる聖霊はあなた方にすべての事を
 教え、また私の話しておいた事をことごとく思い起こさせるであろう(ヨハネ伝14‐26)
聖霊、汝等に臨みてのち、汝能力を受くべし(使徒行伝1‐8)
●私が父のみもとからあなた方に、つかわそうとしている助け主、すなわち、
 父のもとから来る真理の御霊が下る時、それは私について証しするであろう
 (ヨハネ伝15‐26)
●真理の御霊が来る時には、あなた方をあらゆる真理に導いてくれるであろう。
 それは、自分から語るのではなく、その聞くところを語り、来たるべき事をあなた方に
 知らせるであろう(ヨハネ伝16-13)

日頃から災害や有事を恐れ不安に思うのでなく、いくら準備し用心しても人間の限界を
感じるならば、私たちは先ずは【神の愛】への【信仰精神】を取り戻しましょう!

【神の愛=主イエス】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】で個人的に霊的交流することで、
【神の愛=御霊】は無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と
日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】でパワー・アップしてくれます!

●命は恩寵のうちにある、夕暮れに涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある
 (詩篇30‐5)
●私は平安をあなた方に残して行く。私の平安をあなた方に与える。
 私が与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなた方は心を騒がせるな、
 また、おじけるな(ヨハネ14-27)
●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、
 造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、
 かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
●私はあなた方のために立てている計画を知っているからだ。
 ‐主の御告げ‐それは災いではなくて、平安を与える計画でありあなた方に
 将来と希望を与えるためのものである(エレミヤ書29‐11)
●現代における革命的とも言える大発見は、人間が心の内面のあり方を
 変えることによってその外面をも変革しうることだ(ウィリアム・ジェームズ) そうすれば【神の愛=主イエス】による平安と勇気と希望が沸いてきます!
●御霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、忠実、柔和、節制である。これらを禁じる掟(律法)はない(ガラテヤ書5-22~23)

★★【その2】につづく★★